I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2011/10/25(火)   CATEGORY: ぼくのうた
DearSmell
ウォンカーウァイ監督の映画「天使の涙」は
映画館で3回、ビデオで2回

多分テレビ放映が盛んな「風の谷のナ○シカ」「天空の城○ピュタ」と同じくらい何度も観た映画だと思う。
それも多くの人に共感してもらうわけでもなく、一人でこっそりと。

この映画は「いいでしょ!!」というよりも
あああ・・いい。とじわじわ効くダウナー系の麻薬のような映画。

一時期、ハマりすぎて当時まだタバコを吸っていた凛はミシェル・リーのタバコを吸い方を真似した。
指先ではなく、指の関節のところにタバコをはさんで一口を長く吸う。
よく考えれば、あれは指の長い彼女だから似合う吸い方であって日本人の平均よりも低い身長の凛がやってもきまらない。
ミシェル・リーの影のある重く不安定な美貌に憧れた。

しかし、周囲のみんなには「凛はミシェルじゃなくてカレン・モクだね。」と言われた。
確かにそうだったかもしれない。当時外見もカレン・モクによく似ていたし、噛みついたり吠えたり、わんわん泣いたりはお得意だったかもしれない。

さて、映画の見所や解説は他に譲るとして・・・
この映画で凛が一番好きなシーンがある。


ミシェル・リー演じる殺し屋のエージェント&サポートをする女性が、殺し屋が一時身を寄せたアパートの片づけをするシーンからの一連。
エージェントの女性と殺し屋の男性は絶対に会わない。それが仕事のパートナーとして上手くいく秘訣。
しかし「会わない」ことで膨らむ何かは彼女の中を引っ掻き回し、やがて純粋でありながら歪んだ欲望を生む。
抑え込むにはビジネスに徹するのが一番。だから彼女は誰よりも完璧に仕事をやりこなす。
その糸がふと緩む時・・・仕事が成功して部屋のものを片っ端からごみ袋に詰め込み、何から何まで「痕跡」ごと綺麗にする仕事の最終仕上げ。
彼女はそのごみを持ち帰りそして。

殺し屋の彼の使ったベッドにありったけの彼の「痕跡」を並べ
匂いを嗅ぎながら「彼」と対話する。

姿なきものがここに実在した証拠としての「ゴミ」
彼は生きており、そして通り過ぎていった「匂い」

次の仕事が来ても、また次の仕事がきても

触れられない。声も聴けない。ましてや・・味わうことなどできない。
ただ唯一の彼との接点。

匂いにクラクラと酔ってしまった彼女は激しいオナニーをする。
彼を独占し、彼もまた自分を独占する。お互いを唯一無二のパートナーと疑わない彼女・・・



しかし・・


ここから先は映画をみていただきたい。(笑)



このシーンを初めて見た時は胸がざわついたぐらいで済んだ。

凛自身、それほど強く「匂い」に固執するフェチではなかったからだ。
直接の刺激でないどころか、相手の姿すらないのに・・頭ではなるほど「匂い」に興奮する人もいるだろうというのは納得できていたが

