I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: 2011/01/30(日)   CATEGORY: ぼくのきもち
感染る(うつる)
先々週の飼い主様からの電話で
話題になっていた事は飼い主様周辺の「インフルエンザ」と「胃腸風邪」で

それこそ、飼い主様から「微妙な腹痛がある・・。」とメールいただいた時には飼い主様がついに感染か??
とオロオロした凛でしたが

先週になり、まさかそんな自分が「急性胃炎」で倒れる事になろうとは思ってもみませんでした。汗


感染。

例えば地域的にも近くて
度々接触できるほどの距離であれば、「感染る(うつる)」可能性も大いにあるでしょう。

しかし・・我々は名古屋と大阪。

接触はネットと電話。
「感染」のルートなどあろうはずもないのに・・・

凛は倒れちゃうんですよ。まるで飼い主様がすぐ側にいるかのように。



「飼い主と同じ様に調子わるくなるのか?」
電話の向こうの飼い主様が呆れながらも笑ってらっしゃるのが感じられて・・・

「はい。」
なんて返事をしながら、嬉しくて嬉しくてお腹が痛いのに悶えたりして


「こらこら。調子が悪いのに発情するんじゃないよ。」
と窘められた凛なのです。



感染。


12月の軟禁生活の時に
飼い主様の風邪をきっちりいただいて帰った時も・・

自分の身に起こる症状全てが、電話できいていた飼い主様の症状と全く同じで
飼い主様にいただいた風邪なら治りたくない!とか勝手に思ってました。

ほんと・・



馬鹿な家畜なんです。



そんなそんな馬鹿な家畜は・・・




数日前
ちょろっとパニックで・・

小屋に居て飼い主様を待つのが当たり前の凛なのに
身の程をわきまえずに飼い主様を求めて悶絶して唸って

床を転げまくっていると

「小屋でおとなしく待ても出来ない家畜なんだねぇ。また精子を漁りに行かせようか。」と飼い主様から言われ

もっと苦しくなってどうしようもなくなって
結局「ごめんなさい」を繰り返す羽目になってしまいました。


後でよくよく気が付いてみると
名古屋と大阪という距離があるわけだから、飢えていてもそうそう簡単に飼い主様の精子はいただけないわけで・・・

見境のない飢えた家畜なら、近くのおチンポにぱくっと食いつきそうなもの。

でも・・凛はしっかりと調教されていて
飼い主様の支配下にいる不自由に感謝しているマゾ飼い豚なので

今ここではっきり断言できるのは
いくら飢えていても目の前におチンポを差し出されても、凛はそれが飼い主様のものじゃなければ奉仕するに値しないし

躾けられた動物は飼い主からしか絶対に餌を食べない。

飼い主様が凛の絶対的支配者で・・・・・・・
飼い主様が用意したフィールドの中でしか生きていけない家畜なのです。


それが飼い主様の命令であって、飼い主様がそれで喜んでくださるというよほどの確証がなければ・・・
他人様棒に奉仕する事はおろか、ニアミスを起こす事も考えられない。



だから飢えても飢えても
飼い主様の「苦しみなさい」という声に

喜んで従います。




凛は飼い主様の所有物。
それ以上でもそれ以下でもない。

凛の価値は飼い主様が決めてくださる。



いつもいつも感謝で溢れています。
どう言葉にすればいいのか・・伝わるのか。。

凛の拙い言葉で伝えられることなんか10%にも満たないんだろう・・・と時々もどかしく感じます。



飼い主様への過度な依存。飼い主様の精子中毒。
凛にとって治らなくていい病気です。^^

しかし・・・
いつもながら禁断症状はキツイです。今回のこのちょろっとパニックも確実に精子切れで・・

もちろん飼い主様にはバレバレ。






やっぱり凛は飼い主様の用意したフィールドでしか
檻でしか生きられない家畜。


人間凛を蝕む「飼い主様」という感染は・・
確実に凛を家畜へと堕とす。






苦しくてもいい。治らなくていい。だからもっと凛を奪ってください。










2月の末に名古屋に行きます。
よく考えたら1カ月を切っていました。

場所は前の軟禁生活と同じマンション型宿泊施設。

もっとフェティッシュに
そしてもっとボロボロに

機会あれば我々と話てみたい、遊んでみたい方からの接触も
毎度ながらに・・でも期待せずお待ちしております。





今日も寒いです!

