I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: 2015/03/09(月)   CATEGORY: ぼくのなみだ
break point
首輪をした凛は、ご主人様とお布団の上
向かい合わせで座りその言葉を聞いた。








「ああ・・・、もっと痛めつけたい」

ご主人様の一言。





最初は独り言のように低くつぶやき、それから確実に

内側からの熱が漏れるように明らかに興奮して上ずった声で「もっと痛めつけていいか?」と

尋ねてくださったのだ。


底知れぬ衝動は、常にご主人様の中にあったと思う。
しかし、それが「単なる衝動」である限りはコントロールしきれるものではない。

ご主人様と凛という関係性の中で積み重ねた時間が「単なる衝動」を「理由のある衝動」に変えた。

「理由のある衝動」の向かう先が
明らかに凛であると今はじめてはっきりと言い渡された。


今でも思い出すと鼓動が速くなり、呼吸が乱れる。

何もかもを超越した、ご主人様からの最高の告白の言葉。

凛は「自分がどれだけこの言葉を待っていたのか」に今更気づかされて愕然とする。
ご主人様の愛情と気持ちが痛いほど喰い込む。


繋がれているだけじゃない。
身動きもとれないように、凛はしっかりとご主人様に縛られていたのだ。
もう逃れられないのだ。


返事はもちろん。





「はい」


大きく首を縦に振って
高揚していくスピードに自分自身が追いつかない。



「ああ、痛めつけたい。物凄く痛めつけたくなってるよ、虐待したい」

次から次に飛び出すご主人様の言葉に
何度も何度も無で頷いて



ご主人様の思いの強さを知る。



そしてそこから
凛は壁に追いやられ激しいビンタを食らう。
連続に頬を打たれ、左右往復で何度も痛みを味わってズルズルと壁に寄りかかりダウンする。

さらに蹴りを受けて完璧にうつ伏せ状態になると、もう一度壁に起こされて
腹に拳を受ける。

ーげああ・・・ぅ・・・・・・

激しい暴力に凛は床を這いずり回って逃げ惑い、それでも許されず何度も壁に押し戻され
「泣け!」と低く脅されて泣きじゃくりながら踏みつけられて、さらに犯されながら



首を絞められる。



痛みと霞む視界の中で、締め付けるこの苦しさのすべてがご主人様そのものであり
これがご主人様本来の「愛情表現」であることに

今まで感じたことのない安堵感を持つ。


ーあああ!!!あああああああぁ・・・!!!


「まだだよ、ほらこっち」

今度は鞭を持ったご主人様に、促されるまま壁に手をついた状態になると
激しい鞭を背中とふくらはぎに受けて崩れ落ち

さらに、首を絞められてイラマチオ…


「もっとだよ、もっと・・・」


ご主人様のさらなる言葉に気の遠くなるような絶望を感じる。


それでも、
ブルブルと震えて「うーうー」と唸るしかない凛は

この日は生理が終わったばかりの日で、ホルモンの周期的にも「濡れ」にくいはずの日なのに
肉穴をびちゃびちゃに濡らしてしまう。




ーああああ・・・・







ご主人様と凛の歪みは
同じだけ。


ーああ・・・ぅ




思えば思うほど本当に、
ご主人様のためだけに生まれてきたと実感する。





中には、直接的な暴力は否定的な方もいらっしゃるのは知っている。
腹パンチですら賛否両論ある。

それでもこの痛みと苦しさでご主人様がどれだけ凛を求めて下さっているかわかるから
シークレットタイムの思いの深さがまずあって、そこからたどり着いた誰にも触れない世界。

