I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/11/07(木)   CATEGORY: ぼくのきもち
Eclipseー蝕ー
凛の身体はご主人様のもの。
凛のこころもご主人様のもの。
見える、感じる、ことの出来るあらゆる部分だけでなくて
とうとう無意識層や神経伝達までも覆い尽くすご主人様の声。




変化はゆるやかである。
でも着実だ。


端的に言えば、イケなくなった。


以前は
ご主人様の声に従い「イクことそのもの」をコントロールされる事が嬉しかった。

それは「常にイキたい状態」である凛が、ご主人様の声に従っていくことで、
意志のない家畜が好き勝手に思い通りにイケないという苦しさがたまらなく嬉しかった訳だけど


今度は、ご主人様の「いっていいぞ」という声がなければ電源そのものが入らなくなった感じだ。


つまり「苦しい」よりも「虚しい」ということ。

「絶対にイケないと解っていてそれでも肉穴を弄繰り回さなければならない」
という終わりの見えない「虚しさ」の誕生である。


端的に言えば、イケなくなったのだが
気付けばあまりにも衝撃的な変化だ。

それでもここまで覆いつくされていることがとてもとても嬉しい。
虚しくてもご主人様の声に従って「惨めな姿」を晒して楽しんでいただくのが嬉しい。


とうとうここまできてしまった。





焼きつけよう、この風景を。
きっともう戻ることはないから。
凛はそっと手を振る。もっと先にいくよ…

凛は、ご主人様に蝕されてやがて消滅する。
隷属とはそういうものだと思う。




そして我々はそれを「幸せ」だと感じる。
そういう類の変態なのです。


スポンサーサイト
[PR]

CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 素晴らしい…。
しーあ | URL | 2013/11/09(土) 12:31 [EDIT]
世間一般には、それをマインドコントロールと呼ぶのかも知れませんが、主従の数だけ調教の形があると思ういます…。
そう言う意味では、凛さんの決意や嗜好に共感する部分が多いですし、そこまで到達されたお二人の関係に、とても興奮を覚えます…。

逝きたい気持ちと裏腹に、貪る様に肉穴を弄くり回す凛さんの、アへ顔を是非とも拝見したいです…。
● >しーあ様
| URL | 2013/11/10(日) 23:59 [EDIT]
マインドコントロールも相手をコントロールする技術だけでは到底だめで、
コントロールを受け入れる土壌がない事には、成立すらしません。
我々は、そこがあまりにも自然に「スルっと」出来てしまうので、
上の記事のような変化は我々にとって、「必然」であるのだろうとつくづく感じています。
ここから先に待ち受ける変化も随時記録していきますね。

ぁ…しーあさんのコメントを読んでいて
白目アヘ顔を早くご主人様に見ていただきたいとか思ってしまいました。(笑)

コメントありがとうございます。
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。