I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2014/02/25(火)   CATEGORY: ぼくのうた
かがみ
最初の可能性は先々週の日曜日。

バレンタインデーの次の次の日。

ご主人様の体温から離れて2ヶ月直前。



それはご主人様の体調が思わしくなく
流れて次週へ繰り越しになった。


ただ、流れて一週間なんて
凛にすればあってないようなもの。
前週に準備したものをまた同じだけ用意して期待を高めていく。


これまでこのブログを読んでいる人ならわらるだろう
凛の準備は「ご主人様のため」1つも気を抜かないものであることが。




今回は作業もあるということで無線LANの使える簡易の檻(ホテル)を調べ
時間的にタイトならネカフェで作業だけ出来るように場所も電話番号も施設も全部調べた。

ご主人様との時間だから、、


どれだけ労力をかけても何も惜しくない。




「少しだけでも!!!」




その思いはご主人様も凛も同じだけ。







でも、準備が整い期待値が上がれば上がるほど
週末にかけてご主人様の体調が再び悪化する。





金曜日にほぼ不可能であるという事がわかり、時間は止まる。





熱と闘うご主人様の声に
ぐるぐると一つの言葉が浮かんでは消えた。


告げるか告げないか、散々まよった結果…
告げないと「またとんでもない事をしでかしてご主人様を困らせる」と悟った凛はご主人様に伝えた。












ひとこと。







「寂しい」






ずっと抑えていた言葉である。




ご主人様の状況がどんなものであるか
体調がいまどうなっているか、
余裕もなく、切り刻まれていくような中で

それでも日々を過ごし、すべてをこなし、立っていることがどれだけ大変なことか

これまでを知り
ずっと近くに繋がれている「奴隷」だから充分にわかっている。

だから、「凛ごとき」で無理をして欲しくないと思うと同時に


湧き上がる「とてつもなく大きな寂しさ」が凛を飲みこんでいくのを感じた。


凛の手に負えなくなる…その前に。


小さく飛び出した言葉。
しかし、それは凛を解放し日曜日を諦める「心がまえ」をつくるきっかけとなった。



そして




土曜日を迎えた。









準備は「ピークを日曜日にもってくる」ように調整する。
だから当初の予定だった前日となるこの日は「高まるワクワクを無理やり鎮める」必要があった。

しかも2週間分。
「心がまえ」は出来ている…はずである。


体調の思わしくないご主人様が

それでもお洋服の予定を聞いてくださった。
嬉しくて嬉しくてそして少しでも回復になればと夜中に写真を撮った。





しかし、それを見る余裕もまた…





ご主人様には残されていなかった。





朝から



「高まるワクワクを無理やり鎮める」のにのたうちまわり


バレンタインデーのために用意していたチョコレートを抱きしめた。


バレンタインデーから2週間。
抱きしめすぎたチョコレートの包みはボロボロになった。




「次にお会いする時には渡したいので買い直しますね。」




凛のメッセージに、
ご主人様から






「チョコレートはこれから床に四つんばいになって食べなさい」


と返事があった。
























ご主人様に
美味しいと喜んでもらおうと思って買ったチョコレートだ。

ご主人様の笑った顔を思い浮かべて選んで買ったチョコレートだ。

それをお渡しすることも叶わず



「食べろ」と言われた。






屈辱で、涙が溢れだした。





ご主人様の壊しているのは凛の心だ。
それでもいい…ご主人様は奴隷になった凛に「尊厳を壊される苦痛を味わいなさい」といったから。
全てを捧げるとはこういうことなのだから。

床に這いつくばってチョコを口にする。
口の中で溶けるチョコに


「思い描いていたご主人様の笑顔」も崩壊していく。












その時
はっきりと気が付いた。










それが、そのまま今のご主人様の状況だ。



凛はかがみ。


屈辱の中で
チョコを床で食べる凛を見ても、ご主人様の中で動くものはなく…



きっとこれが、本当にリアルで目の前で行われたとしても
今のご主人様には「それを喜び楽しむ余裕」なんてどこにもない。











それほどの事態なのだ。

かがみに映るご主人様を見て
凛はすーっと落ち着き


ただ、ご主人様の側に静かに繋がれた。








そう、それでも
こんな事態でも

ご主人様は凛を繋いで下さっているのだ。




「繋いでいるから、安心しなさい」



これ以上ない、真実の言葉だ。






ご主人様と凛の関係は「永遠」であると、何度も書いている。
永遠を過ごす中では、いい時もそうでない時もそれなりに起きる。
永遠にいいことばかりだったり、良いコンディションが続くなんてことはありえない。


