I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: 2014/09/23(火)   CATEGORY: ぼくのなみだ
quite その④
シーツに沈みゆく凛の首に
巻き付くご主人様の指





ーっひ!






呼吸を許されない凛は、苦しいその中で弾けるような快感を得ながら
うっすらとご主人様を見る。






「壊れなさい」






ご主人様、すごく嬉しそうだ…





「いいね、命令だ。壊れろ!」




よかった、
まだご主人様の側にいる。

よかった…


このまま…






ーは……ぃ…







小さく絞り出した返事に、ご主人様の指が離れていく。

壊れそう?
いや、すでにあちこち壊れている。

それでも、まだ「足りない」とご主人様が言っている。


『もっとだ』

ご主人様の表情が凛の苦痛をもっと求めていると素直に感じた


表面を撫でるだけを愛撫と言わない
爪が食い込み血が滲むほど噛まれ、打たれて…ようやく人並みの「愛撫」と同等の意味を持つ

それをご主人様が「足りない」と言ってくださるのが
心の底から嬉しかった







ボロボロになればなるほど
深くなる気持ち





突如、噛みつかれる鋭い痛みで悲鳴を上げる。
フリーになっている足、ふくらはぎの所。

逃げようにも上半身は後ろ手に縛られたまま
動きにくい着物のまま、ウネウネと身をよじるのが精いっぱい。

ーぎいいいいいいいいいいいいいいいいいだああ!!!!!!!!


さらにお尻を噛まれ、痛みを耐えるのにブルブル硬直する凛。


ーうぎゃあああああああああああうううううーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ビクンビクンと跳ねて、うねって逃げて…
それを嘲笑うかのように簡単に捕まえてさらにピンチングを加えるご主人様。

ーああああああああああ!!!!痛いっ!!いだああいい許して…痛い!!!!!!!!!!!!!!ああああっ

不自由な凛に、馬乗りになって
加えられるスパンキングが激しさを増し

休むことなく与え続けられる痛みに
叫ぶように悲鳴をあげて、暴れて硬直して、またうねって…


ーいぎゃあああああああああああああああああああああ!!!!!いやあああああああゆるしてええいddddddddっだいいい


ウィッグは飛び、つけまつ毛はぶら下がり、浴衣は乱れ


ーうううううううううううううううううううううううううううううぃいいいいいいいいいいーーーーーーーーーー


それでも許されず、腕を噛まれてピンチングが続き

ーいやああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!いあだいいいやめて!!!!許してくださいぃ!!

悲鳴が大きくなっていく。
本気の叫びが響き渡る。



「ああ、いい叫び声だ。もっと嫌がればいいよ」
「嫌がればもっと酷くしてあげるから」


ーはあああ、はあああああああ、はあああああああああああ………


乱れた呼吸で聞いたご主人様の声は
これまでにも何度かしか聞いたことのない興奮混じりの「楽しそうな声」で





一気に息が上がり
ブル、ブルと不規則に震えた。



「サディストであることの純真さ」





噛みつきも、
ピンチングもスパンキングも
蹴りも腹パンチも鞭も…

一体、次に何が飛んでくるのかもわからない。


痛みに
叫んでも逃げても、それが興奮を煽って
決して終わりを迎えることなく

ご主人様が満足するまで痛みは与えられ続ける。

不自由という中で
改めてその事実に気が付き、凛は崩れていく




ーいぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!





