I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/07/31(火)   CATEGORY: ぼくのうた
Brew
7月30日が何の日かと問われると
2年前にご主人様が大阪の小屋に来て下さった日。と答える。


凛にとってそれ以外の7月30日は7月30日ではない。
境目のない流れる時間がそこにあるだけ。





今、そのただ中にいる。

次の意味のある日付が来るまで凛は死ねない。

ご主人様は「生きろ」という。
「死に場所は用意してやるから生きろ」という。

それが檻に入ったものの宿命。
凛は死すら自由にならない。



それが嬉しい。





こういう日々を凛は「醸造の日々」と思っている。
腐るではなく、ただ内部でふつふつと発酵する。

ご主人様に喜んでいただくことだけを願って楽しんでいただくことだけを願って。
ふつふつふつと発酵する。


それだけ。

だって凛はご主人様の家畜だから。
ご主人様の性処理便器だから。
ご主人様の・・・・・・・・・・・望む全てだから。







そのためには
凛は、ご主人様に全てを捧げる。

家畜という凛にとっての「日常生活」は、人間社会では不自由を強いられる事になる。
もともと「人間以下」の奇形家畜だから、人間社会にも居場所は一切ない。
辛うじてご主人様が凛を側に繋いでくださることで「存在」を感じることのできる「最低ランク」の生き物なのだから

その最低ランクに相応しい格好。



「全身を性処理用にしろ」

ご主人様からそう言葉をいただいた時、
ようやくその許可を出していただけた!と本当に喜んだ。


「舌ピアス」


前々回の記事でも書いたが、ご主人様と凛が
同時発生で思い浮かんだ姿。

理由は簡単。
「ご主人様のさらなる快楽のため」


でも考えて欲しい。
服を着ていれば完全に隠れるボディピアスや
完全に市民権を得た感じのある耳のピアスではなく

違和感が拭えない顔周辺のピアス。
いくら口の中で目立たないとはいえ
「舌ピアス」に対する世間の目は、それほど好意的なものではないだろう。


舌ピアスをしたばかりの時は、餌も食べにくくなる。
そして定着しても多少の喋りにくさは残る。

便宜上の「人間のフリ」をする時、大きく口を開ける機会も減るだろう。
その不自由さが嬉しい。

ご主人様の思うままに堕ちていく。

願わくば、家畜が口を開けた姿はご主人様だけが知っている姿になればいい。
凛が口を開けるイコール、ご主人様の性処理の時だから。


凛は永遠にご主人様の性処理便器だから。



7月の終わり。この時期を選んだのは、一か月後に名古屋行が決まっているから。
この「舌ピアス」でのご奉仕の感触をご主人様に味わっていただくため。
一か月あれば、粘膜なのでさほど心配のないレベルまで安定が望めるから。

そして
とあるピアススタジオにて、あっという間に凛の舌にはピアスが取り付けられた。

痛みはそれほどなかったが、舌の厚みを針が通るとき「スススス・・」という感触があった。

刺した時はそうでもなかったが、ピアスをして1時間後ぐらいから舌は痺れ、腫れ始め
ジンジンピリピリが続いた。



嬉しくて嬉しくて嬉しくて
左の乳首のピアス以上に込み上げるものがあって

暗くてむうう・・・と暑い夜の街を、半分涙目になりながら歩いていく。


早く・・・

そう思う。距離が苦しい。
おまけにまだ乳首のピアスもご主人様は実際には見ていない。

禁断症状がひどい最中だから、もどかしさも簡単に度を越す。

「醸造の時にしか起こらない化学変化」

それで凛のあちこちが暴れ出して
どーにもこーにも収まらなくなって、気が付くとアチコチから火の手があがって。

ドがつくほどの心配性だから、ネガティブの妄想が積み上がって。
それで・・・

ネガティブ化学変化に振り回される凛は、パニックに陥り
小屋中をオロオロ、ウロウロ、メソメソ。


それは「うろたえすぎ」と、ご主人様に簡単に鎮圧されてしまうのだが・・・

今回、凛はこの中心にある「物質」を発見してしまった。







「さびしい」





今までそれほどはっきりと口になど出した事もない言葉である。

凛がそういうとご主人様はこう返した。




「贅沢」




そっか・・・

「さびしい」という「贅沢」な原料を使って
凛はただいま「醸造中」





ご主人様に約一か月後
極上の美酒を味わっていただくために。







DSC_0119.jpg







それじゃあね。また・・・
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
CO*0 ] page top
DATE: 2012/07/26(木)   CATEGORY: ぼくのきもち
Buleria
長く更新していませんでした。
ごめんなさい。