「病める時もすこやかなるときも…」
どっかで聞いたようなセリフだけど、まさに文字通り。

あらゆる時を共に生きる事という「覚悟」がないなら「永遠」なんて口にする資格はないし
ましてや「永遠」を完遂することはできない。



凛はご主人様と共に「永遠」の中を生きている。
凛はご主人様のどんな時も奴隷でいる。

いや、奴隷として「当たり前に」繋がれている。
それを許してもらえるのがとても嬉しい。






最期のその日まで。


そんな感謝を感じた日曜日。


再び誓います。
凛は、ご主人様の奴隷です。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
CO*1 ] page top
DATE: 2014/02/20(木)   CATEGORY: ぼくのなみだ
空白に浮かぶ
凛のマゾヒズムという歪みは一体どこから来たのだろうか。











ご主人様以外のものをほとんど全て断ち切った凛は「空白」の中にいる。
ご主人様のために用意された「空白」

しかし、様々な事情によりご主人様には「空白の凛」を使い、埋め尽くす余裕が今はない。


隷属は永遠であり、凛がしっかりとご主人様の鎖にずっと繋がれているのはもう今更確認する間でもなく「当たり前」で、
どんな状況であってもご主人様は凛に連絡を下さる。
檻に繋がれた凛に語りかけるように、元気な時もそうでない時も、信じられないような大変な時でも、声で

携帯の檻のメッセージで

「凛が生きている」と教えてくださる。





「生きている」





この感覚…
「生きている」というよりも「存在している」といったらいいだろうか。

凛は本当にこの感覚が薄い。



前にも書いたが
実体ではなく拡散してしまって、自分がどこにいるのかわからなくなるのだ。

もしかしたらトランスジェンダーであることも影響するのかもしれないが、
この身体を自分のものだと思えないがために、身体という実体を離れて拡散し浮遊してしまう。

実体がないのだから、存在を上手く訴えることも出来ず
「ここにいる」という「ここ」が果たしてどこなのか?も掴めない。

そんな凛はこの世に「存在しないも同然」

浮遊した凛が存在できるのは他人に必要とされた時だけで
「必要だ」と言われれば、それがどんなに不都合でもとても嬉しかった憶えがある。




これが多分、原点だろう。




それを遡れるだけ遡ったら「保育園よりも前」の記憶まで辿り着いてしまった。




誤解を恐れずに書いてしまうが、おそらく両親に「ホールド(保護)」する余裕が無かったんだと思う。
何かをしてひどく怒られた記憶もない。何かを大きく期待されたこともない。


ただ淡々と育てられ、ただ「無視」され続けた。
(これは主観だけでなく事実そうであったという親族からの証言もある)

だから凛の記憶はひたすら「無音」なのだ。


湧き上がる何かがあって零した言葉もすべて「独り言」となってしまう。




もちろん、それはとても原初的な体験で
その後は「それなりの家庭」ではあったのだけど…

この原初的な体験が凛の「マゾヒスト的な歪み」の原点であるといってもいいと思う。



凛の奥底にある欲求は

誰かによる「存在の定義」の要求。
拡散してしまうような曖昧な輪郭ではなく「お前はこうだ」とハッキリと定義づけて欲しい。
頭の先からつま先まで期待されるものになって、それで…そこからはみ出たら叱って欲しい。

そうなって初めて「存在できる」

そして「必要である」と繋がれて、使って喜んでくださるなら何でもしたい。
それでようやく「幸せだ」と思うことが出来る。





書いていて思うが、それはそのまま今のご主人様と凛の関係だ。

先に書いた記事では、この「定義」にあたる部分が、ご主人様によって「家畜から奴隷へ」書き換えられたという事を書いた。




その直後の出来事。

ネット上の奴隷部屋で、じっとご主人様を待っていた。



本当にじっとじっと…
真っ白な画面を見つめてしんとした中で

その中心から
「拡散」が始まったのがわかった。

「家畜から奴隷」の流れで「家畜」という今までの頑丈な「定義」からのシフトにまだ慣れず、若干輪郭が曖昧であったことと
ご主人様のために用意した「空白」の下で湧き上がってくるご主人様への思いもそこに合流しぐるぐると止まらなくなり

さらにご主人様の体温から離れて2ヶ月という事実も加わり急速に禁断症状を引き起こし

もうなんだか
止められなくなってしまった。



実際に「わあああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!」と叫んで
それから、それを抑えるために口を押えてブルブル震えた。

