I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: 2012/06/30(土)   CATEGORY: ぼくのうた
ここから先の話

梅雨ですね。
6月も終わりそうですが
みなさん、お元気でお過ごしですか?





今年の記念日は
記念日に合わせて何かする。というものではなくて
(もちろん、後には記念日を含んだスペシャルな時間が待っているのだけれど)

性処理道具として「変化」を遂げる
とても大事な年になりそうです。



6月のある日。
ご主人様に一瞬だけ触れることができました。

口にねじ込まれた指に舌が触れることではじまり
しっかりと握られた手で終わる

とてもスペシャルな夜でした。


これはお互いを尊敬し、そして信頼する「ご主人様と凛」でなければ決して成しえなかった夜。

何があったのか具体的な話はできません。


でも・・ご主人様と凛は
「SM」とか「主従」とかある意味「想像できそう」なモデルから
はるか遠くどんどんかけ離れた関係になっていくことで

反対に「SM」とか「主従」の「真意」に限りなく近くなっていくのだなぁ・・と感じております。



シンプルに・・

全てを支配。
全てを捧げる。


その言葉通りの日々。

それが、絵空事ではなく
特定の時間や場所だけ・・というのもなく
共有する現実全てで「有効」なこと。

以前の記事の「内包」されたという感覚より、もっと強い「完全包囲」を感じる日々。

そのただ中に6月のある日があったのです。




ご主人様の近くに繋がれ、どんな時も「間違いなくご主人様の家畜である」と
胸を張って大声で言える自信。


それを下さったのも
ご主人様なのです。


きっと、


いえ確実に
「ご主人様」でなければ、ここまでくることは不可能だったと断言できる時間の中で・・



凛は静かに静かに、
ご主人様の放つ、狂気を帯た荒ぶる空気の波に沈みました。


とうとう
ここまで来たのです。
最初はただの点だったご主人様との接触が

点が集まって線になり交わり平面になり
平面が連なり空間になり

時間が生まれ、そして膨張してすべてを吸い込み・・・
凛を閉じ込めてしまったのです。


ああ、そんな中で囁かれる

「もっと凛を壊したい」

そのご主人様の真の欲求は、どれだけ恐怖に満ちた言葉でしょうか。


徐々に純度を増していく

「会った時に体温を感じながら・・・」
「無理や無茶は目の前でいくらでも・・」

シンプルで飾りのない欲求。





凛の持つ体温や声や脈、命に直結する全部が




ご主人様の欲求をかなえたいと時を打ちます。

これから先・・・
「命乞い」さえ無視して非情を貫くことが
「命乞い」さえ聞き入れてもらえないことが

快感だっていうピュアな思いで突っ走ってしまっても

それだって、ほら
凛の命が永遠なら、何度でもご主人様の欲求をかなえられるのに。・・とか思っちゃうんです。

凛は本当に馬鹿家畜だから。

「壊してしまったら、使えなくなる」
ご主人様がコントロールしているのを感じる度に
極限までもどかしさを感じます。



ここから先・・・・それはバーチャルも「現実」も含めて、何度も何度も凛を襲うと思います。

でもそれは「ここまで来たから」感じることの出来る
特別な思い。



さあ、今から・・


ご主人様の鎖にぐるぐる巻きの中で
暗闇のない真っ白な世界に徐々に堕ちていきます。

酸素なんてほんの僅かしかなくて、凛の意識は簡単にどこかに行ってしまうでしょう。

ご主人様に触れられないままでいても
奥深くに侵入され引き裂かれ、内臓を引きずり出されても


同じなのだから。
同じようにご主人様を感じて



ああ・・・・幸せだと本気で思うのだから。


あるがままです。
お互いが思う以上に我々は特別を「普通」に生きています。



だから今年は「普通」に
記念日を迎えるのです。


7月4日の家畜記念日。






6月のある日が終わり大阪の小屋に戻った
次の日。


朝からぼんやりと想像していた事がありました。


昼になり、コンビニから一歩出た時に
照りつける太陽の下で、ご主人様からいただいたメールをみて

シンクロニシティ

ご主人様と凛はいつだって共鳴していると確信しました。


朝からぼんやり想像していた「凛の姿」が
言葉で書かれていたからです。

その「姿」については、ご主人様と今まで一度も話をしたことはありません。
同時に自然発生的に沸き起こったとしか考えられないのです。





「「ベロピアスも奉仕には役立つかな?」」


その一文で、たった一文で
凛の舌へのピアスが決まったのです。


嬉しくて嬉しくて・・
ご主人様の快楽の為に、性処理道具として「変化」を遂げるのが

嬉しすぎて
気持ちがあせちゃってます。

すでに左の乳首ピアス。次に舌のピアス、そして右の乳首にもピアス。
ふたなり偽チンポ、偽バスト、偽精液のお漏らし家畜。

ああ・・・




ここから先も

もうすでに取り返しのつかない日々。
ご主人様に捧げる日々。


じゃあね、また。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