I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/11/29(木)   CATEGORY: ぼくのなみだ
ルポルタージュ (中)


双方向での携帯動画通話。携帯の檻でご主人様の姿を見た時の衝撃。
凛の姿をじっくりと眺めて下さって

あああああああああああああああ・・・・勘違いとは知っても、すぐ側に感じてしまう。

「だらしない顔だねぇ」

ご主人様が見て下さったのは、ご主人様の性処理便器となった凛の口。

だらりと伸ばしたその舌の中央に光るピアス。


「あ、色が違うね。変えたの?」


ご主人様にご奉仕するときは金属のバーでシリコンのハーフボールがくっついたものを装着するが、
小屋で「待て」をしているときはクリアなシリコンボールに柔軟性のあるシリコンの軸のものを装着している。

その変化を一番に指摘されたのが嬉しい。



ご主人様の快楽の為だけの装飾。


「はいご主人様ぁ・・」

実際には舌を出しているので、そんなに綺麗な発音ではないが・・
涎を垂らして喜んで腰をふる。



「じゃ、今度から奉仕用に金属のピアスをつけろ。とか色々出来るわけだ。」

ああ・・・

そんな命令なんて夢のよう。
ご主人様の意思のあるものでなければ「そこにある」意味が全くない。




凛を含めて。


そのひとつひとつが重要な鎖。


一見すると、凛の持ち物もご主人様との共通が増え、共有しているものもいくつかあるという状態に見えるが
実際は「全てがご主人様のもの」だから明確な線引きはない。


ね。

だって凛の「生きている」だって、ご主人様に付随したペラペラだから
勝手に「存在している」なんて勘違いをしないように

しっかりと繋がれる必要がある。





ご主人様宿泊の数日前から、寸止めを日付分行う準備が課せられる。

本当なら興奮すると、生理が近くなり危ないのだが、拒否権のない凛にご主人様の言葉は絶対。


肉穴を掻き混ぜ、追い込んで
ふと刺激を止めて肉穴のヒクヒクという浅ましい動きを指で感じ取る。

家畜。
ご主人様の性処理便器であること。


「ああ・・・・・・・・・・」

ヒクヒクという動きが止んでも興奮は止まらない。
発情と禁断症状は、ただご主人様を思うだけで気を失いそうな高ぶりを生んでしまう。

だから、少し擦っただけで揺らしただけで
あるいは触らなくても、イクまで達してしまう。

腰をふるだけで・・


「ああああーああああああああ・・・・」

またほら、涎が垂れる。


ご主人様ぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

渦巻いて上昇していく発情と興奮は一定のレベルを超えると、凛から眠気と食欲を奪い。
本格的な覚醒状態へと導く。
眠る時間はどんどん短くなり、いつもお腹いっぱいの状態。
ちゃんと疲れているし、食べていないというのが解っていても


ご主人様の命令に服従できてご主人様が楽しんでくださるなら、どちらもそれほど重要ではない。

ご主人様が眠くて寝る、疲れて休むのは当たり前だが
家畜は眠くとも疲れていても、ご主人様の命令に従うのが当たり前。



ぼーっとしているのは寝不足じゃなくて
ご主人様への思いでいっぱいになっているから。発情して止まらなくなっているから。



「ふふ。狂っておきなさいね。」



ご主人様は、凛を閉じ込めた檻を覗いてそう言ってくださった。




狂う。
狂えばご主人様にずっとずっと飼っいただける。

デカクリの勃起をぐりぐりと押しつぶして、足をひねって刺激を重ねる。
背中から這うゾクゾクとじわっと染み出る発情汁。
お出かけ先でもご主人様からお電話があれば、触らずともビクビクと快感に震えて
トイレに駆け込んで、肉穴を弄りながらお漏らしを飛び散らせる。


完全に堕ちた。


ご主人様の家畜。

もちろん、小屋は掃除機をかけてあちこちを拭き整理整頓、温かい飲み物やお泊りセットの準備、お布団は乾燥機でホカホカに温めて
すこしでもご主人様に快適に過ごしていただきたくて

たった数時間でも、ここでお休みくださるから

だって、やっとこの小屋に・・・・
主である人物が戻ってきてくださったから。



あううううううううううううう・・・・


ご主人様到着1時間前。



凛の肉穴には動いていないままのローターが埋め込まれていた。


「串カツが食べたい」


ご主人様のご希望を全て叶える為の家畜。

到着は午後11時で、その時間でも美味しく串カツを食べられる場所を
小屋からそれほど遠くもない場所で探し出す。

狙いを定めた店名をご主人様に告げ、OKを頂いていた。


「家畜。」

触れたのはご主人様の車の中。それなのに、車の外は「小屋の近所」というシチュエーションで
なんだか頭が混乱する。

双方向での携帯動画通話。
携帯の檻でご主人様の姿を見た時の「それ」なんかくらべものにならないほどの強烈な衝撃。

あああああ!!!!

