I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2013/09/16(月)   CATEGORY: ぼくのうた
インプロ
我々には
「ある共通するイメージ」と互いの個としての存在と
呼吸しかない。



我々は

役割に当てはめて動けるほど器用じゃないし
結論を導き出して満足を得るような「一過性」に存在するわけじゃないし

決まったプロセスを正しくたどることに楽しみを見いだせないし
誰かが引いたボーダーを守るほど素直でもないし

そして一人でいるわけじゃない。



二者間における「決まりのない」呼応。


始まりも終わりもない
正しいも間違っているもない

二度と同じ事が起こらない貴重な場面の連続。




インプロ(即興)は
直感をパフォーマンスに変える技術が必要だと思われがちだが
むしろ刺激や反応に対する自分の中の直感とひたすら向き合うことが出来なければ成り立たない。


磨かれていくは「勘」だ。
この「勘」は言葉や文字にするとあまりにチープで

説明しようとすると難しい。



我々の関係において

SMは非日常かもしれないが
日常から非日常の空間や時間を切り出す事とは意味が違うような気がする。

あくまで「勘」ではあるけれども


それが今まで説明しようとして中々できない部分であった。



我々の関係において

日常との境目のない「どうしようもない性質」は
それが無いと個として確立できないが為に

ただ生きる、存在する中に
自覚するにしろ、無自覚にしろ「どうしようもない性質を抱えて続けている」意味と違わない

そんな気がする。


もちろん、これもあくまで「勘」ではあるけれども。






つまり
さっきまで笑っていたのが

次の瞬間には伸されて平伏す状態になるかもしれない。


準備などいらない「いつでもOK」
何故なら生きていること自体が「SあるいはMであること」を包括しているから。


直感と反応。




そして終わりもない。






201382423b.jpg








ご主人様も凛もそれには気が付いていて

毎回、毎回が
その時一度きりしか起こりえないから
なるべく記録しておきたいと思って

このブログやそして上のような写真を撮っている。




我々には
「ある共通するイメージ」と互いの個としての存在と
呼吸しかない。



この写真は

インプロが残した一つの「未完成」な形である。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
CO*2 ] page top
DATE: 2013/09/13(金)   CATEGORY: ぼくのうた
贅沢
ご主人様に貫かれたまま
鏡の前に立たされた。

メイクした家畜の顔がご主人様のおチンポをぎゅうぎゅうと締め付けながら
歪んで崩れて

もうすぐお出かけなのに
まだ朝の餌も食べていないのに、

ぬらぬらと、そしてダラリと涎を垂らす。




鏡までは5センチ。




ご主人様に後ろから揺らされて
爪先立ち。







ああああああああああうぐううう・・・



腰をくねらせて突き上げられる度に襲う
お漏らしのサインに耐える。





っも・・もれ漏れちゃううう・・・・!!!



情けない声を上げると
ご主人様は凛をトイレにブチ込んだ。


あああ!!!!!!!!!!!!



便器に手をついて再びゆらされる。







「便器」


ご主人様に何度もそう呼ばれた。



「性処理便器」






ご主人様の性処理便器
なのだ、

間違いなく
凛は…

だからここに居て、繋がれて、使われる。


ご主人様が性処理をしたい時はいつでも、構わず。


あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ・・・・・







便器に手をつきご主人様にお尻を突き出し、無意識にぶちゃぶちゃとお漏らししながら
揺らされる度に、狭いトイレで頭をタンクに何度もぶつける。


ひああああ!!!!!べ・・便器ですうう!!凛はご主人様の性処理便器ですうう!!!!



凛の声がトイレに反響するとご主人様はするりとおチンポを抜いて
凛をトイレの奥に押しこめ、戸をしめてしまった。



ああああああああ!!!!
ま・・・待って!!!待ってくださいいいいいいいいい!!ご主人様ぁ!!