「隷属」なんて言葉じゃ足りない楔が凛に深く深く突き刺さるその音に
泣きながら絶頂を迎えてしまう。


ボロボロの凛。
ご主人様に満たされて溺れる。

この日、首輪を外してくださる時に「首輪はつけるのも外すのも俺だけ!」と強く言ってくださって
余計に首輪の重みが増したように感じ、それ以来

自分で着脱するのを躊躇ったり

胸を取る前から知り合いたかった?
胸も縛っていじめて欲しかったでしょ。という言葉に、心から口惜しさと申し訳なさを感じたり…

はっきりとわかる。
ご主人様と凛は同じ歪みの中でこの関係性の存在をどれだけ大切に思っているか・・・

はっきりとわかる。
そしてそれが生きている間消えることがないということを・・・

はっきりと認識する。

だからこんな所まで来てしまったのだ。もう決して逃れらない所まで。





それにしても
この時の簡易の檻は物凄く暑くて、空調の調節が難しく
折角用意した凛のモヘアセーターは毛も長くてもこもこで汗をかいてしまった。

なので途中からは黒のタートルネックカットソーのみでシンプルになってしまいましたが、最後まで着衣なのは我々の好み。

このまま後半、窓際でのご奉仕。
初めて来た海沿いの簡易の檻は見晴らしがよくて、薄いカーテンごしに景色が透けて

天気が変わり始めているのを知らせている。

そんな中で、顔を腫らし身体中のあちこちに痛みを持った凛は、ご主人様のおチンポに懸命にご奉仕する。

ご主人様の構えるカメラの中、
ムービーで撮影されたのは、ご主人様の精液が凛という肉便器の顔面に吐きだされるとても貴重な瞬間。

何度見ても



その時の匂いと声と味と感触が蘇って
たまらなくなる、大切な記録。




そんな2014年11月のある日。
あんなに晴れていた空は今にも泣きだしそうな曇り空。

帰り道の電車の窓には大粒の雨が叩きつけられる。






2014年はこれが最後となってしまった。

その後、
年越しは同時に風邪をひいて同じように声を枯らし
離れていても奇跡のシンクロニシティを体現する。

そして1月。




ようやく2ヶ月待ってご主人様に触れることができる。



その記録は続けて次回から書いて行こうと思います。



CO*5 ] page top
DATE: 2015/02/23(月)   CATEGORY: ぼくのきもち
nakedness
11月の日帰りは、
気持ちよく晴れた日曜日だった。



少し遅れるとご主人様から連絡があり
凛は薬局で必要なものを買いそろえ、それでも時間が余りそうなので近くのカフェへと足を運んだ。


注文をする一歩手前で、ご主人様からのメッセージが届く。



「○○の交差点まで来ている」


それは、凛が今いるカフェの目の前。
慌てて出ると目の前にご主人様の車があり、走り寄ってガードレールの側で手を振るが

ご主人様はまっすぐ信号を観ていて、凛が居ることに気が付かない。

このまま車線も越えてご主人様のところまで行きたいのは山々だが

今飛び出して車に轢かれては、意味がない。






前から言っているように
凛の命はご主人様の手の中。

凛はご主人様の許可なく、勝手に死んだりできないのだ。







気付いてもらえないのは仕方がないとして、とにかく待ち合わせの場所に行かなくてはならない。

キャリーを引いて、ご主人様と2回目にお会いした時に待ち合わせをしたインターネットカフェの前へ。




しかし…

前方に目指すべき建物が見えてこない。








「嘘…」



辿り着いた場所。


そこは、見渡す限り更地になっており
時間の流れの中に立ち尽くす。

それは、ご主人様との思い出の地が凛とご主人様の中だけに残り、証明する建物が無くなった寂しさと
ご主人様と凛という関係の永遠という時間の中で、淘汰されるべきものが消滅していく「摂理」を一緒に眺めることが出来る嬉しさと両方あって

とても複雑な気持ちになった。


「お待たせ」


凛とキャリーバッグを乗せた、ご主人様の車は走り出す。





一緒にお食事をした後、
目的のとある場所に出かけたのだが、そこは満員御礼でゆっくりと出来そうもなかったので

予定を変更して、早めに「簡易の檻」に向かうことにした。


陽射しが本当にやわらかくて暖かい。






「そうだ、春になったらどこかで釣りに出かけてもいいな」



ーはい!


凛とご主人様という膨大な時間の中で
車は走る。





海に近い「簡易の檻」



ここは初めてだ。





エレベーターは静かに上昇した。
入った部屋は上層階で、かなり見晴らしがよかった。

部屋に入った途端に

ーがいああああ!!!!!!!!!!!!!

