I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2016/10/02(日)   CATEGORY: ぼくのうた
diavolo
おひさしぶりです。

毎回、更新するたびに「おひさしぶり」と言ってばかりですが、
人生の波がたぶんちょっとだけ落着きましたので

ようやく更新です。



実は


以前よりも少しだけペースを上げて
ご主人様とお会いしています。



7月で
とうとう8年目に突入してしまいました。




殴られたり
咬まれたり

打たれたり
蹴られたり

お外で使っていただいたり
ネカフェの狭いブースで使っていただいたり


精液まみれの顔や
毎回、遠慮が無くなっていく首絞めや

もろもろの行為はちょっとずつ変化や進化を遂げながら
それでもご主人様と凛の当たり前として

継続しています。



まるで

予め決められていた場所に
堕ちていくように。





ご主人様に心臓を握りつぶされる日まで


隷属し続けます。





そしてご主人様と凛の関係も何一つ変わることなく
濃い時間を重ねています。





無事にご主人様の9月のお誕生日も終えて
ご主人様の歯型が残る体でこれを書いています。



凛は本当に
とても幸せです。



更新が遅くても時々メールやコメントをくださるみなさん、
本当にありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。




スポンサーサイト
[PR]

CO*8 ] page top
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。