I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/12/30(金)   CATEGORY: ぼくのきもち
本当は今年中にもう一回名古屋に行きたかった
飼い主様にご奉仕したかった

今の凛は降り積もった悔しさに埋もれてる。






飼い主様からいっぱい言葉と気持ちをいただいているのに
凛はその100分の1も返せなくて・・・・

依存ばかりが強くなって、役に立てないで
毎日悔しくて申し訳なくてどうしようもない。



ただ檻に居るだけでいいのか?と思っちゃう凛。
情けないほど、飼い主様だけの為に生きている。


飼い主様が、喜んで楽しんで・・そしてほっとする時間をいっぱいいっぱい作りたい。

凛は痛くても苦しくても、壊れてもいいから。狂ってもいいから
飼い主様の為に使って欲しい。



その為に飼われている。所有されている。



飼い主様に
「依存することを申し訳なく思う必要はない」と言っていただけた。

人間じゃないんだから、依存しないで生きていけるわけがない。
この事実がさらっと目の前に横たわる。

今の凛の状態は「当たり前」であって、飼われている証拠であり所有の証でもある。



つまり

壊れかけているんだ。・・と感じた。
確実に何かの機能が壊れて抜かれて、元には戻れなくなった。


いや・・違う
元に戻ったのだ。


無理に取り付けていた家畜として必要のない「機能」が剥がれ落ちて
これ以上ないほどにシンプルになった。

それだけの話。



だからこそ、ダイレクトに「痛み」を「痛み」として受け取り
堕ちる事への底知れぬ「幸福感」を得てしまう。

嫌われたくない。
捨てられなくない。
・・とそればかりに必死になっていた時期の「依存」とは性質を異にする依存。




飼い主様を失くせば
本当の意味で生きていけないと感じる「依存」だ。

少し前にも書いた。
飼い主様なしでは「個」を保っていられない感覚。

これは後で気が付いたのだが、
命までもを捧げた凛だからこそ感じる特別な感覚なのだろう。



今はその感覚すら特別ではなく「当たり前」になった。





これがプロセスや積み重ねの妙だと思う。
どこかで途切れ、あるいは上っ面を撫でるだけの関係では編み出せない模様。


どれだけ言葉を尽くしても、我々の関係は我々だけのもので誰にも真似はできないだろうし
オリジナリティに溢れ、何かの模写でないぶんその模様は生々しく複雑で・・・

とてもキレイ。


この模様は我々だけにしか触ることのできない、特別なもの。





それは多分・・・・
我々だけでなく、真の主従関係にある人々全てが
一つずつ持っているオリジナルな模様だと思う。

何模様?と聞かれても答えられないほど複雑な・・・とても他が真似できない模様。




最初はそれは何になるか?なんて全然わからなかったのに
積み重ねることで徐々に「それが模様である」と認識できるし

複雑でなおかつ壮大なスケールの模様であれば、それは長い年月がたたないと「模様」であることすらわからない。

飼い主様と凛という永遠の時間軸の中では
これまでのプロセスも積み重ねもほんの一瞬。

まだまだこれから・・・が沢山ある。






そう感じると
凛は降り積もった悔しさや申し訳なさの中からノソノソと這い出すことに成功した。


ホルモン注射の中止で少し小ぶりになったズル剥け奇形デカクリ。
飼い主様にネット上の家畜小屋で「奇形クリ」と呼ばれて本当に嬉しかった。


ぐじゅぐじゅの肉穴をかき混ぜてのお漏らし。
「また、もらしたのか!!この馬鹿家畜め!!!!」
そしてお仕置きで何度もアンメルツを奇形クリに塗られたこと。

同じく肉穴の奥に仕込まれたローターと
それを塞ぐ役立たずのでっかいリモコンローターを産み落とすという姿を
ネット上の家畜小屋でじっくりと見ていただけたこと。


次にお会いする時の衣装を決めていただけたこと。
今日、髪の毛を切ることを許可していただけたこと。
凛に意思などなく、すべてが飼い主様の決定により施されていく。

「家畜」と呼ばれ、「便器」と呼ばれ・・・・そして



「凛」と呼んでいただけたこと。

そして、ふいな事で思い出すことになってしまった
「レイプ」前後の「痴漢」の記憶。


ただこの1か月にあったことばかりを羅列してもこんなに沢山の記録があって

思い出すだけでまた涙があふれて
震えて震えてどうしようもない。

衝動的に飛び出して、飼い主様の名前を呼びながら走り回りたいほど・・・・

ねぇ・・ちゃんと凛は





壊れているよ。

嬉しい。








間違いなく凛は飼い主様の檻に居て
逃げられない。


「鎖」の首輪で締め付けられて
苦しさにのたうちまわる姿をみたい。

「命乞い」するまで痛めつけたい。



性処理と拷問と・・そしてそれから・・・・飼い主様の望む全てに凛は使われる。



永遠に・・・・

全てを捧げ、隷属を誓います。



これが2011年
年の瀬のリアル。



そして、今年最後に皆様にご報告。

9月の退院後、どうなることか・・・と思っていた「病状」ですが
「長期の治療」に入る前に「完治」の方向で安定しました!!

これからますます飼い主様に遠慮なく使っていただくことが出来ます!
皆様にもご心配をおかけしました。



今年も稚拙な当ブログを読んでいただきましてありがとうございました。
来年も細々とやっていきますのでよろしくお願いいたします。


どうぞ皆様、
よいお年をお迎えくださいませ。

スポンサーサイト
[PR]

CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● おめでとぅ
しゅり | URL | 2011/12/31(土) 16:09 [EDIT]
(`・ω・´)いい家畜だなぁ~ 主様と嗜好が似てるせいか羨ましい 完治の方向に向かっていってんやね 良かったね また使ってもらえるんやね
● Re: おめでとぅ
| URL | 2012/01/05(木) 21:29 [EDIT]
>しゅり様
あけましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。
飼い主様と凛は
嗜好とか、イメージとか、感じ方とか・・・その他もろもろ「言わなくても」の部分が多く重なっています。
きっとこれは珍しいことなんでしょうね。
何があっても飼い主様の檻の中なのは変わりませんが、何かあるよりも「何もない」方がいい・・。
飼い主様に使っていただくだけが、家畜の使命です。
しゅり様も素敵な1年になりますように。
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。