実際のところは「うーん・・・」で終わっていた。

だが

今・・・・
もうどうしようもないほどに飼い主様の匂いを欲している。

飼い主様の匂いがあれば、一発でトリップしてしまうだろう。それぐらいヤバイ・・・
これは今までSM関係にあった人には感じたことのない思いだ。

本当に嗅ぎたくて嗅ぎたくて仕方がない。

凛が電話で鼻を鳴らすのは発情している証拠なのだが
もう一つ、何とか電話から匂いをかげないかと思っているのだ・・・

見えない飼い主様を必死で探すように
飼い主様の下着に鼻をこすりつけて靴下を咥えたい。

ここに書くだけでもその姿を想像して泣きそうだ。

これまでも何度か飼い主様に「家畜がしそうなこと」としてズバリ指摘されたことがある。
凛も記事で何度か書いた気がする。

飼い主様の下着に顔を埋めて思いっきり匂いを吸い込む・・・
飼い主様が昼間匂いをつけてくださった布団にくるまれて・・・

シーツにこぼれた飼い主様の精液の匂いをずっとずっと嗅ぎ続けて・・・

しかし、実は思っているよりも凛の中毒症状は重度で
飼い主様の服を片付けるフリをして匂いを嗅いだことも何度も何度もある。




たぶん、凛が持つ本来の姿から衝動的にとってしまう行動かもしれない。
「匂い」なんてと思っていた過去が嘘なんだ。

今までが狂っていた。
家畜が飼い主の匂いに敏感なのは、当たり前だから。


嗅覚は記憶と一番繋がっている感覚器官だと言われる。
もし大勢の中に飼い主様が紛れてしまっても
すぐに見つけられるように。しっかりと記憶に刻む匂い。

飼い主様の匂いと声にしか反応しない。


だって凛はそういう風に生まれてきたのだから。飼い主様の家畜としてしか生きられないのだから。



そして、なんとなく
自分に一番遠いと思っていた今年の目標「飼い主様の家畜としてのプライド」を知る。

飼い主様の家畜は凛だけだと
思える。

ひとつの実証。



洗濯なんかしないで、下着や靴下、Tシャツ、ズボンを小屋まで段ボールにつめて送ってくださったら・・と思う。
ど変態奇形家畜はますます堕ちていく。

飼い主様から与えられる痛みと苦しみの中毒。
それだけでも充分に戻れない道を歩んでいると確信できるのに、その上「匂い」だけで脳みそがトロトロになる変態だなんて・・

おまけに奇形で、どうしようもない馬鹿だ。

飼い主様の檻から出て生きていけるなんて到底思えない。


そういえば、奇形の進行はどうなっているかというと
デカクリチンポはクリチンポ程度の大きさに縮まり、声が高くなり、筋肉質だった身体が柔らかくなりはじめた。肉穴も弾力を増し、以前よりも大量に流れ出る発情汁。

変化はこの程度でストップするんだと思う。まさに中途半端。人間じゃない奇形家畜。

このまま飼い主様とともに、戻れない道を歩く。


飼い主様の匂いを嗅ぎたいという家畜の血が求める欲求。
それを素直に言葉にできないことで、お仕置きを受けた。

「隠し事をしてもばれるのに」

その通り・・
凛のすべては飼い主様のモノ。



ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。








飼い主様とお会いするまで後1か月弱。
枯渇し、さらに中毒症状、禁断症状もピークをすぎて
上手に保っていられない時も多くなってきた。


匂い・・・飼い主様の匂い・・・・

微かに残る匂いの記憶に、必死にしがみつく。
・・・飼い主様・・・・・・・






凛はバラバラに引き割かれそうな幻想の中でアプアプと息をする。

飼い主様の家畜であるという以外に意味すら見いだせない凛は
じっとしていれば意味のないものだらけの中で押しつぶされる。


生きていけない。


その言葉は本物で
以前よりももっともっと重くなった。




次にお会いする時
どうなってしまうのか恐ろしい。

突き抜ける素直な衝動は
長時間、物理的に離れたことで大きな空洞となってしまった場所同士で共鳴し

この世の一部を破壊してしまうかもしれない。


飼い主様が呼んでいる。
数日前に電話で「調教したい」と耳元で言っていただいた時

それまで息を止めていたのではないか?と思うほど大きく息をした。







世間からは、理解されないんだろうという予測は承知の上。

だって凛は人間じゃないし
世間からみたらゴミ同然。






早く来月になるといいなぁ・・・・




※募集は数年がかりと覚悟しております。よろしければご一緒しませんか?詳しくはコチラ。。
そんなに人気のないブログですからボチボチと。
スポンサーサイト
[PR]