皆さんは風邪とか~
ひかないで下さいね。^^


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
page top
DATE: 2011/01/17(月)   CATEGORY: ぼくのうた
もっと不自由へ②
凛の不自由は動かないことじゃない。
凛の不自由は動かせないことじゃない。


凛の不自由は・・
飼い主様の命令通りに動くこと。指1本でも勝手な動きは許されない。






凛のモノなど何もない。全部・・全部が・・・・・






飼い主様だけのもの。







「よし。じゃ、肉穴に中指を入れてみろ。」

発情し、そこを触る事も出来ず冷たく刺激され
いよいよ気が遠くなりそうな凛に、飼い主様からのこんな言葉。



ーはいいいいいいいいいい!!!あああああ・・・・ありがとうございますうう・・


飼い主様の指示によって肉穴に潜り込ませた中指は
もちろん飼い主様の指示なしてでは動かすこともできない。





「肉穴に入ったか?その指をぎゅっと締めつけてみろ。」

ーはいぃ・・うっ・・・


締めつけるだけでいきそうになる。ギュウギュっとするたびにビクビクと肉穴が痙攣しているのがわかる。


ーあああああ・・いいい・・・いきそ・・・


いってもいいという許可は出ていなのに、勝手にイク事はゆるされない。
飼い主様は凛の訴えをすっかり無視する。


当たり前なのだ。
家畜の望みを叶えるのは躾けではない。

飼い主様の涼しい声がさらに耳元で続く。



「さ、もう一本いれよう。」

ーひうううううう・・・・ぁうう・・は・・はいいいい!あ、あ、あ、・・ぅう!!○○様ぁ・・しゅごおい・・ビチャビチャ・・

ああああいっちゃううううよおお・・ひいっ!!


「上のザラザラした所をぐうっと押してみようか。」


ーああああああそおおおおんなああああああああああああああああああああああああああああああ、あ、あ、、あ、あ、あああああ

あああ・・・・・・いぐううう・・


「さあ、もう1回だよ。」

言われるまま
言われたとおり

その通りにしか動けない凛。動かない凛・・・すべてが飼い主様の言う通り。


いきそうになるのを必死で耐える。
下品でどうしようもなく発情した声が絶え間なく漏れる。


ーひぐうううううう・・・・・・・・・ああいじゃあああうううよおぉぉぉおーーーーーーーーーーーうううううううう・・・・


「いったのか?」


限界でも、踏ん張っていた。
飼い主様のお許しがあるまではイクわけにいかない・・・・





のに・・





ーいってぇ・・・・ません!ああああああああ・・いぎいいそうう・・ううううううううう



耐えようとする度にビクビクビクと肉穴が震えるのだ。
虐められ、意地悪をされ、飼い主様に思うように使っていただく。

飼い主様の声で堪らない発情の中にいるのに、凛の一切は封じられている。


その不自由さが何もかもを加速させる。






ーああああああああああ・・いがないいいいっ!!いかないですう・・・あああああああああああああいいい凛頑張るうもおおん・

・・・・ひいいいいいいいいいいいいいいいいいっ!!

肉穴の奥をぐいぐい押しつつ涎を飛ばして不自由さを貪る。




「ふん。じゃ、そのままゆっくり肉穴の中をかき混ぜろよ。」

はい、1かーい。
はい、2かーい。

指で肉穴をかきわけるようにして、中で指を回す。
ウネウネと波打つ肉穴が嬉しそうにギュギュと収縮をはじめ、涎を垂れ流す。


ーぎぎゃあああああああああああ・・dあっめええ・・いぐyすうういg・・いくよおおおおおおおぐあああああ


目の前がスパークして限界を知らせる。


「ほらゆっくりかき混ぜろ。」

はい、もう1かーい。



ーfっゆうううういいいいいいいいいいいいいいいい!!!!!!!


