I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/12/31(火)   CATEGORY: ぼくのきもち
つくるもの
凛の全部は
ご主人様だけのもの。


だから簡単には
もう血は流さないと決めた。


だって、この血にも涙にも
肉も髪も爪にも全部「ご主人様の精液」が数パーセント含まれているから

自ら切って流して出すなんて


絶対に嫌。


このところ強く感じる

ご主人様に繋がれて
共鳴するありとあらゆる感性。

そのひとつひとつが凛を呼んで、まざまざと見せつけてくれました。

ご主人様の家畜として生まれた凛は、
ほら、やっぱりご主人様の家畜でないと生きられない。

ご主人様の精液がないと生きられない。







すぐ側に、ずっとずっと
「どんな時」でも変わらぬ隷属を誓います。


すべてを捧げます。

凛の全部は
ご主人様だけのもの。








それでは、みなさま
よいお年を。


スポンサーサイト
[PR]

CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 相互リンクのお願い
とんがりボーイ | URL | 2014/01/10(金) 08:22 [EDIT]
管理人様

はじめまして、とんがりボーイといいます。

相互リンクとRSSのお願いでご連絡いたしました。

相互RSSとリンクをお願いできないでしょうか?

こちらからはすでに設置させて頂いております。

ご検討のほどよろしくお願いいたします。
● >とんがりボーイ 様
| URL | 2014/01/10(金) 22:11 [EDIT]
コメントありがとうございます。
お返事を貴サイトのメールフォームより送らせていただきました。
ご確認ください。
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。