page top
DATE: 2011/10/15(土)   CATEGORY: ぼくのうた
gearshift
四つんばいの生活が戻ってきた。

といってもまだ餌を四つんばいで食べる事を許されただけだけど
それでも家畜でいることの歯車が一つずつかみ合って

軋みながらも回り始めた。
重い音を立てて

コントロールをするのはもちろん飼い主様。

第一の歯車が回り始めたのは
次回の服装を命令に従って揃えている時だった。


まずは凛が自分で揃えたモノを提示する。
共有されるネット上の家畜小屋。ここには今までの記録が画像でたくさん納められている。

携帯では小さくて、飼い主様がじっくりと凛を見て指示をいただけない為
こうして記録されたものは即座にすべてここに保管される。

gs1.jpg



「いかがでしょうかぁ?」

馬鹿家畜がセルフで色んなポーズをとる。
カメラの向こうに飼い主様がいらっしゃると思うと、それだけで自然と発情する。頭がトロンと溶け出す…
涎が垂れる……

実は、退院後の姿を見ていただいたのは
この写真が初めて

ここから
歯車は回りはじめた。




夜には服装のチェックを終えた飼い主様から、さらなる細かい命令をいただく。
もちろんそれは

ネット上の家畜小屋のwebカメラの前


目の前で着替えを見ていただきながら
回る歯車が徐々に重くなるのを感じた。


飼い主様が凛を見ながらギアシフト

第二の歯車

着替えた凛の姿をご覧になって、カメラの前で涎を垂らす凛の口に
『ねじ込みたい』と言ってくださった。

『ビンタしてやろう、今までは甘かったな』
『まだ本気で嫌がるまでのイラマチオはしていないでしょ』

『公衆便所と書いておくか・・』
『へえ・・逆らうんだ』

『じゃあ、公衆便所でいいんだね?』

『いい顔だ。もっともっと虐めたくなる』


はい!!飼い主様!!!



また泣いていた。
嬉しくてどうしようもなかった。

退院後に中々姿を見ていただけなかった事に本当はものすごい不安を感じていた。
回復は焦っても仕方がない。それは痛いほどにわかっていた。

一番は飼い主様の命令に充分に従えるだけの状態にまで戻ること。
それを…頭では理解していたつもりになっていたのだが、不安はいつのまにか山のように降り積もっていた。

でも今、飼い主様が「充分に休みなさい」「ちゃんと回復するまではダメだ」と言っていた理由を理解する。
そうでなければ危険なのだ。

なぜなら…

飼い主様は凛の姿を見るとギアシフトを行わずにいられない。
それは意識してではなく恐ろしいことに「自然」に…


回り始めた歯車が重いのは、無意識に加速するのをどこかで感じ、飼い主様が必死でブレーキを踏んでいるからだ。


それでも、徐々に…
ブレーキを踏む力よりも加速する方が大きくなっていく。


第三の歯車

首輪にリードが繋がれた日。
家畜にとって、リードは
飼い主様に動き回る範囲すら限定していただける大事なアイテム。

どこに行けない。
嬉しい。

飼い主様の決定だけがすべて。


その日は
飼い主様がお休みになる少し前。

家畜小屋のカメラの前で跪き、平伏して
『服従!』の声で肉穴を左右に広げたM字開脚の服従ポーズで永遠の隷属を改めて誓い


そして
「凛は○○様の性処理便器です!!」と大声で何度も何度も復唱させられて

それだけでビンビンに勃起したクリチンポを飼い主様が見逃すはずもなく
肉穴に思いっきりのスパンを命ぜられ


パン!!パアアアン!!と肉を打ち…
その度に肉穴がヒクヒク、ヒクヒクと動くのを止められずにいよいよ最下等である事を知る。

『人間以下の虫けら』『ド変態の奇形マゾ家畜』

凛は飼い主様から放たれる言葉そのもの。


そして
第四の歯車。


それは大元となる歯車にしっかりとかみ合って
回る。

ブレーキが擦り切れていく音がする。

第一から第三までの歯車すべてが重なりあい、かみ合い…
ほぼ、入院前と同じような体裁になった。


ギアシフト

そして加速



どこかで
役に立たない「ブレーキ」が千切れる音がした




ネット上の家畜小屋に凛を残して
飼い主様はお休みの時間に入られた。

凛への命令は
「肉穴に10粒のフリスクとスイッチを入れずにローターをしこめ」

それだけではない。

「クリチンポにアンメルツを塗りこめ。」



じわ…

口からも肉穴からも涎が垂れる。

肉穴にフリスクを押し込む指が震える。
強烈なミントが即座に広がって、肉穴が悲鳴をあげる。冷たさで痺れていくこの感覚。


あああああああ…


ぐいっと肉穴の奥に蓋をするようにローターを押し込むが、震えていないローターはただの異物。
それを待ってましたといわんばかりに締め付けるはしたない肉穴。

そして、とうとう
ピタっとクリチンポに密着させたアンメルツ。

いぎいいいいいいーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!