空白を埋める為に奴隷部屋に「あああああああああああああああ」をいっぱい書きつらね
それでも拡散が止まらず




お忙しくてお疲れだから絶対にやめておこうと思ったご主人様へメッセージを送っていた。



一体どこにいるのかわからなくなる凛と
大丈夫、ご主人様の側にいる、と感じる凛が上下左右と激しく入れ替わり




ご主人様、大丈夫です。ごめんなさい…という凛と
「助けて」と悲鳴を上げる凛と







バラバラバラに…












ならなかったのは、ご主人様がすぐにネット上の奴隷部屋に来て下さったから。

それでも最初は激しく分離しようとしてたみたいだけど(後でログを見て驚いた…)
ご主人様で埋めつくされていく「空白」に



ようやく「凛はご主人様の奴隷である」という実体が見えた。





「まったく手のかかる肉便器だ」
「ザーメン便器と書いておけ」








nf2014022.jpg





膨大な「空白」に浮かんだ凛を
ご主人様が「定義」していく。












生きています。
ご主人様が「生きろ」と命令してくださったから
ちゃんと生きています。

「空白に浮かぶ」凛を許さずに
ずっとずっと側に繋いでいてください。

そしてご主人様で埋め尽くしてください。

本当にごめんなさい。
こんな何の価値もない奇形人間を鎖に繋いて下さってありがとうございます。

凛はご主人様のザーメン便器です。本当に嬉しい。






凛の居場所はご主人様の檻の中だけです。

深くから、壊れ始めてます。








マゾという歪みは消えない。
隷属は生きている限り終わらない。

ご主人様がこじ開けた「白」です。
そして「白」はご主人様の精液の色…


全てが真っ白になるまで。


ありがとうございます。

CO*4 ] page top
DATE: 2014/02/12(水)   CATEGORY: ぼくのなみだ
真冬の記念日
2月8日

日本全国あちこちで雪が降り積もり
大混乱となっていたこの日



ものすごい事が
さらりと「携帯の檻」で行われていました。


もしかしたらこのブログの根幹をも揺るがす
「出来事」です。










凛はご主人様の家畜から




この日


ご主人様の「性処理奴隷」になりました。









当然ですが、凛のすべてはご主人様が決定を下します。
だからこの「奴隷」という格上げも、ご主人様のタイミングにより突如行われました。

凛には2足歩行と椅子に座ることが許可され
さらに「家畜では味わえなかった喜び」と「尊厳を壊される苦痛」が与えられることとなりました。




これにより「依存状態の家畜」は「剥奪、搾取される奴隷」となり
ご主人様の支配の残虐性が高くなります。
それでも凛は絶対服従を誓い、永遠の隷属を誓いました。


家畜よりももっと内側に入った隷属ですから、
ご主人様の全てに何もかもを捧げる覚悟がなければ、到底無理だと思います。

その領域にとうとう踏み込んでしまった。


しかし、それを…

「奴隷」であるというご主人様のありとあらゆる快適さにこだわった「生き方」を
凛の首輪をぐっと引き寄せて許して下さったのが本当に嬉しくて

その日は一日
ご主人様の命令のもと




ぐちゅぐちゅになって狂いました。
泣きながら涎を垂らして「奴隷」となった自分を噛みしめました。






nf2014021.jpg








ご主人様が大阪の小屋…いえ、奴隷部屋に置いていってくださったクリップです。

カウントをせずに奴隷が勝手にいってしまったので
デカクリとビラビラに挟むように命令されました。

痛みで悶えながらもビクンビクン震えて、それでもすぐにいってしまう凛はやっぱり

ご主人様の支配がなければ生きていけないマゾであり変態なのです。





そして「ご主人様」はご主人様以外を指す言葉ではありません。
凛は「ご主人様に捧げられるためだけに生まれた」という確信は深くなる一方です。






ご主人様はかつて凛に
「私が望む全てのものになりなさい」と言いました。


つまり
ただ「家畜」から「奴隷」に呼称が変わっただけ、なんて甘いものではないのです。
そこに定義される全てが今からご主人様の手によって書き換えられていくのです。


ご主人様の「まだこれからだよ」という言葉は本物。







もちろん、今までの「家畜の凛」があるから「奴隷の凛」があります。
きっとまだ慣れないこともいっぱいあると思いますが…

ご主人様のためだけに生きていくという凛の覚悟は1ミリも揺るぎません。

それでも、こんな瞬間がまさか自分に起こると思っていませんでした。







これが「真冬の奴隷記念日」




これより


凛はご主人様の「性処理奴隷」です。
この「言葉にならない心からの感謝」をここに記録しておきます。

ご主人様、本当にありがとうございます。



CO*0 ] page top
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。