バタバタと不格好に振り向き戸を叩いて
置いてけぼりになった凛はご主人様を必死で追いかける。






口元の涎と
いつの間にか滴り落ち、太ももをちょろちょろ濡らしたお漏らし

肉穴は熱くなってパクパクと動いていて
捲れて充血して
発情の匂いをまき散らす。


まさに…「便器」



そして、ご主人様から朝一番の「精液」をいただく。




朝の餌の前
一日の一番はじめ

胃袋に入る「ご主人様の精液」


そんな

贅沢、
贅沢すぎる朝。



CO*0 ] page top
DATE: 2013/09/09(月)   CATEGORY: ぼくのうた
有らぬ奇形

ご主人様はベッドの上で
凛の肉穴を性処理便器として使って下さった。

朝の光の中で

ヘコヘコとアヘ顔を晒してご主人様の上で腰を振る凛。

動く度にゴリゴリとご主人様のおチンポと「子宮」の入り口がぶつかり合う音がし
続いてヌチュニチャという粘り気をもった音が響く。

さっき

ご主人様の唾液をすすり飲んで
その時…1秒にも満たない間、ご主人様の舌に触れて

それ以降

頭の中が飛び散ってぐちゃぐちゃになっている。













これからお出かけなのに。













ご主人様は昨日、浴衣の凛を椅子に縛り上げた時
今日のお出かけの為に「見えるところ」に噛み痕とつねり痕をつけてくださった。

「どれどれ」

覗き込んだ場所にはまだ目に見える痕はなく、代わりにまだ激しい痛みをもって腫れあがっていた。

「まだ…痕はついていなくて…痛みだけ…」

凛が言い終わらない内に腫れた部分を強く押さえこむご主人様。


あぎゃああああ!!!!!いあだああああああああああああああああああ!!!!!

そして、さらに噛まれ…



こうして肉穴でのご奉仕中でも…

見えるところ、見えないところお構いなしに
噛まれ、抓られ、打たれる。


いぎいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!



痛みに汗を吹き出して、全身を緊張させ
その反動でご主人様の方へ倒れそうになると

「何を抱き着いてるんだ家畜のくせに」と押し戻され

凛はまた無防備にご主人様に全身を晒して腰を振るのだ。





涎を垂らして
肉穴だけが意志を持ったようにぐねぐねと動いて
ご主人様の大切な精液…種汁を必死で吸い上げようとしている。



種付けを乞う肉穴。









「メス穴」

ご主人様はあえて”凛がズタズタになる”この言葉を使った。


「メス穴で感じているのか?」

はぁ・・・あ・・・・う・・・



「メス穴をレイプされて嬉しいです、と言ってみろ」


うぅ・・・・



躊躇する凛を突き上げるご主人様。
グラグラと全てが揺れる。






うあ
ぁ・・・




唇を噛みしめた。




口にすることが難しいその言葉が
凛の中で渦巻く。

苦しい。





崩壊する…











ご主人様の望んでいるものが


メス穴そのものではなく
凛の崩壊であることに気が付くのに少し時間がかかった・・・・







凛の苦しむ姿が観たいが為のご主人様の「メス穴」という言葉

だから、充分に苦しんで
唇を開いた。

















メス・・・・穴・・感じて・・・います








ー!!!


ようやく言葉にした直後
思っていない処にご主人様の手が伸びた。

乳房切除手術で取りきれなかった「もと乳房」が
凛の抉れた胸の縁を飾っている。

その残った「もと乳房」は、胸筋から離れた下部に集中していて
それが、男性ホルモンを中止してから柔らかく

「もと乳房」であることが充分にわかるほどの存在感になってきた。



それを

ご主人様が
ぎゅうっと掴んだのだ。



ー!!!!!!!!!!!!