はい、もう1かーい。


ーいぎゃああああああああああああああああああああああ・・・・・!!!!!!!!!!!!!!


さ、もう1回。






ヒクンヒクン・・
トクン・・・トクン・・・・






言われたままに動かし続ける指。
昇りつめた限界が、凛の歯止めをぶち壊していく。




ー・・・・・・・・!!!!!!!!!!!!!






一瞬息が止まってそれから
ビク、ビク、ビクという痙攣が繰り返される事となった。










あ、あ、あ・・・・・・・・

いっちゃ・・・・ぅ・・・









そう思った時には、もう天辺をぶち抜いて
肩を震わせながら誤魔化せない失態を洩らす。




「いっちゃいい・・まし・・・・・た・・」

う・・・・





















うう・・・






ごめんなさい!!!










1度絶頂を知った肉穴がもっともっととパクパク口を動かす。



「ふん。お仕置きだな。」



飼い主様の言葉はもっともで、凛はしゅん・・と項垂れる。


ーごめんなさい。


「まったく。肉穴をかき混ぜたいというから指を入れてやったのに。」


ーご・・ごめんなさい!!


「お仕置きだよ。ブレスケアを入れなさい。」


ー・・・・・はい。


「もっと肉穴をかき混ぜたいんだろう?ディルドを持っておいで。持ってくるときはどうするかわかるね?」



ーはい!



ディルドは口に咥えて四つん這いで運ぶ。
家畜の基本だった。


どんなに恥ずかしい格好でも
飼い主様が決めた事は絶対。

その狭い檻の中でこそ安心する。




ああ・・・飼い主様。






この不自由さに飼い主様を感じる。




再びブレスケアの入れられた肉穴を持ってきたディルドでかき混ぜる。
奥に押し込む度に、強烈ミントが肉穴に浸透していく。


ーかはああ・・・・

痛くて、冷たくて、熱くて・・

新しいアイテムの使い心地を飼い主様はゆっくりと確かめる。







凛は不自由の中にゆっくりと沈んでいく。










飼い主様の家畜であること以外に
凛の存在を証明する方法が見つからない。









どんな事があっても
いつでも・・何をしていても誰といても・・どこに居ても・・凛が生きているという事は
飼い主様の家畜であるということだから。




今日も安心して家畜小屋にいます。
飼い主様・・・聞こえますか?