思いっきり叫ぶことが出来るのは
簡易の檻(ホテル)だから



そのための場所…だから…


よかった、ご主人様…



嬉しそう…










昔は、ここまで酷くされると「素」に戻って
「素」に戻るだけならまだしも、反対に物凄く腹が立って、
不機嫌になったり、拗ねたり、相手に落胆したりしたものだけど

ご主人様に対して、凛は常に「素」で
何もかも捧げてこその服従だし、
もっと単純にご主人様が嬉しそうなら、凛が幸せを感じるという関係…

「人のために生きる」しか出来ない凛は、
それでも保身の術として、自分が従うべきではないとする人物を嗅ぎ分ける嗅覚は持っていたという事だと思う。






従うべき先
入るべき檻




この時間や空間だけでなく
距離があって積み重なっていく日々も同様。








感謝だけいつも上手く伝えられなくて、辛い。



















……

………




………………




…………は…ぃ…ぅ………



気付くと
ご主人様が縄を解いて下さっていた。


痛みから解放されたと同時に、安堵の中、全てが緩み
凛は意識まで手放してしまったようだ。





身体の痛みよりも、腕の痺れよりも
ご主人様で満たされて、中がとてつもなく熱くなっていた。

ウィッグを直すと、ご主人様が横に呼び寄せてくださり
ぴったりと寄り添うことが許された。





ここからはいつも以上のシークレット。
「凛が人間の言葉を発することが許される時間」




たった数分。
何よりも深く重く、そして大切な時間。







この時間を経て、凛は再び肉奴隷に戻る。




ご主人様の手で目隠しをされて再びぐるぐると過去の闇をさまよい
乳首を貫く「ご主人様の奴隷の証であるピアス」をまさぐられ、勃起したマゾ乳首を噛まれて
悲鳴がまた凛から飛び出す。

肉穴が使えない肉便器は口をとことんまでおかされる。
仰向けでベッドの縁に追い込まれ、頭だけを縁から垂らすと
ご主人様は凛の顔の上にまたがった。

そのまま喉奥までおチンポを入れて下さったご主人様は、凛の呼吸などまるで構わずに
オナホールのように凛を使ってくださる。

ーうううgggっごおおおうううgggぼおおおおおおお…

「ああ、気持ちいいねぇ」

ーうう!!!!!!おおおおお!!!ううううううう…

ご主人様が動くたびに
ご主人様の玉が凛の鼻穴を塞いで余計に呼吸は困難になる。


それでも何とかご主人様に喜んで頂きたくて、舌を動かし唇をすぼめて自ら吸い付く。


ー………うぅ…ご…

呼吸困難の苦しさと頭に血が集まることでクラクラとした感覚の中で
ご主人様に使っていただいている実感が、凛の中を快感として駆け巡る。

再び引き起こされた凛はベッドに引き上げられ
仰向けの状態はそのまま、ご主人様の体重を喉の一点で受けていた。

苦しむ凛をしっかりと観察しながら、ご主人様は凛の口を犯し続ける。






ああ…


「肉便器」にしていただけるのが嬉しくて
触られてもいないデカクリと乳首も勃起して
ご主人様のおチンポが唇を擦る度にいきそうになってしまう。


あああ…




戻れなくなっちゃった。







ーごおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおぅ…!!!!





ご主人様の精液が注がれた瞬間、満たされていくのと同時に
すーっと堕ちていく感覚があった。



そしてその先にある「小さな光」のようなものが
凛の幸福だと知っている。

今はまだ触れられないけど…ご主人様とならいつかはきっとそこまで辿り着くことが出来ると思う。


















こうして、5周年は1つの通過点となった。


だから、これからも隷属は続く。
ご主人様の奴隷、それだけが凛の存在する理由だから。


これが
ご主人様と凛の「夏」のはじまりとおわり。






帰り際、ご主人様が
ゴスパン仕様のハーフパンツを「いいね、それ」と褒めてくださった。

それだけで、帰り道に弾む足音を響かせる。







ここまで8月の記録に長くお付き合いくださいましてありがとうございました。
楽しんでいただけましたら、幸いでございます。


少しお願いとお知らせです。

更新はこうしてたまにしかできませんが、いただいたメッセージには必ず目を通しています。
その中でメールを返信しても戻ってくる場合があります。お心あたりのある方はもう一度ご一報ください。
その時に(@live.jp)からの受信を可能な状態にしておいてください。
よろしくお願いします。


それでは、またお会いできますように。




スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