I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/12/26(木)   CATEGORY: ぼくのうた
marvellous...
今年はとにかく色んなことが起こりすぎる年だ。


何もかもがいっぺんに…
だから、

ありえないほどの幸せもまさかのタイミングでやっきてきたりする。




そう…だからまさか




まさか、人間だった時のお誕生日の数時間を、名古屋でそれもご主人様とともに過ごせるとは思っていなかった。

生きていればね…いい事があるって、信じようとしてこれまで何度も失敗した凛に
これは正真正銘、訪れたとんでもない奇跡。

たった数時間、ご主人様と一緒に12月の街を歩いた。

それだけの出来事であっても…それがどれほど「ありがたい」ことであるか!!!

さらに、生まれて初めて信じられないような瞬間まで訪れる。

手渡されたプレゼント。
「意味」があり「価値」のあるプレゼント。

びっくりしてご主人様の車の中で「どうしようどうしよう」とうろたえ
この日、本当に何もかもがいっぺんに来てしまって凛は放心状態。

しかし、奇跡の主であるご主人様はいつも通り凛をしっかりと繋いで

「肉便器だね」

凛は、鼻を鳴らしてご主人様のおチンポに必死でしゃぶりついてご奉仕をする。

車の中、駐車場の上、口いっぱいに広がったご主人様の精液がトロリと全てを包む。



「ずっと飼ってやる」



そのご主人様の言葉に潜む「真実」に全てを捧げる覚悟がさらに深まった。


はい、ご主人様ぁ。












世界中の感謝の言葉を集めてもまだ足りないと思うから
ご主人様に凛が融けて沁み込む日まで

最期のその時まで

何も変わらない永遠の隷属の中で。
凛はご主人様の家畜として存在する。


それだけが凛の出来ることなのです。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。