I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: 2009/06/26(金)   CATEGORY: ぼくのうた
オナ禁・連続イキ・寸止め
オナ禁・連続イキ・寸止め
この3つのうちどれが一番苦しいのか?どれが一番狂えるのか?考えてみる。


オナ禁。
オナニー禁止って事だけど・・

常時妄想発情してる僕にとってオナニーは日々の日課で、だいたい一日に平均して3回はするから「オナニー禁止」と言われるとかなり苦しい。

触りたくても触れない。
疼きを止める事が出来ない。

もじもじと足を組んでみたり、身体を揺すってみたりするけど
直接触るような強烈な感覚が得られない。

3日目くらいで発情度はマックスになり・・気かつくと口を開けてはぁはぁ言ってたりする。

だいたいはこの辺で根を上げてオナニーしちゃったりするのだが、もっとオナ禁を続けるとどうなるのか?



まぁ個人差はあるかもしれないけど、常に覚醒したようになる。
興奮状態が続いているというか・・一種の躁状態のような感じ。

ご飯もいらないし、眠くもならない。

意味もなく動きたいし、躁気分のお陰なのか・・何だかオナ禁状態が嬉しくなってくる。

頭の中では「次にオナニーしたらどうなるんだろう?」っていう期待でいっぱいになって、それだけで「あああああ!」なんて身悶えたりする。

うん。これはかなりヤバイ。限界の向こう側だよね。(笑)
もっと続けると完全に狂っちゃうんじゃないか?とも思う。

僕も「命令」じゃなけりゃとてもじゃないけどここまでするのは無理。^^;



じゃ次・・・


連続イキ。
これは僕にとっては永遠の憧れかな。

穴では後も前も連続でイク事が出来るんだけど、クリペニとなるとそうもいかない。
周知の通りクリとペニはほぼ同じ器官だからクリペニでイク!というのはペニで射精するのと同じだからね・・

普通の男性であっても連続で射精となると相当困難だから、どれだけクリペニで連続イキするのが難しいかわかってもらえると思う。

ただし、一度イって、多少の時間(3分以上)空けるとまたイクんだから不思議。^^;
これを連続イキと言うならそれは可能って事になるんだけどね。

でも刺激しつづけて連続でイキっぱなしーとか・・憧れだけど難しい。><

ああ・・確かに穴であっても相当興奮してないと無理だから「簡単」に何回もイケるわけじゃないよ。



でも、実は過去に一度だけ「クリペニ」での連続イキの経験がある。
あれは凄かった!!


痙攣と失神と失禁と・・・涎と涙と鼻水で。
自分でも何を言ってるんだかまったく意味不明の事をいっぱい言いながらビックンビックンなるって・・

本当に狂ってた。(笑)


んじゃどうすればそんな事になるのか・・・


それはどうも次の「寸止め」と関係があるんだなー。


って事で


寸止め。
イキそうになったら無常にも止めるっていう・・相当辛いもの。

多分、この3つの中では最強に辛いと思う。

「いかせて下さい」って何度もお願いしたり、腰を振ったり、泣いたり、土下座したり。かなり惨めでしらふでは決していられないとんでもない責め。

屈辱系の責めが好きな僕にとってはまさにうってつけの責め・・かな。汗

自分でも10回程度なら寸止めは出来るけど、それ以上になると辛くてイってしまうから・・拘束されたり誰かに無理やりってのが一番いいんだと思う。

さて・・・僕はこの責めを過去に3時間もされた事がある。
泣きじゃくって懇願して腰を突き出してケツを振って・・・

弄られていたのはずっとクリペニ。
辛いなんてもんじゃない。体は常時「イキたい!!」モード。


で、いよいよ訪れた絶頂の瞬間!!




何とイキ始めると止まらなくなってしまった!!!

これが上に書いたクリペニでの連続イキ経験なんだけど・・何されてもイってしまう。
刺激が全部快感に変わるんだねぇ。ビンタとスパンだけでイってしまった時は自分でもびっくりしたけどね・・・・うん。

イってもイっても体が「イキたい」モードから抜け出せないんだよ。


あれは狂ってたな。うん・・地獄という名の天国。






ちゅー事はこの3つを合わせ技にすればいいんだよなー。きっと。
しらふの状態で震えがくるほどオナ禁を強いられた後、寸止めを長時間強いられて、連続イキ。








うーん。そんなの経験したら・・・
もう戻ってこれないかもしれない。

ここに来てるサディストさんは「オナ禁・連続イキ・寸止め」どれがお好みかなー。


それではまたまた!!

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

page top
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