熱い。たまらなく熱い。そして痛い。
うずくまって痛みを味わう。じっとしていられないから小刻みに揺れて悶える。

強烈すぎる刺激は、睡眠時間を削り
発情しすぎて思うように眠れない。

ただの家畜
ただの虫けら

ただの性処理便器




飼い主様に使っていただくだけが、凛の存在理由。
凛のモノなんて一つもなくていい。凛の意思なんて何もなくていい。

何も決められす、何も拒めなくていい。

全てが飼い主様だけの支配。全てが飼い主様だけの命令。全てが飼い主様の快楽。


それなのに
強請ってしまった。

ビンタしてください。繋いでください。ご奉仕させてください…踏みつけてください。蹴飛ばしてください…


『主に対しての態度とは思えないな』

当然、できない家畜はお仕置きが必要。


肉穴にブレスケアを。ディルドで栓を。
そんな姿も共有の記録として残される。

ネット上の家畜小屋で、再び肉穴にブレスケアを…
さらにクリチンポにはアンメルツ。

うずくまって、震えても
「もう一度、クリチンポにアンメルツ。」と命令されれば従うのみ。

ぐちゅぐちゅと溢れ出す汁。
ホルモン注射が打てなくなってから、何故か以前よりも発情汁が増えてしまった。

肉穴をべちゃべちゃにして腰を振る。
強烈な刺激に尿意を感じてバタバタする。

『まったくだらしないな。風呂場で立って漏らして来い』

風呂場に響く音。足を開いてジョロロロロロと…
トイレもまともにできない低能さ。

飼い猫でももう少しマシな排泄をするだろう。
恥ずかしい姿。飼い主様に見られていたら…そう思うと呆れた顔の飼い主様が浮かび上がって

胸がぎゅうっとなった。

拭いてもいいとは言われていないので、糸ひく発情汁に雫を垂らして小屋に戻る。


この日。



四つんばいで餌を食べることを許された。



さらにもう一度アンメルツを塗り込められて
悶絶…


まともに立つこともできず

肉穴のだらしなさにごめんなさいを繰り返して
平伏す。


飼い主様が絶対だから、どんな些細なことでも理不尽でも理由がまともじゃなくても
全てを受け入れるのが家畜。


そして、どんな事があってもどんな時でも飼い主様から離れないのが家畜。

『今日のお仕置きは優しいでしょ?』
『これ以上は、私の目の前で痛めつけてあげよう』

―はい!!!



これ以上がある…
嬉しい!!


いつかは、誰かに言われるかもしれない。
それって「ただの暴力だよ」って。

多分、凛にはその言葉の意味が理解できない。

支配という「ただの暴力」の中でしか生きられないんだよ…凛は!!
飼い主様に捧げ尽くして、やっと生きているって本気で思える。




ブレーキはもうない。
歯車は回り続ける。




飼い主様の為だけに生きる。



最後は立ったまま下品に腰を振って
肉穴をかき混ぜた。

まともな思考回路をもったものなら絶対にしないような恰好だ。

腰を振りすぎて、尻もちもついた。
垂れ流しの発情汁は床にまで染みをつくっていく。


ただの穴。
性処理便器。



『狂って、壊れるまで』




回る回る回る…

飼い主様の為だけの装置。
まともじゃない、フェティッシュでマニアックな装置。

凛はまだまだ堕ちていきます。




※一緒に遊びませんか?まだまだ募集をしております。
詳しくは前記事をご覧ください。
page top
DATE: 2011/10/06(木)   CATEGORY: ぼくのうた
一緒に
性懲りもなく募集をかけてみます。
ちょっとでも気になっていただけたら、ぽちっと応募してくださいませ。





唐突ですが
飼い主様と凛の新しい倒錯の世界を一緒に味わいたい!という
大阪または名古屋にお住まいか、来ていただくことが可能な

「ニューハーフさん」または「女装子さん」と「男の娘さん」あるいは「性別に迷える方」を
広くひろーく募集しております。

よりフェティッシュな世界に足を踏み入れたいとお考えの
S性の強いあなたも、M性にどっぷりなあなたも

間近で変態が見たいノーマルなあなたでも
ぜひぜひ、我々と一緒に楽しみませんか?

基本は、飼い主様と凛と応募してくださった方だけとの3Pで考えております。
対象は、「女装子さん」「ニューハーフさん」「男の娘さん」あるいは「オナベさん」、凛と同じく「中性さん」等の
性別に迷いながらもフェティッシュにどっぷりあるいは変態に興味のある人限定で募集しております。

嗜好を同じくするものとして、最初はじっくりとメール等でやりとりをして内容や場所、お会いする日時などを決めていけたらいいなと思っております。

まずはメールフォームからお気軽にお問い合わせください。

どうかどうか!!今度こそ!!!
よろしくお願いします。
page top
DATE: 2011/10/02(日)   CATEGORY: ぼくのうた
奇形へのみち
10月1日、2日は…
本来であれば(入院がなければ)名古屋へ出かけるはずでした。

