I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: 2013/12/01(日)   CATEGORY: ぼくのうた
sniff
ご主人様の車のドアを開けると
助手席のそこにご主人様の服が置いてあった。

着替えようと、持ってらした服であることは一目瞭然だったけど
家畜はそれだけでたまらなくなり

その服の山にダイブしたい衝動を抑えるのに必死だった。

ご主人様の横でその服をすーっと取り上げて、自分の膝に置き座ると

「匂いを嗅ぎたいんじゃないのか?」

と図星で指摘をされた。


そう本当は被って一日中吸い込んでいたい。
ご主人様の匂い。


「はい…ああああ…嗅ぎたいですう…」
うーんんーーーーうーーーーーーんーーーーんーーーーーーー


鼻を鳴らして手に抱える服とご主人様を交互に見る。




いくら嗅ぎたくてもご主人様が「よし」というまでは何もできない家畜。


「だめだ」

きっぱりとご主人様に言われて、しゅん…とすると同時にその仕打ちに蕩ける変態。


車は簡易の檻(ホテル)へ向かっている。

ご主人様は先の記事でも書いた通り、とてもお忙しくて
「結局昨日、風呂も入ってないんだよね~」と呟かれて…

凛はその言葉で「ああ、本当にご主人様大変な最中に申し訳ないなぁ…」と感謝すると共に
ご奉仕の時にたっぷりとご主人様の匂いが嗅げる幸せに、ドキドキが高まっていく。



匂いは記憶だから。
しっかりと脳に刻み付けて。

もし、凛が壊れてしまっても「ご主人様」を間違わないように。

そして「今」という時間の中で、目の前のご主人様をしっかりと満喫する。



簡易の檻で靴を脱ぐのにもたついていた凛を
ご主人様が引っ張りにきて下さった。


ご主人様が「凛を早く使いたい」と言ってくださっている!!!!!!
その引く手の強さでわかる。
それだけで涙がじわっと滲み出す。





嬉しくて…
ご主人様の支配が嬉しくて…


凛はそこから前のめりにご主人様に繋がれて床に座り、ベッドに腰かけるご主人様を見る。



いつもの定位置。ご主人様の足元。
とても落ち着く。




そして凛の視線はご主人様の「強烈な」匂いのする方へ。
凛は鼻を鳴らして、ご主人様に縋りついた。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