半分ため息だったものが一瞬で感嘆符に変わる。



「よし行こう。」


動かないままのローターのスイッチボックスはパンツのポケットに。
そしてそのスイッチボックスに入れるはずの電池は、鞄の中に。


はぁ・・ぁ・・・・・


歩くたびに
硬くてツルツルとした表面を、ヌルヌルの肉穴の壁が吸い付いて
異物感に身をよじってしまう。

ご主人様はそのだらしない家畜を連れて、ズンズンと進む。



小屋のご近所での散歩。もどかしいなどと訴えることも出来ず、ただモジモジと足を擦り合わせて歩く。
午後11時15分。


ここだと狙いを定めていた店は「臨時で早く閉めます」との張り紙が・・・

立ち止まったご主人様と凛。

何でこんな大切な時に・・・よりによって、今日、早く閉まっちゃうなんて・・・・・そんなぁ・・・
内心は穏やかではない。思いがぐじゅぐじゅになって膿となって出てきそうだ。



う・・・・・・・・・・・・・・・・


でもご主人様に喜んでいただく準備は、こんなこともちゃんと想定している。
こうなればプランBに変更するまで。

もし、プランBが駄目ならC、あるいはこの時はDまでは準備済み。

だから・・・凛がどれだけ怖がりで不安が高くて
「不確か」なことに怯えているのかわかっていただけると思う。


何が起きるかわからないから。
ささいなきっかけで180度違った「結論」を導くことになるんじゃないかと思う。
相当病的に。だから準備ばかりしているんだと思う。

一つの躓きが気持ちを冷ますことにもなるから・・・
「ご主人様の串カツ食べたい」が冷えてしまっては

今日が始まらない。


すかさず違う店を指差した凛。
「あの・・こっちも串カツなんですけど、こっちでもいいですか?」


ご主人様のお返事は・・・
「いいよ。」

そこでやっとゆるゆると安心を得て、歩き出した。



お店の中ではご主人様の気まぐれによって、凛は弄ばれる。
カウンターの下。

ぎゅうっと肉穴の辺りを強く握られるだけでニュルとした感覚に、ローターがゴロリと中で蠢く。

「!!!」

声が出せないまま、悶える。
カウンターには揚げたての串カツとキャベツ。

「・・・!!」

食事をしながらも、動かないローターを肉穴で舐め続ける家畜。
そしてお酒を飲むご主人様をじっと眺める。

いつもは車で移動だからお酒を飲むことはない。
これが2回目の「飲酒するご主人様」



嬉しい・・・・





途中でスイッチボックスに電池を入れる命令。
狭いトイレの中でズボンも下着も脱ぎ去ると、今にも発情汁と共に流れ出そうなローターがあった。

それをぐっと押し込んで、カウンターに戻ると
ご主人様がスイッチボックスの操作を始める。



ヴィー・・・・・・・・・・・・・・


低い唸りの音。身体の奥から震わされてうずきはどうしようもない所まで昇っていく。


ヴィー―・・・・

揚げたての串カツに満足。
凛は、上下どちらともの口をパクパクさせて、ご主人様の側。


「ああ、美味しかった。」


小屋までの道中。もう日付も変わってしまった時刻。
近くの商店街は灯りもすっかり落ちて、薄暗い。

パンツの上から凛のお尻にご主人様の手が伸びる。
股間を握られて、つんのめり
その反動でローターが後ろに倒れるように動き「ああああああぅ!!」と大きな声が出てしまう。

薄暗い商店街でもコンビニのある辺りはチラホラ人がいるのだが、
ご主人様はその中を凛の首輪にある鍵をぐいぐいと引いて歩く。

ヨタヨタとその手に歩かされるしかない家畜。

「うぁ・・・・・・・・ぅ・・」


ローターを埋め込めこまれた奇形家畜が首輪を引かれてご主人様と

お散歩。





信じられない時間。
ほら・・夢じゃないって、この小屋にご主人様が

来て下さった。



ふああああああぅ・・・ご主人様ぁ!!



足元にしがみついてご主人様の匂いを懸命に嗅ぐ。
ご主人様だあ!ご主人様ぁ!!!ご主人様ぁ!!!!ああああああああああああ・・・

もう思いも認知も小屋での2年という待ての期間もこんがらがってぐちゃぐちゃだ。

「待ちなさい。はしたない・・もう我慢できないのか?ん?」

うーーーーーーーーーーーーーうーーーーーーーーーーーーーうううーーーーーーーーーーー


小屋の床の上から見上げたご主人様。
ズボンから下着になれば、ご主人様の匂いがどんどん強くなる。

そしてぐうっと首輪で側に引き寄せられて
家畜はたまらず鼻を鳴らしておチンポの方へ・・

すると



バチン!!バチン!!


鋭いビンタが飛ぶ。
頭が一瞬チカチカしてそれから頬がジーンと熱くなる。

「そんなに簡単にしゃぶれると思っているのか?」

ごめ・・・・・んなさ・・・・・・・・・・い・・・
ご主人様ぁ、ご奉仕・・・・させてくださいぃ・・・



ジンジンジン・・頬が痛い。
ジンジンジン・・頬が熱い。

遠慮のないビンタが嬉しくて、嬉しくてたまらない。
ご近所に聞こえちゃったかなぁ。

虐待の家畜が居るってバレちゃったらどうしよう。
痛みで感じている変態だって・・・バレちゃったらどおしよお・・・・・


嬉しいようう・・・


凛はご主人様の家畜だから。


「仕方ないなぁ、ほら、これが欲しかったんだろ。」


ローターはまだ凛の中で唸っている。
お尻を上げると飛び出しそうだ。




「舌のピアスを有効に使いなさい。」


はひい・・!!!



家畜は這いつくばってピアス付きの舌を伸ばし、お尻を上げてクイクイと左右に振りながら
ご主人様のおチンポにだらしない顔のまましゃぶりついた。



つづく
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。