ご主人様に噛みつかれた。


「痕をつけて下さいは?」
ご主人様が下さった言葉はそのまま凛の奥底にある願望で

もっともっと肉に喰い込む痛みをご主人様に願う。

痛くて暴れて、それでいてどこまでも嬉しくて肉が千切れてもいいと思えるほど。






その後、ご主人様と凛は「とあること」で横並び、しばらく新聞を眺めて話をしていた。


その後、凛は我慢が出来なくなってご主人様の足元へ
ご主人様へベッドで移動する。

床の上でだらしない顔をしてご主人様を見上げ、ご奉仕をさせてくださいとお願いする。


いつもの
それは、ご主人様に繋がれたいつもの凛の姿。



今回の用意した衣装は

長いモヘアのしましまセーターとロングの金髪ウィッグ。
すべて、ご主人様のお気に入り。


「おいで」


メイクをする準備の途中に呼び出して
中途半端に出来上がった凛を使うのもご主人様のお気に入り。



「まったく、早く準備しなさい」


理不尽に用意が遅いのは奴隷の所為だと言われて、ゾクゾクするのも
いつもの凛の姿。



そして、準備が終わるまで寝息を凛に聞かせてくださるご主人様も、いつもの姿…






準備の出来た凛は、ご主人様によりベッドに上げていただき
シークレットの時間を持つ

今まで
何度か試みた

上手く言い表せない「ご主人様への思い」


根本的でどうすることもできないほど頽廃的で
歪んでいて…



倒錯する名づけようのない「思い」

それでも無理やり凛からの言葉にすると使い古された言葉しか当てはまるものがなく
違う違うもっと、もっとそれ以上のご主人様と凛の中にしかないこの感覚を言葉に!!!と思うのに

焦がれるようにして縋るようにしていつも許される時に必死で言葉を探るのだけど…

それでもやっぱり、何を出してもしっくりこない。


ご主人様の横で、
「捧げます」も「服従します」も言葉通り。

隷属する先にきちんと繋がれている安心感。




その中心が言葉にならない。





ただ、この時間はご主人様と凛の完全なクローズドであり
ブログにも日記にも「何をしているか」というのは書かないという前提があるから
確実に積み重ねられたものがある。


しかし今回

このクローズドの時間を経てこなければ辿り着かないところに
とうとう、足を踏み入れてしまった。






それは






たった一言のご主人様の言葉だった。


つづく
CO*2 ] page top
DATE: 2015/02/10(火)   CATEGORY: ぼくのきもち
触れている時
コンビニで購入したものは「おでん」だった。