凛は飼い主様の檻の中
ここにいます。








page top
DATE: 2011/01/15(土)   CATEGORY: ぼくのうた
もっと不自由へ①
解放=不安

拘束=安心

自由=孤独=絶望

不自由=依存=幸福







もっともっと堕ちる。
すると凛はもっともっと幸福になる。

ギシギシする音がするほど束ねられて不自由になった状態で
何一つ自由に動かす事などできず

全てを飼い主様が支配し、コントロールする。
飼い主様の望まない動きを一つでもしようものならビンタや蹴りが飛んでくる。


躾けは飼い主様そのものの注入。
飼い主様のお気に入りから・・所有物、そしてやがて飼い主様の一部になる。


個も我もなくていい。

もっと飼い主様の狭い檻の中で
もっともっともっと・・・・不自由になりたい。





前の記事を受けて
これからのフリスクの代わりはブレスケアと決まった。

フリスクの溶けた甘味料独特のベタベタ不快感も「肉穴周りを汚した発情マゾ豚」の自覚が出来て
それはそれでよかったんだけど

それよりももっと強力に凛を狂わせたいというのが飼い主様の狙い。

明らかに液体を閉じ込めたソフトカプセルのブレスケアは、溶けだした固体とはミントの威力が違う。


命ぜられるままに
帰り道に肉穴に仕込んだブレスケアは

大阪の小屋に続く・・あの以前飼い主様が大阪に来て下さった時に四つん這いで歩いた廊下の途中でプチンと弾ける。


中からピュっと飛びだしたミントは凛の肉穴の壁にぶつかり、そこからじゅわっと広がり流れていく。



「うああああああああああ・・・あ、あ、あ・・・出てる・・ミント・・あ、凄い・・しみていく。ああ!!」


強烈さに悲鳴がもれる。
もちろん飼い主様は凛の悲鳴が大好物。

「いい声が出でてるね。もっとなかせたいな。ふふ。そんなに強力なんだ。いいねぇ・・」


しみていくミントに急激に冷やされていく肉穴は、外の冷気とあいなってこれ以上ないほどに冷たく感じるのだが・・
もう手がつられないほどパクパクヒクヒクを繰り返している。





嬉しい、嬉しい・・嬉しい!!って。
もっと虐めて下さい。って・・・まるでおねだりするように。





流れ出たミント入りの発情汁が垂れ落ちてくる。
肉穴の周りは痛いほどの冷たさだ。





「おおおぉ・・・ああああ、冷たい・・あああ・・に、肉穴触り・・・たい!!」


じとしていられない強い刺激に絶えず腰を振り
ビンビンビンと脈を打つ肉穴になんとか刺激を与えようとする。

今は・・そう、飼い主様から肉穴を弄る許可がでていない。
どれだけ狂っても飼い主様の許可が出るまでは指1本触れられない。



凛はそういう不自由さを感じでこそ安心する。
悶えて、苦しんで・・




飼い主様に隷属するのみ。




「後で指示するからね。フフ・・しっかり悶えていなさい。」



ーあああ・・・はい!○○様ぁ・・・・




両足を擦り合わせて、じわじわと確実に広がる「ミントの染み」を耐える。
どんなにしても逃れられない。


ここは・・飼い主様の檻。


電話は切れた。
しかし、凛の頭の中で飼い主様の声が聞こえている。

その声はいつだって「楽しそう」で弾んでいて・・・






凛を縛りつけて突き落とす。
飼い主様が用意した絶望という穴の奥へ。何もかもを奪われてもっともっと奥へ。


凛にとっては意味のない「日常」をフラフラとさ迷って
「非日常」という飼い主様にたどり着く。



ほらやっぱり。
ここが凛の居場所。





「どうだ?」


再び電話を頂いた時・・長く続くミント成分の冷感と疼きに発情が高ぶってしまい
ぐわんぐわんと眩暈がしてうずくまっていた。

「うううう・・・・○○様ぁ・・すごいです・・まだスースーして・・ああああ・・・肉穴・・ぐちゅぐちゅしてます。」

報告をしながら腰を振り、肉穴に触れない指先を握ったり開いたりしていた。


「そうか。じゃ、もう一つ入れなさい。」

ーひっ・・・ううう・・・・

「嫌なのか?そうか・・嫌なんだな。そうかそうか。」

ーああああああああああああああ・・嫌じゃないです!!!ああああ!!!ブ・・ブレスケア入れさせてください!!

「フフ。じゃ、入れてごらん。」



ーはい。






こんなに冷たく感じているのに
肉穴の中は熱い。

入り込んだ指を嬉しそうにヌメヌメと咥え込んで、チュパチュパと吸い上げている。
凛は肉穴そのもの・・・中の肉壁がウネウネと蠢いて、涎をたらして性処理に使っていただくのを待っている。



凛の存在そのもの・・
飼い主様専用性処理穴家畜。

精液肉穴便器・・・




チュパチュパ・・ウネウネ・・ギュギュギュ・・・

モノ欲しそうな肉穴にブレスケアを仕込んですっと指を抜く。
入れてすぐは何の変化もないが、しばらくするとじっとしていられないほどの刺激が襲う。




「・・・・・・・・っく・・・あああああああああーーーーーーーーーーーー!!」




に・・肉穴触らせてください。あああああ・・凛お・・・おかしくなっちゃうよおおおおおおおおおおおお・・
あーー・・・お願いします!!凛、何でもいう事ききますから、肉穴・・肉穴かき混ぜたいです!!

