I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/08/30(木)   CATEGORY: ぼくのなみだ
至純ー関係①


名古屋へ向かう直前。
ネット上の家畜小屋にて、ご主人様が言った。


「部屋のドアを開けるなり、変態家畜が出迎えるなんていい感じだ」
「それもゴスの変態奇形家畜でしょう?」
「いっそのこと大げさなくらいの偽胸やメイクをして壊されろ」


衣装はこれより少し前には決まっていた。

前回と同じジャンパースカートを使ったゴスロリ。
5月のGWの未消化で終わった(と凛が勝手に思っている)混沌とした思いが、
そこに染みついているような気がして・・どうしても払拭したかった。
だから、あえて同じ衣装を選んだ。そして前回登場させることができなかったシルバーのウィッグ。

あれから3か月と3週間。
凛が意識を取り戻すのはご主人様の声が聞こえる時のみで
それ以外は内部にある「ご主人様の記憶」という「生命維持装置」に繋がれた植物状態。


「精子をもらっても、まあ、せいぜいもって3日でしょ?」
「今は禁断症状も通り越した状態だもんな。」

それでも「死ぬこと」を取り上げられた凛は
ご主人様の檻から決して逃げることは出来ない。


胸に施されたピアスも
舌を貫通したピアスも
衣装もウィッグも偽胸もメイクも
そして凛そのものがご主人様の「性処理」「快楽」「したいこと全て」の為にあるのだから。
凛が凛の為に持っているものなど、何もない。全てがご主人様の自由になるものばかり。


その純度が高まっている。


4年目に突入しても一切のブレなく
いままで時を重ねることで「関係性」の濃度が上がっているのは、実感できていたが

「凛がご主人様の家畜である」=「ご主人様だけが凛の飼い主である」
「ご主人様が凛の飼い主である」=「凛だけがご主人様の家畜である」

今回、初めてこの単純明快な関係性に対する「純度」が相当高まっていると実感できた。

何度も言うがオリジナルな関係性である。
単純なカテゴリでいえば「主従関係」かもしれないが、
大筋のそこからはすっかり逸脱してしまって、誰もが想像し得ないような「関係性」の中に居る。


逃げられない檻の中で
ずっと長く「待て」をしていた凛。

大人しく・・とはいかなかったけど。時々ギャーギャーとうるさくしてしまって、ご主人様にご迷惑やご心配をかけまくったりしてしまったけど・・・・

とにかく3か月と3週間を経て
ようやくご主人様に触れられる時。



鞄はいつものように衣装と道具と
ご主人様と凛をつなぐ大切なアイテムのいくつかを詰めこんで

あっという間にパンパンになってしまう。

照りつける太陽の下。
「外を歩くならゴスパンがいいな。」そのご主人様の声に従って
暑さを全て吸収してしまうような黒を着る。

どれだけ暑くても、ご主人様を求めて中心から溶けだした凛はもっともっと熱を持って滾っていた。
原型も留めないほどに。

まるで夢遊病者。
ゆらゆらゆれる蜃気楼の中を歩いているよう。


名古屋は人が溢れていた。
夏の最後を彩る様々な祭りが、各地で同時に開催されていたのだ。

「ああああああああ・・・・・」


凛はその中でただの異物だった。


肉穴の奥に仕込まれたローターから絶えず振動を与えられる。
気付くと唇からポタポタと涎を垂らし、だらしない顔を晒してしまう。

しかし、無闇に誰彼もに「だらしない家畜顔」を見せるわけにはいかない。
深く被った帽子は凛の顔を半分かくしている。

ご主人様・・・・
ご主人様だけが、

凛のだらしない顔を見て、だらりと伸ばした舌先にあるピアスを確認して
首輪に鍵をかけ
そして、鎖でつなぐことが出来るのだ。

「ふああああ・・・・ぅ・・・」


5月に見た青空は、備え付けられた舞台の背景に見えた。
光の量がきっとそう見せたのだと思うが、今にも誰かが飛んでやってきて
「もう家畜という役は終わりだよ」と言われるのはないかとビクビクした。

それでもご主人様と手をつないだ大きな満月の生々しさが、凛の中にあり
やはり凛にとっての現実はご主人様の手の中にしかない、と実感した。

それは6月の特別な日もそうだった。ご主人様が居なければ、凛は書割の中をただ彷徨っているにすぎない。
鮮やかすぎる緑色が嘘ぽく見えて、凛を嘲り笑っている気がした。


ほらもう・・戻れない。
かつて人間のフリで必死にしがみつこうとしていた世界に拒絶されはじめている。

もともと世間や町や、群衆やマジョリティから異物として吐き出され、ぽっかりと浮いた存在だった凛。


馴染めなくて当然だったと
ご主人様と出会い、過ごす時間を重ねる中で何度も何度も思い知らされる。

そしてご主人様以外では、ここまで辿り着かなったというれっきとした事実が凛を奮わせる。

ご主人様のためだけに生きると。全て捧げると・・・口先だけの取り繕った言葉ではなく
それは「現実」としてご主人様に誓約した言葉。




絶対服従。
永遠の隷属。




至純の関係だから
成し得るのは容易い。







ということで、ここからしばらく先週末の名古屋レポートにお付き合いください。

とりあえず皆様にご報告は
ただいまの凛は痣だらけです。^^

さあ、果たして舌ピアスはご奉仕に役に立ったのか?
ご主人様の思うように奇形乳首は弄んでいただけることになったのか?

そして、なんと直前に決まったゲスト様も今回登場いたしますです。

フェチもマニアックもどんどん高くなってくるご主人様と凛。Withゲスト様(笑)
本当に楽しくて有意義でご主人様と凛の大切な時間となりました。

ちなみに全て着衣のままですので全裸期待の方とかは、ごめんなさい・・です。


いつものように長文で盛りだくさんですので、更新に時間もかかりますが
最後まで楽しんでいただけると嬉しいです。

つづく
スポンサーサイト
[PR]

CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。