ご主人様が後ろから「これとこれ」と指示をくださって
凛が掬って器に入れて。

凛もどれにしようかまよっている間にご主人様はもうコンビニから出そうになっていて




慌てて会計をして駆け寄る。


そして簡易の檻に戻り
食べるために買った「おでん」をお皿に取り分けてそっと、ご主人様にお渡しする。



今まで想像もしなかった時間。



ものすごく普通のことが
ありえない奇跡だからこそ、こんな何でもない場面でも眩暈を起こす。


ここから、しばらく作業の時間があり
遅くまでかかって予定通りのところまで終えることが出来た。

その作業中に、
以前お渡ししたキーホルダーがご主人様の持ち物にちゃんとぶら下がっているのを見て

また、感激する。

同じ時に
同じ所で密かに買った凛が持つ別の種類のキーホルダーは、

ご主人様からいただいたパスケースにぶら下がっている。





とにかく









離れているのだ、と実感する。

離れていて、繋がれているから
この発見を「感激」して心に留めておくことが出来るし

どれだけ距離があっても、すぐ側に感じることが出来るのは
ご主人様も凛も同じなんだと改めて思う。

一心同体
シンクロニシティ
似通った価値観

一点のブレもないご主人様に従う「隷属」の根拠



嬉しくて
ご主人様の側でにんまり笑っていたら、

ご主人様が剥き出しのお尻と太ももにスパンキングを下さった。

大きな声がだせず、バタバタとシーツの波を泳いでいたら
再びご主人様に捕まり
抓られ、噛まれ…そして、

凛は簡単にふにゃふにゃになって、ご主人様に蕩けてご奉仕を始めてしまう。



夢中になって
このタイミングを味わい尽くすかのように、

ご主人様の存在を刻み込むように









もっともっと奥まで。






ご主人様が喉奥までおチンポを入れてくださって、
それを「おえ」っとならずに喉奥でキュウキュウと締めていると、ムズムズとした快感が湧き上がる。

口内の粘膜が犯される快感に酔う。

凛はご主人様の肉便器。







ーあ、、気持ちいい…






それは、次の日のとある場所でも同じだった。




狭くて暗い空間の中で凛はご主人様に首輪の鍵をしていただいて
繋がれる。

公共のある場所で、
ご主人様の心臓の音が聞こえるくらい、凛はぴったりとくっついて


大きく深呼吸する。


さっき、待ち合わせした時とその後
初めて、ご主人様とマクドナルドに行ったこと

そして、この空間に入った時にご主人様が「頭が痛い」と横になって
その「痛い部分」を

ここだよ…と凛の指を持って触らせて下さったこと。


嬉しすぎてどうしたらいいのか…
すべての場面がぐるぐると回って

もう一度、凛は深呼吸をする。





ご主人様と行きたい場所、やりたい事、まだまだたくさんある。
きっとそれは尽きないであろうというのも、どこかでわかっている。

過去の提案も未来の願望も永遠の中にプカプカと浮いている。



前はそれを必死で捕まえなくちゃ!と思ったけど
消えるもんじゃないから、プカプカさせておけばいいと思う。



そんな中でぴったりとくっついてご主人様の横で深呼吸をした。



匂いを嗅ぐとたまらなくなってしまう。





「なんだ?舐めたいのか?」

首を何度も縦に振って、
音を立てないように細心の注意を払いながら、喉奥までご主人様のおチンポを飲みこむ。



自分の吐く息の熱さに真っ赤になりながら
必死でご主人様にご奉仕する。

例によって、凛の上には毛布が掛けられ、顔を見てもいただけない。


完全なるオナホール。








あまりにも幸せな時間。




ーご主人様ぁ、気持ちいいです



届かない声でも、充分に伝わっている気持ち。







喉奥がピクピクを繰り返し、肉穴さえドロドロに濡れていく時
ご主人様の精液が流れ込んでくる感触を捉えた。






ーあ……





崩れ落ちて、ご主人様に必死に掴まる。
亀裂の入った理性の彼方で


今、凛の身体の何%ぐらいがご主人様の精液で出来ているのだろうと


思った。








そんな10月の出来事。



さて、
これを書いている2月9日は「奴隷記念日」です。

ご主人様が「家畜」であった凛を「奴隷」にしてくださった特別な日なのです。


1年経つのは、本当に速いですね。
ご主人様と過ごす時も、どうしてこんなに時間の流れが速いのかと驚く時があります。



ここのレポートも4か月遅れですが、
このまま続けて11月の記録に移っていきますので楽しみにしていただけると幸いです。










11月の日帰りは、
今までの「ご主人様と凛」という関係が少しずつ結びつきを強くしながら発展し、成長している、という大切な時間となりました。







CO*0 ] page top
DATE: 2015/02/01(日)   CATEGORY: ぼくのきもち
夜に歩く
その後、
ご主人様は凛をベッドに上げると






正常位で覆い被さって
凛を犯す。

無意識に体を強張らせ「嫌がる凛」を見たいから、
ご主人様がそんな理由でこの体位を選ぶのが

辛くて辛くて嬉しい。



もう一つ、

顔の上にまたがって喉の奥をつくイラマチオ。


窒息なんてもんじゃない
世界が白と黒に飛んでしまう仕打ち。

ご主人様の膨らんだおチンポがぴったりと気道を塞ぎ食道に侵入する。

上を向いていることで逃げ場のない唾液も喉奥に沈み



そのまま凛を溺れさせる。






ご主人様の脈をもったおチンポが肉の栓となって喉の粘膜を擦り上げれば
ぬちゃぬちゃとすごい音がして

唾液は泡立つ。




ふぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおごgっごごおおおおおおごごおおお





ご主人様の足の下でもがく

幸せ。





そう言えば、
ご主人様はベッドへと凛を上げる前に背中に爪で文字を書いて下さった。