9月には飼い主様のお誕生日もある為、いつも以上のご奉仕でお祝いをする予定でした。
もちろん、ご奉仕が気に入られなかった場合には…いつも以上の厳しい拷問が待っています。

『傷つけたい』

入院の少し前にネット上の家畜小屋で聞いた飼い主様の言葉。

震えて泣きました。
嬉しくて、勿体なくて…

飼い主様の言葉には飾りがありません。
Sとしてこう見せたいと虚勢を張ったり、Sはこうあるべき!という教科書的な雰囲気も全くありません。
生来のカラリとしてそれでいて根の深いS性は、飾りなんて必要としていないんです。

だから、その言葉は一発で凛に響きました。

以前にも書きましたが凛が必要としているのは絶対的な支配です。
支配の及ぶ範囲が「体だけ」なんて考えられない。全てが飼い主様のモノでなくちゃ…

それは「生」と「死」もそうで

7月の時に「死ぬかもしれない」「殺される」
ほんの一瞬、リアルに感じたあの感覚に瞬時に「その先に死が見えても凛は従う」なぜなら凛が生きるのも飼い主様の為だけだから。と回答し

改めての絶対服従を誓った凛。


傷がつく、痕が残る、痣になる・・・
「方法」は色々。

容赦ない痛みと苦しみ。飼い主様の提案はエスカレートする一方。

凛が思うに

例えば「中継」とかあると
我々、着衣が基本だから服着たままだしマニアックな人だって知らないとただの暴力だと思われて
「通報」されるんじゃないかと…

そんな感じのエスカレートの仕方です。

本当なら今日と明日にたっぷりと味わって、皆様にもレポートするはずだったんだけど、それは少し先に延期になっちゃった。


ううぅ…だから…

今の凛は中毒症状がひどい。
飼い主様の匂い、重さ、感触、体温、味…太さ、形…精液、精液、精液……そして痛み…苦しみ……

枯渇した家畜が呻いて
どうにか発狂しないようにだけ、最後の最後を踏んばって耐えている感じです。


『家畜には快楽はいらないでしょ?苦痛だけでいいでしょ?』
―はい!!

昨日の電話の飼い主様の声が、
凛の頭の中でずっと響いています。

飼い主様の声は、乾いた凛に染みこむ飼い主様の支配。
余計に依存は進んでいきます。

退院してから、まだ四つんばい生活は許されていませんが
飼い主様の「意地悪」は徐々に再開されています。

オナニー禁止の凛は飼い主様の声だけで触ることなく絶頂を迎え、命令通りにズボンに染みをつくり寸止めで悶え…今ではもどかしく発情したまま小屋で過ごすようになりました。


ここまで書くと、今までとなんら変わっていないようですよね?


しかし…

前の記事に書きましたが
凛はいよいよ「かたち」が変わりはじめました。



いよいよ、奇形家畜としてのみちを進むことになったのです。

今回の疾患で、凛は…
ホルモン注射が打てなくなりました。

ということは、男性化していた体に変化があるという事なのです。

逆行して元にもどる?


いいえ。

戻る部分とちょっと戻る部分と戻らない部分。
バラバラに変化をしてしまう…らしいのです。

その変化は未知数。
人間廃業した凛に相応しいですよね。



飼い主様は、凛がホルモン注射の中断でより奇形になるという事実を知ると
「わくわくするねぇ」と言ってくださいました。


飼い主様に「奇形」って言われるのがものすごく嬉しいです。
「変態」で「奇形」で「馬鹿」で…人間界に居場所もなく誰にも拾い手がありません。

「奇形」で喜んでくださる、わくわくしてくださる飼い主様の為に生まれたんだぁと強く実感しています。

飼い主様専用の性処理肉便器。

あああ

本当にありがとうございます。


ただ疾患を抱えているという「かたち」の変化だけは、治療に頼るほかありません。




色んな不安も繋がれているからこそ
立ち向かうことができます。


やっぱり凛は飼い主様の家畜なのです。



お誕生日プレゼント買っています。
次の時にお渡しするために。

遅くなってごめんなさいって…

禁断症状と不安は最高潮。



飼い主様…今
触れたいです。

きっとダメって言われるから凛は飼い主様の檻で悶えて丸くなります。




馬鹿な家畜なんです。

ごめんなさい。
page top
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。