「これ、残ってるんだよね。」

は・・・はい!!・・・あ・・・・・


そのままぐにぐにと摘まみ解され
それに合わせてピアスも揺れて


「メス穴」と呼ばれた肉穴からダラダラと発情汁が流れ出る。



「どんな感じ?」


い・・・気持ちい・・・いいですう・・・



「フフ・・・」



ご主人様の蔑んだ笑いに
ゾクゾクを通り越して眩暈を起こす。


凌辱。



真っ白な頭で…腰を振る。






メス穴
もと乳房



ご主人様の視線の中

ぐるぐるとその言葉が全身を巡り
「惨めさ」に余計に発情して腰を振る変態マゾ家畜。





そして最終的に勃起の為に突き出たデカクリチンポをぎゅうと摘ままれ
どれだけ奇形なのかを思い知らされる。








逃げられない檻の中で
ご主人様の思うまま

朝一番の性処理。
CO*0 ] page top
DATE: 2013/09/07(土)   CATEGORY: ぼくのうた
隷属する呼吸
角を曲がると
ご主人様の姿があった。

最初、凛の見た幻だと思った。




だから
たぶんポカンと口を開けていたのだと思う。

それがちゃんとしたご主人様であると認識するまで
数秒かかった。





「わかんなかった?」

いや違う…
だってこんな場面が目の前に現れると思っていなかったのだ。

宿の前にご主人様。



あ…


わぁ……





あああああああああああああああああああああああああああああああああ…


ご主人様ぁ!!!!!




ガラガラガラと荷物を引いて
駆け寄る。




ー嬉しくて嬉しくて、勿体なくて…そして申し訳なくて、呼吸が止まるかと思いました。










ご主人様は、


凛が浴衣に着替えるまでの間
宿のベッドでお休みになっていて

その間に染みついた匂いが、夜になって凛を包む。







誰に

飼われているのか?という
しっかりとした記憶が「匂い」で確立していく




ー嗅ぐだけで、気持ちはいっぱいになってじっとしていられないのです。








横に並ばせていただいてのお散歩は
前々回から引き続いて2回目。

目的の建物のすぐ脇に見つけた1つだけ空のある駐車場。


雨は小ぶり。

「さあ、行こう。」





駆け出したご主人様を追いかけて公園を駆け抜ける、繋がれた家畜。



これは大切な時間、何ものにも代えがたい時間、我々の感性がビキビキと反応して
「同じもの」に触れ、そして立ち止まり

自分の中との対話が始まる。



ーこれを楽しいとか面白いって同じように感じられる奇跡を今、ご主人様と一緒に歩いています。






降り始めた激しい雨を眺めて
建物の中のベンチ


少し、勢いが弱まるのを待つ。




ぁ…




ご主人様がスマホを取り出して
弄る。



あぅ…





ご主人様の命令で家畜が所持している「同じ機種」は

しっかりと繋がれているという証拠。




ぅううう…





じいとした家畜。
ご主人様の鎖の重さを感じている。

この鎖の先にあるご主人様の指先が

動く度にご主人様を感じる。

僅かな振動。






ああ…




「誰の家畜か言ってみろ」
「私の家畜は凛だけだ」







そう
家畜小屋で綴られた文字は、こうやってご主人様によって生み出され
鎖に伝わる僅かな振動で凛の中に書き込まれたものだったのだ。


はぁ…あ、







ようやく呼吸をした。







雨はまだ降る。


「しょうがない」


雨をくぐり、ご主人様の車の中。


今度は僅かな振動でなく
ご主人様の指先は凛のふとももで爪を立て

押さえこまれた圧力で爪の幅だけ溝を刻みながら進む。

盛り上がっていくその痕に
ご主人様が静かに笑った。



痛いというともっと嬉しそうに




とても嬉しそうに。






この積み重ねがご主人様と家畜という呼吸を生み
そして深さに繋がる。


だから安心していい。
この位置はひっくり返ったり、変化したりしない。






家畜は家畜。
それが深くなっていく。



隷属という静かな呼吸。









ー止められるのは、ご主人様だけなのです。






CO*0 ] page top
DATE: 2013/09/05(木)   CATEGORY: ぼくのえ
脳内イメージトレーニング
前回の記事や
前々回の記事、そのまた前の記事…つまりここ最近の名古屋でのご主人様との貴重な時間の記録を
きちんと読み込んでいる人なら