刻印を感じる。





初めて傷が残るかもしれない方法で、
ご主人様が「所有の証」を刻んでくださった。


噛み痕とはまた違う熱。









感じて感じて感じて、もう
止まらなくなった。






強張った凛を犯すご主人様の手が凛の目を覆う。
暗闇の中で凛はまた放り投げられ掴むものすらない中で堕ちておく音を聞いた。


嫌あああ・・・


叫ぼうとしたとき、ご主人様の手が凛の口を塞いだ。








暗闇の中で存在を叫ぶことも禁じられ
ただ「音」だけが耳に流れこむ。










ご主人様の声という音だけが
凛を支配している。



それはご主人様と奴隷という関係であれば当たり前だけど
でもこの時間が「当たり前にあるわけじゃない」というのはとてもよく理解しているから。

無数に降り注ぐ時間という雫の一粒を同時にキャッチした奇跡の時間。

放たれた白濁の証拠が喉を落ちる。
その雫の音が体の中で反響する。



あああああぅ…




その響く振動にバラバラになった凛が、また戻ってきたのはしばらく経ってからのこと。



この後、少し進める作業があり、
その前に、とプレゼントの大きな箱を手渡した。

プレゼントを抱えたご主人様と凛は簡易の檻を飛び出し、お散歩に出かける。

夜に


こうして横に並んで歩かせていただけるなんて…









なんて


幸せな出来事。




もちろん、下着なんか履かせてもらえなくて
ご主人様は気まぐれに凛のワンピースの裾をめくったりして


たった数十メートルをこんな風に歩く出来るなんて
1年にたった数回しかないこの貴重な時間の、その中でもあるかどうかの数分間を

どれだけの思いで受け止めればいいのかわからなくて混乱してしまう。

嬉しくて


だから今必死で必死で1秒ごとのご主人様を記憶に刻んでいる。

一歩、一歩が生まれて消えて生まれて消えて




簡単なことじゃないんだ。
また明日とか、また来週とか、そんな簡単なことじゃないんだ。





夜に




ご主人様と
コンビニまで歩くのが、凛にとってはこんなに簡単なことじゃない。





嬉しい、どこまでも嬉しい。


弾む足取り。

乾いた季節、夜に歩く。

つづく
CO*0 ] page top
DATE: 2015/01/25(日)   CATEGORY: ぼくのなみだ
揺れて揺れて堕ちる
10月のレポートがまだ続いています。
どんなのだったか忘れた方は11月12日の記事から読み進めていただけるとありがたいです。








ベッドに座るご主人様の前で足を開いて立つ凛は
スーツのパンツを脱がされてパンスト姿。

「おいで」

ご主人様に促され、もっと近くに寄る凛は
膝を開いて腰を突き出す。



ご主人様の指が凛の足に沿うパンストを摘まみ、力任せに破っていく。



ーああ…


凛が呻くと

大きく破られたパンストの穴から、下着の片足だけを抜くように命令された。


ーううぅ…


なんとも




なんとも恥ずかしくて惨めな格好。

片足だけに引っかかった下着に、ボロボロのパンストでがに股に腰を突き出した凛。




「いいねぇ」


ご主人様はますます嬉しそうに笑って
凛の肉穴に指を挿しこんでいく。



ーあ、あ、ああああ、ああああ!!!



ご主人様の指が肉穴の中を進んでいく感触に
ブル、ブル、と小刻みに震えても、足を閉じることは許されない。


ーうぐう、あああ…


掻き混ぜられ、声を上げてゆれて


ーうううううううううううあああああああああぅ!!!

やがていつもの瞬間が来る。


ーうあああああ…漏れちゃうっ!漏れっ…あああああああああああっ!


「え?漏れる?ふふ、漏らしてみろ」



ーえあああああっ!!!ああ!!ああ!!!!


肉穴がひくつく度に、声が出る度に、床にポタポタと滴りおちる堕落の証拠。




「漏れちゃったねぇ、どうするのかな?」


ご主人様の楽しそうな声と視線にがっくりと崩れ落ちて
床の水溜りをぺろぺろと掃除する。


ーああああああああああああああああああ…

中からぐらぐらと揺れるのは
どうしようもなく高ぶるマゾの血が、凛の中でふつふつと沸き立つから。


そんな凛をご主人様は
思いっきり踏みつけて下さった。





ご主人様の目の前で
はじけ飛び、地に落ちる。

間違いなくこれが、ご主人様の奴隷でいるという
繋がれているという快感。


ーうううううううう…


呻くと、ご主人様が凛の後ろに回り込んでさらに肉穴を掻き混ぜはじめる。


ーあああああああああああ!!!

漏らした雫で唇を光らせて、背を反るように叫びを上げると
ご主人様がドロドロになった肉穴に黒くて少し長いマッサージスティックを挿しこんだ。

ーひいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!!


そのまま乱暴にかき回され、押し込まれ
ごりごりと子宮口に堅い素材があたり、びりびりと今まで以上の波が押し寄せる。


「もう少し後ろに下がってごらん」

ご主人様に言われるがまま
床の上で四つんばいのままずりずりと後ろに進むと

コンという衝撃があり、肉穴の奥にズンという快感が走った。


ーあああああああああ!!


シンクの下の扉に肉穴から飛び出したマッサージスティックの端を押し当てて


ーああ!ああああ!!ううああああああああ!!!


腰を振りたてる、奴隷。
はしたなくて、恥ずかしい姿。







ーあああ!!!!



止まらない凛のどうしようもなさを、ご主人様がじっと覗き込む。


「そんなおもちゃが気持ちいいんだね」

ーああああああ、うううううううううううううはいい!







「変態」



その言い放たれた冷たさと、ご主人様の視線で
凛は、へなりと簡単に崩れ落ちた。

CO*0 ] page top
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