I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/02/20(日)   CATEGORY: ぼくのうた
3要素
来週の今頃は名古屋でどうしているんだろうか?





名古屋行き前日までは、オナ狂いの命令を受けています。
何もかもが飼い主様のコントロール下にある凛は、肉穴をびちゃびちゃにして従います。

ただひたすらに。

今日も朝から「スイッチ」を入れないままにローターを肉穴の奥に押し込んでおきなさいというご命令。

もちろん、凛はメールを頂いてすぐに実行。
発情汁を垂らしながら、「スイッチ」の入らないローターを肉穴の奥でギュウとしゃぶってます。

名古屋の準備は続きます。

今回の使命は飼い主様に長く快楽を味わっていただくためのトロトロのエロフェラの練習です。

美味しくって、愛おしくって、家畜にとって勿体ないほど大切な飼い主様のおチンポにご奉仕できる喜びを
とろけた表情でゆっくりねっとり長時間フェラをすることで伝えなければなりません。


はあ・・考えているだけで

肉穴がビクビク小さく痙攣しています。



スイッチを入れて震えて欲しいと思う反面
肉穴にある異物をウネウネ締め付けるだけで、凛の性処理便器としての役割をしみじみと思い知らされて

それがまた惨めでずっとこのままでもいいと思ったり。

肉穴の中のウネウネやビクビクの動きだけでこうやって飼い主様にご奉仕できたら・・
身動き取れないように縛られ、転がされて・・それでも性処理便器としての役目を果たせたなら・・・




完全に人間じゃなくなる。
ほんとに性処理肉便器。。



それが嬉しい。




凛は・・・最近、気が付いたけど本当に本当に
飼い主様に振り回されるのが好きなんだなぁ・・って。

根っからのマゾっていうのか・・その、変な話。
気まぐれ、理不尽、意地悪の3要素が身に降りかかってこそ嬉しいうか・・
その・・・

きっと人間的には許されない言動だと思うけど

例えば
誰かが稼いだお金をぶんどって、何だこれっぽっちか・・と足蹴にしてパチンコに出かけるとか
パチンコで負けて帰ってきて、気晴らしに殴るとか

そんな話を聞くと、昔からじわああああとゾクゾクとマゾの血が騒ぐものがあって。

人間的にね、そりゃ許せない!!と思うんだけど
その人間的に扱われていない事にどうにも止められない独特の「快感」を拾ってしまう。

変だよね?絶対??


でも・・きっと飼い主様に同じ事をされたらすごく嬉しくて嬉しくて仕方ないんじゃないかなー?って・・
惨めで、悔しくても反論も抵抗もできなくて従うしかなくて

それなのに肉穴をぐちゃぐちゃにして「何だ、こんな事で濡らしてるのか?変態!」と笑われて・・


そう・・家畜はただひたすらに従うしかないから。
それでしか生きていけないから。



同じ事をしてもある時は褒められて、ある時は叱られる。

「だって・・・」といえば
「何言い訳してるんだ?」と問い詰められる。


「ごめんなさい」といえば
「いつからそんな身の程知らずなったんだ?」とさらに問い詰められ


「うう・・」と口ごもれば
「まったく肉便器のくせに・・・」と呆れられる。


「いいぞ」と「ダメだ」という境目は曖昧で、

よかれと思ってした事もぴしゃりと叱られたり
反対にもっとだ!と叱られたり・・・

そんな気まぐれ、理不尽、意地悪の3要素が身に降りかかってこそ嬉しいマゾ豚な凛。
凛が困惑したり、驚きで動きが止まったり、絶望を味わっていると飼い主様は喜んでくださる。

振り回され、弄ばれ・・・・
家畜は何をしても無駄、コントロールは全て飼い主様というこの状況が

本当に本当に嬉しくて仕方がない。



家畜にすれば懸命にご奉仕してトロトロのエロフェラが出来た!と思えても

「ふん。下手くそ。」
「オナホールの方がマシだな・・。」と言われるのか

「いいぞ。上手くなったね。」と言われるのかは飼い主様次第。

同じ分量で同じ事象が目の前にあっても、判断していいのは飼い主様だけで
凛はそこに何の権利も持たない。


だからひたすらに従うのみ・・なのだ。

きっと凛はこの3要素の中毒でもあると思う。
それも飼い主様の出す微妙に癖のある3要素の虜になっている。


最近、何故これを強く感じるのかといえば・・・
今までの主従関係のあった人は、この3要素の使い手がいなかったのだ!!という事に気が付いたから。


凛が屈辱、拘束、苦痛を今まで以上に受け入れたい!と願うその背景にある
飼い主様の魅力を中々言語化できずにもやもやしていたけど

あああ!こういう事なのか・・と最近・・本当に最近、思うようになったのです。


もちろん、飼い主様の精液、精子中毒は今さらだから書かないけどね。

本当に本当の意味で・・今、飼い主様を常に身近に感じていて
それはもちろんバーチャルだったり凛の幻覚、幻想なのは判っているけど

でもそんな風にならない「飼い主様」なんて従う意味なんてない!と思う。
「飼い主様」の姿が少しでも見えなくなって不安にならないなら・・・・

生きている意味さえ失ってしまうと思う。






文字で書くと強烈だね。
でもねー・・反対に本人たちはもっとさらっとしてるんだよ。


飼い主様と凛はわざとらしく置かれたものではないから。

その辺の言語化はまだ難しいな。
感覚の共有とシンクロニシティと・・


またピーンときたら
こうしてブログに残していこうと思ってます。






あああぅ・・・

今は「ローター」のスイッチを最強にしなさいとメールをいただき
肉穴を震わせて浅ましくヒクヒクと中を痙攣させています。

デカクリチンポはビンビンに勃起して少しでも刺激があるとあっと言う間にイッてしまいます。

あああ・・さらに

デカクリチンポをどこかに擦りつけなさいとの命令です!!!

勃起したデクリチンポを椅子に擦りつけると・・ゴリゴリと音がします。
凛の体重と椅子の間で潰されたデカクリチンポのゴリゴリがローターの振動を受けてもっともっと堅くなっていくのです。

この擦りつける格好が惨めです。
それでも恥辱がマゾ快感となり、もっと腰をふってしまう。

肉穴からあふれる発情汁でベチョベチョ・・ヌルヌル。
あは。どんどんおかしくなってるからあ・・

飼い主様が今回は躾けだ!って、もっと苦痛をあげようね・・って

それで名古屋の前日は寸止めの連続だって・・・
苦しいだろうなぁ・・辛いだろうなぁ。

うう・・

嬉しい・・あああああ・・・嬉しいよ・・・・・



凛は飼い主様の家畜です。
凛が飼い主様の所有物です。

最低で馬鹿でマゾな飼い主様専用の性処理肉穴便器です。






どうぞ、狂ってしまうまで凛を追い詰めて・・
それで、跡形もなく

壊して下さい。





来週の土曜日から、名古屋です。
スポンサーサイト
[PR]

page top
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。