少なからず、


今回の凛に「生理」というものが来ていたかどうか気になっていると思う。


実は、今回名古屋へ行くにあたり
どうしても避けるべき課題はこの「生理」にあった。

男性ホルモン中止後、ドクターストップによりピルという選択がとれない今
何かそれにかわる「生理周期のコントロール」を獲得する必要がある。


何かないか?と調べると

「生理周期の脳内イメージコントロール」というのがあった。

半信半疑で読み始めたのだが

成功率はかなり高く、
それならばと「ご主人様に肉穴でご奉仕するため」という家畜の重要な役割を全うする為に


名古屋へ向かう約1か月ほど前からイメージコントロールを始めた。



必死に…。





もちろん、

口マンコも肉穴も同じ肉便器だけど
それでもご主人様が使いたい時に使えないのなら…意味がない。


凛はご主人様専用の性処理肉便器なのだから…

今回は絶対に!!
絶対に阻止しなくちゃ!!!








でもイザやるとなったら
とことんやるのがご主人様の家畜。







コントロールは大成功。


しかも「生理に来てほしい」と設定した日ドンピシャで生理が来るという
信じられない結果に。

やり方に関してはここでは詳しく書きません。
試したいという方は、探してみてくださいね~。







さて…





20138247b.jpg






この浴衣で縛っていただくのも
1年ぶり。

8月の終わりに、夏が来た。


ご主人様へ捧げる凛の夏衣装。




20138248b.jpg








苦しくて
動けなくて

トロリン…






ご主人様は縛った凛を嬉しそうに眺めて

それから
このまま口マンコにおチンポをねじ込んだ。

ご主人様のお気に入りメイクをしたその顔は
ご主人様に使っていただくため。

美しく残すためではなく
醜くだらしなく歪んだ顔を至近距離で撮影される。




その嗜虐がご主人様そのもの。






凛の血は
それに素早く反応して

ありえないほど騒いでいる。






CO*2 ] page top
DATE: 2013/09/01(日)   CATEGORY: ぼくのなみだ
流れ出る
ご主人様の家畜である証として
奇形の両乳首にピアスを入れて右が一年、左が半年となる。

噂に聞いていたように
乳首のピアスは定着が遅い。

未だに、ピアスをクルクルと動かしていない時間が長くなると
中で張り付いてしまい、次に動かす時に「痛み」を伴う。




その度にじわ…っと
「ご主人様の家畜である現実」を感じる。




このご主人様に繋がれているという「現実」は
夢ではない。

わかっていても物理的な距離により「触れられない」という状態は

もしかしたら自分が
現実とは別の世界に迷い込んでしまって

「ご主人様」を作り上げたのではないか?という錯覚に陥るのだ。



ピアスを動かした時の「痛み」と共に流れ出る赤い血は
「ご主人様の家畜である現実」に生きていると証明してくれる。


だから、早く定着して欲しいようなして欲しくないような複雑な思い。




今回

ご主人様が乳首のピアスを持ってグリグリと乱暴に扱って下さった。

遠慮のない指先の動きに
凛は「痛い痛い!!」と悲鳴を上げて床を転げ回る。


ご主人様はそれを見て
「どうだ?乳首マゾ」と嬉しそうに笑って下さった。





ジンジンと脈打つ痛みに服を捲ってみると
左の乳首から

赤く赤く

血が流れ出ていた。



「痛い…」

小さく声に出すと
そこから一気に「所有されている幸せ」という淵に堕ちた。





流れ出る「生きている痛み」
それはご主人様の家畜という現実。

繋がれている今…


ご主人様を振り向くと「お昼寝中」

また、それが嬉しくて





凛の奇形乳首はいつまでも勃起したままだった。

CO*0 ] page top
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。