I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2012/01/27(金)   CATEGORY: ぼくのなみだ
どこかでじゃなく、確実に
飼い主様とお会いする日が・・・
日付が変わりましたので、いよいよ明日となりました。

前回の記事のどうしようもなさは、凛の自信のなさから出た半分弱音な部分で

凛自身は上手く包み隠して書いたつもりだったんですが、
もちろん飼い主様にすぐに「何を弱気になってんの?」と指摘され
わんわん泣きながら「ごめんなさい」を繰り返す凛でした。

それは「不安」とか「恐怖」とか「悔しさ」といった気持ちを上手く言葉にして説明できないもどかしさと
飼い主様に心配をかけてしまった申し訳なさ。

もちろん人というのは飼い主様を指し示す言葉ではなく
「世間」というような全般を意味しています。



いつもそうなんですが
凛はとても「言葉」が苦手です。

何か言おうとしても「えと・・・」「あの・・・・」「うー・・・」という言葉が並んで
口から何かが出てくるまでには結構時間がかかるタイプ。
丁寧にしようと思えば思うほど文字通りの「・・・・」がいっぱい並ぶことになります。

結局、次の日の朝まで「何が不安で、何が怖いのか?」をじっくりゆっくり考え
やっと言語化できた凛・・・・・。

本当に馬鹿な家畜でごめんなさい。


その考える最中で、凛はすごいことに気が付きました。

それは・・・
凛が「自信を持てる」のは飼い主様の家畜である。という1点だけで
それ以外には何の自信ももてないということです。

同時にそれは「それ以外は凛に必要ない」という証拠なのだと思います。


飼い主様に生も死も捧げた凛は、生きる理由すら必要ないのです。
凛が生きているのは「飼い主様の性処理便器」その役割を果たす為だけです。


本気で、それでいてびっくりするほど自然体で、しっかりと・・・
「どこかでじゃなく、確実に」飼い主様に繋がれた凛。


それは同時にお互いの出てくる夢をみたり
地域は違えどほぼ同時に同じ本屋さんに行ったり

ラーメンのテレビを見ていると、今からラーメン食べに行くと電話があったり
・・・もちろん、凛は汁が底の方にちょこっと残ったどんぶりを舐めるだけなのです。。

「シンクロニシティ」と呼ぶよりももっと強烈な何かで繋がっている感覚。

飼い主様と全く同じ○○という品が大阪の小屋で増えていく現実もあり
「ふん、どうせ家畜の全てはわたしのモノなんだから」という飼い主様の言葉どおり。


それが
とても自然であると感じる。

飼い主様に、捧げて当然と思う。


このどこかでじゃなくて、確実に繋がっているという実証は
最初にある「飼い主様の家畜としての自信」をしっかりと支えている。


凛が皮膚や肉を切らなくても、首を絞めなくても、死ななくても
大丈夫。

飼い主様がその手で凛を・・・・・・・痛めつけてくださるから。
これまで以上の支配で、凛を壊してくださるから。

あああああああああああああああああああああああああああああああああ・・・・・
本当にありがとうございます!!!!!



・・・さっきまでイキ狂いのオナをしていました。肉穴はべちゃべちゃで股間全部がニュルニュルしています。
気を失うことは許されていませんので、ただひたすらに肉穴を弄り倒してイクイクイク・・・

縮む一方のデカクリ、日付が変わったので、今からは触ることもできません。



そして今回の使命は「完璧な偽メスになること」

「喜べ!偽メスをさせてやろう。嬉しいだろう?」
「おっぱいを膨らませてやりたいな。」


フフ・・・・

ボロボロにしてあげようね。



もちろん、今回の衣装もチェック済みです。


「ああ、壊したい、虐めたい。」「一度、外で犯さなきゃならないようだねぇ」

飼い主様の言葉は全部実現させる為にあると思っています。




「命乞いさせたい。」
殺さないでください・・・・


あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!


締まっていく首、窒息酸欠。

叫んで苦痛に歪む顔を見る。楽しそうな飼い主様。

それだけが凛の存在をはっきりと示してくださる。
飼い主様が思うまま、やりたい事を全部。





どんなレポートになるのか
凛にもわかりませんが・・・きっと

きっときっと・・・




もっと言葉が出てこなくて不自由なヒドイ状態になると思います。


壊れています。もう戻れません。
とってもとっても嬉しいです!


鎖に繋がれ、飼い主様に過度に依存し、精子がないと死んじゃう・・・
そんな重度の中毒症状。




11月、離れる最後に新幹線の中で凛の手を握って下さった飼い主様の体温を再び

それでは今週末、雪が降り積もらないことを祈って。

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
CO*0 ] page top
DATE: 2012/01/22(日)   CATEGORY: ぼくのきもち
無題








飼い主様とお会いするまで
あと1週間です。

これ以外に

準備をしているこの気持ちいっぱいで苦しくも・・ワクワクしている・・そんな気持ちも
肉穴から発情汁が漏れないように蓋をされて、オナ狂い+前日からオナ禁という使命も

書こうと思えば書けるのですが
今は何をどんな風にかけばいいのかわからなくなってしまいました。

人が怖いのです。

凛は・・・
馬鹿にされる要素なら沢山。
褒められるべき要素なんて微塵もないと思います。


ごめんなさい。
飼い主様の性処理便器としてしっかりご奉仕できるよう・・飼い主様の為に凛は生き永らえなければなりませんので、今はそちらにエネルギーを使わせてください。