別に何かあったわけじゃありません。
そして何にもない訳でもありません。



家畜の凛には・・・本当に勿体ない話ですが
ご主人様と呼び名が変わったことで、関係性はより太くなり、より深くなり

なんというのか・・・
以前よりぐっと近くなった感じがしています。

そしてここを経て、これからどうなっていくのか?という予想を
前回の記事で書きました。


あれからすぐに4年目突入の記念日がありました。

その日は
ネット上の家畜小屋で、ご主人様に顔を見ていただきました。

凛は叫ぶように泣きました。
泣いて泣いてのけ反って泣いて
クラクラするまで泣きました。

そして泣きながら肉穴を弄って、涎を垂らしました。

「壊してください」凛が言うと
「もう壊しにかかっているぞ」とご主人様から返事がありました。

はい。もう凛は凛であっても凛単独ではすでに凛ではないのです。
ご主人様の内なる肉の檻に閉じ込められていないと生存できないほど
完全なる依存という鎖でしっかりと繋がれています。

ここから逃げるなんて到底できません。
外付けの檻なら何とか蹴破って出ることも出来たかもしれませんが

この肉の檻は「ご主人様を殺さない限り」出ることは不可能なのです。
しかし、それは「生存の場」を自ら破壊する行為でもあり・・・

「生きている限り」凛はここからどうやっても逃げられなくなりました。

それがとても嬉しくて、とてもありがたくて、何もかも捧げてもまだ足りないと思ってしまう。

だから泣いたんです。
いっぱいいっぱい。

ご主人様への感謝が大きすぎて、それにたいして凛があまりにもちっぽけで
苦しくなったのです。



家畜だから
泣くしかできませんでした。


ご主人様、ごしゅじんさま、ご主人様・・・ごしゅじんさま・・・・ご主人様・・・わあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああご主人様、ご主人様ぁうううううーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ日いいいいいいいいご主人様ごしゅ・・・・・・・ごしゅじんさま、ご主人様ああぅーーーーーーーーーーーーーご主人様、ご主人様、いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい・・あああああああごしゅじんさま、ご主人様rrっりいいい・・凛ああはぁご主人様の家畜・・かあああああかちくひいいぐうううう家畜ですうあああああああああああああああああああーーーーーーーーーーーーーーああああああああああああああああああああああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああご主人様あご主人さまgっごおおおごおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおひいいい凛はあああああああああああああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーギイいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

歯を食いしばって。

それから、ご主人様の全てを記憶の中から取り出せるだけ取り出して並べて
そうしたら芯からふわっと緩んで、前のめりに倒れ「ゴチン」と机にぶつかりうつ伏せてしまったのです。


ああ・・・・
ああ・・・・
ああ・・・・

うう・・・・


拭っても拭っても涙が出ました。
ご主人様の目の前で

昔は「泣くな!」と言われたけど
だらしなく泣き続ける凛を

ご主人様はずっとずっと見て下さっていました。


それは凛のもどかしさから出た、苦しくて仕方がないときの本気の叫びと涙だからだと思います。




触れられない事など百も承知。ならば「触れたい」と思わなければいいと誰かはいうかもしれない。
それでも手を伸ばして触れたいと本気で願いモニターをガリガリひっかくのが家畜だ。



思い出した・・・

6月のある日に
凛はずっとご主人様の隣に繋がれていた事を。

同じ時間と同じ空間の中で隣にただ繋がれていて
ご主人様と誰かがお話ししている時も、ただ隣に繋がれていて・・・


凛はもちろん、一言も発せず
でも、そこにはそれが当たり前という空気があって
本当に本当に嬉しかったことをじんわりと思い出す。







「自信を持ちなさい」

誇りと自信は似ているようで違う。
誇りは他を向いている。自信はこちらを向いている。

できるだろうか。凛に・・・・
持てるだろうか。自信を・・・・

持ってもいいのだろうか?

ご主人様は、檻の中の凛をみて「ああ、あそこに自信が落ちているのになぁ」と
笑っていることと思います。



ギャピギャピ泣いて
いつもいつも騒がしい家畜でごめんなさい。



金曜日の夜。
いよいよ舌にピアスが入ります。

ご主人様が楽しみにしてくださっているのが、何よりも嬉しいです。



それ以上の喜びなんて凛には存在しません。


またここでレポート書きたいと思います。

それでは、また。
CO*0 ] page top
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。