ひいい・・ぐうううううう・・・○○様ぁ・・・!!!!!!





小屋の床を転げ回って刺激に耐えている。


「ふふ。いいねぇ・・今度は縛っておいて肉穴に仕込んで放置だな。」
「狂っていいんだよ。もっともっと狂いなさい。」


飼い主様の言葉ひとつひとつが凛をさらに縛りつける。
飼い主様の支配で不自由になっていくその中でしか、凛は本当の姿をさらけだせない。



「うーーーーーーーーーーーーーーぐううううううううううううう・・あいいいいい・・うーーーーーーーうーーーー」





ガリガリと床を掻いて、肉穴への刺激を甘んじて受ける。

ああううう・・・あううううう・・・・


家畜として
飼い主様の命令が絶対。



もっと・・






虐めてください。








凛はもっともっと不自由になりたいのです。
page top
DATE: 2011/01/09(日)   CATEGORY: ぼくのきもち
Be Pleased!!
前の日記の画像は
大晦日に大阪の小屋で1人パシパシ撮ったものです。

この撮影の後、31回連続絶頂オナニーを開始し
肉穴はドロドロ、服はめちゃくちゃ・・そこらじゅうに発情の匂いをまき散らして

アヘ顔のまま涎を垂らすという家畜らしい状態で2011年を迎えました。

もちろん、飼い主様の命令です。
命令なしで凛は飼い主様のモノである肉穴に勝手に触ったりできません。




今も・・・
肉穴を触る事を禁じられています。

お昼前に肉穴に仕込まれたフリスクはあっという間に溶け出して
肉穴をジワジワと冷やし、あふれ出た発情汁と共に流れ出してズボンを汚していきます。

今日は下着も許されていません。
恥ずかしい染みをどんどん広げていくだけなのです。




フリスクは時間が経つとネチャネチャと不快な感触を残すのみとなってしまうのですが・・
それを拭えない身分であるという事が、凛をさらに焦がして追い詰めます。


「もっと虐められたいでしょ?」
「どこまで肉穴を触らずに耐えられるかやってみよう。」


意地悪な提案をする時の飼い主様の声は、弾んでいます。


「はううう・・・ああ・・いやあああああ・・うぅ・・触りたい・・よう!」


発情したまま何日も触れないとなると、本当に狂ってしまいます。
頭がボーッとして、口は半開き、涎を垂らして無意識で腰を振ってしまうのです。



「いいよー。触りたいんでしょ?触ってもいいよ。その代わり触ったらお仕置きだよ。」
お仕置きじゃないね。拷問だね。それとも・・もう家畜でいられなくなるかなー。



そんな時の飼い主様の声もとても楽しそう。



Be Pleased!!
(楽しませろ・喜ばせろ)


凛の奥の奥に擦り込まれた家畜としての使命がズーンズーンと疼きはじめます。





少し前から気が付いていました。
凛は飼い主様の喜び以上の喜びを持てないんだと。

飼い主様が「楽しい」と感じるのが凛の最上級の「喜び」なのです。


だから逆らえない。
この「喜び」に決して逆らえない。


ただ飼い主様の「喜び」は凛を徹底的に追い詰め破壊しうるもので・・

飼い主様の「楽しい」を受け止めれば受け止めるほど凛は狂い壊れていきます。
しかし、壊れれば壊れるほど飼い主様が喜んで下さるから、凛は家畜から決して逃げられないのです。



それは・・
年末の30日もそうでした。



その時・・
飼い主様にネット上の家畜小屋で、ディルドによるご奉仕の練習を見ていただいてました。
最初は丁寧に舌を這わせ、ゆっくりと快感を持続させるようなご奉仕の練習だったのですが・・