レポートは
今は書きたいと思っていますが、ちょっとどうなるか・・・わかりません。


今も何か書こうと思うと涙が止まらないのです。






5時間も6時間も白紙の画面のまま止まっています。

ほんとにごめんなさい。

CO*2 ] page top
DATE: 2012/01/10(火)   CATEGORY: ぼくのうた
psyche
今日
飼い主様との電話で「あれは一昨年前の・・・・」という自分の言葉で

積み重ねた時間にはっとする瞬間。2012年・・・・



皆様、新年あけましておめでとうございます。

新年が明けて1時間以内。
飼い主様と凛はネット上の家畜小屋で「新年の挨拶」を交わしました。

飼い主様との時間の共有が「生きる」場所であり、存在そのものを示す凛にとって
リアルに準じて飼い主様からのお電話、ネット上の家畜小屋での会話はなによりも重要な時間。

もちろん、どんな時でも凛は飼い主様の檻の中なのですが

新年早々の時間にこんな奇跡。
すごい・・!!ああ・・・どうしよう・・・嬉しいっ!!
その時、正直そう思いました。

飼い主様との時間の共有は1分1秒でも無駄にしたくない。
何を差し置いても1番に優先する「飼い主様の声」




ああ・・
こう書いていてもゾクっとしますが

それほど、何もかもを手放した凛にとって「飼い主様の声」は絶対なのです。


だからそこで発せられた
正確には画面に打ち込まれていく言葉は、全て現実になるべくして綴られていくのです。

飼い主様が「こうしたい」というそのままが凛の生きるカタチ。
それ以外のカタチなんて




ありえない。

「一度、徹底的に痛めつけないといけないかな。」
「首絞めをしてあげようね。」「命乞いをさせたいな・・・・」

飼い主様の言葉の中に「所有物だから壊れたって構わない」という“当たり前の感覚”に触れる度に
飼い主様の思い・・もっと虐めたい、縛りたい、痛めつけたい、悲鳴を聞きたい、絶望の表情が見たい
そのどれもが以前よりも「深く」なっているという事実を知ります。

でも思えばそれは「鏡」のような役割で
凛が「飼い主様の所有物として堕ちていく」と感じるのと比例の関係にあるのだと思います。


例えば

実家に帰省するあいだ肉穴にはしっかりと「栓」がされていたり
新年の二日目には「栓」の奥にローターを仕込み、寒い中を股間を発情汁で冷たくして街をうろついたり

ここまではこれまでと同等かもしれませんが

実家の大勢が集まる部屋のドア一つ隔てて、足をM字に肉穴をさらした状態の「服従ポーズ」を続けたり・・・・

凌辱一つとっても、何かが崩れれば二度ともどらないような危険な淵に立たされることが多くなってきました。

それでも
凛に拒否権は無く、全ては飼い主様の快楽の為だけに
生きているのです。


それが証拠に・・・


少しでも返事が遅れたら・・・
「その格好で家の中を歩かせてもいいんだぞ。」

そんな飼い主様の言葉にまた、それだけは・・・!!と思うのに、そうなってしまったらどうなるか考えると
恐ろしいほどの発情をしてしまう凛・・・・。

ほらやっぱり
凛には人間として生きていく価値などないと「はっきり」と答えが出ています。


年末に
宝くじがあたったら「郊外に大きな家を持つ」と話してくださった飼い主様。
「凛を地下室で飼ってください!」とお願いすると「地下室?・・贅沢な。家畜は吹きっさらし。」と言われ、しばらくそればかりが頭を巡って興奮を抑えられなかった凛・・・


家畜であって、尚も虐待を望んでしまう。

こうして書いていても
「所有物だから・・」という前提にあって、より深いところを飼い主様が支配しているという事実ばかりが並びます。


飼い主様が「大切な家畜だよ」と言ってくださるのは
凛が飼い主様以外のもので「傷がついたり、痛んだりする」のが許せないから

最近、それをヒシヒシと感じます。



言葉は吐く息と共に「psyche」飼い主様そのものだから
リアルとリアルを繋ぐ重ねるその合間に飼い主様の意思がぎっしりと詰め込まれて

「psyche」凛の生きるそのものになる。

首を絞めて虫けらの凛の最後の呼吸までも支配してください。


2012年・・・・
より一層の隷属を誓います。



そして


お知らせ。


月末に
飼い主様にお会いできることとなりました!!!




最近思います。
時間が進むとは、イコール飼い主様に使っていただくその時に近づいていくことだと。

前述したように
飼い主様との時間の共有が「生きる」場所であり、日常であり、存在そのものを示す凛は
本当の意味で飼い主様に「命」を握られているのだと感じます。


中毒症状はひどくなる一方ですが・・飼い主様との濃度の濃い時間の副作用と覚悟を決めます。




そして全てを捧げ尽くして
壊れていきたいと思っています。



次回の凛にすでに下っている使命もありますが・・・
それは種明かしになっちゃうので、内緒です。

レポートまで取っておきますね。




とりあえず本ブログもこの記事から新年スタートということで
今年もノロノロ更新になることは間違いありませんが、じっくりたっぷりと飼い主様との大切な時間の記録を綴っていきたいと思います。
また、文字ばかりの記事になる可能性も大・大・大ですので、あまり画像や動画を期待しすぎないようにしてくださいね。汗


どうぞ皆様、本年もよろしくお願いいたします。





※コメント欄のレスに関してですが、凛(管理人)の判断で凛に対する私信と思われるものについてはレスをつけておりません。ご了承ください。確実に返事が欲しい場合はメールフォームをお使いください。よろしくお願いします。
CO*2 ] page top
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。