「イマラチオが見たいなぁ」という飼い主様の言葉でたちまちディルドは凛の喉奥へ

そして激しく喉奥を突いたのです。

えづきが始まり、ダラダラと涎が糸を引きます。

「もっと楽しませろ!」

飼い主様の命令で、凛はゴボゴボと音を立ててディルドをもっと奥へと突き入れました。



そして・・




おえええええええええええ・・・
ゲボッ


とうとう飼い主様の前で嘔吐してしまったのです。



嘔吐するかもしれないという恐れより、飼い主様を楽しませる方を優先させる。
それが性処理の穴家畜として当たり前であって、自然とそうした事が出来る自分に感激するとともに・・

正直ちょっとびっくりしたのと
初の嘔吐イラマチオが飼い主様のおチンポでなくてディルドであったのを悔やみました。



次こそは飼い主様のおチンポで嘔吐も窒息も思いのままに操って欲しいと願っています。
「楽しい!」と感じるままに凛を使ってくださるのが一番の喜びだから。




Be Pleased!
飼い主様専用性処理穴家畜・・凛の使命です。



だから・・
この肉穴を触れない苦しさも飼い主様の「楽しみ」の為!!

狂っても触らないように・・


しな・・・くちゃ・・ううう・・・・







年明けに買ったiPod touchにも
家畜の名前が刻まれました。

そしてそのケースには、飼い主様の誕生石であるサファイアのストラップが・・・
サファイアは不貞を働くと光を失うそうなので、飼い主様の家畜に相応しい石だと感じております。

見えない支配
見えない檻はすべて凛の安心に繋がっていく。

本当はiPod touchにも家畜である事を主張する名前を入れるのは怖かったけど
(飼い主様に「はあ?」って言われたらどうしよう・・って思って)

石も何の意味もないことなど百も承知で「サファイア」をわざわざ探したりして・・
でもこうして飼い主様の支配が何もかもに及んでいくのがものすごーく嬉しいのです!!

家畜って本当に馬鹿で単純。


12月の名古屋から帰ってすぐの家畜小屋で
もう既に精子中毒の禁断症状が出始めていた凛に、飼い主様が

「しっかり苦しみなさい」と言ってくださったから・・

凛はパニックをも飼い主様が用意してくださった苦痛だぁ・・と思えるようになりました。
なのでこれまで以上に安定している感じです。


本当に本当に馬鹿で単純。




「iPod取りあげ。ご奉仕が上手だったら返してあげよう。」
「それとも下手だったら1曲ずつ曲を消していこうかな。」



ああああ・・そんなぁ・・・・
でも・・・飼い主様・・・楽しそう・・・あああああああああ・・・・

逆らえないよおお・・





年末にぼんやり
携帯電話の電話帳を目の前で全部消去されたら・・嬉しいだろうなぁ・・って思った。

「家畜には私以外連絡先なんていらないでしょ?」

飼い主様にそう言われて・・楽しそうな声に逆らえずゾクゾクと悶えて
きっとそれだけで凛はいってしまうと思う。

そんな事を考えていたのがバレてるのかと思ってしまう。
だっていつでも飼い主様は凛の全てをお見通しだから・・・





Be Pleased!




もっともっともっともっと・・・もっと!!
飼い主様に楽しんでいただかなくちゃ。










ちなみに某所の日記で書きましたが
初夢は飼い主様に顔面キックを食らい、首を絞められて自分の脈の音だけを聞く・・というものでした。
しかも場所は、名古屋軟禁で使った例のお部屋。とってもリアル。^^;;;



きっと正夢です♪



page top
DATE: 2011/01/02(日)   CATEGORY: ぼくのうた
あけましておめでとうございます!
hu3.jpg





みなさま
あけましておめでとうございます。

2011年も元気に発情中の凛です!!
今年も飼い主様に隷属し、堕ちていく日々を綴らせていただきます。

どうぞ変わらずご愛顧ください。
よろしくお願いいたします。



hu9.jpg


みなさまの新春のおかずとなれますように。


page top
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