I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: 2010/12/31(金)   CATEGORY: ぼくのえ
名古屋軟禁2日目③
椅子の上で涎を垂らしたまま
縄が解かれていくのを見ていた。

イキすぎてぼんやりとしている。



「凛、見てごらん。」


大きな鏡を見ると
目も虚ろな凛がそこにいる。



あまりにも恥ずかしい姿。
でも・・これが凛。飼い主様の穴家畜。肉人形の凛なのだ。




はぁ・・・ぅ・・・・はぁ・・・ぅ・・・・



胸の奥からこみ上げるものがあった。




飼い主様でなければ、こんな気持ちになる事もない。
ましてや、堕ちる為の軟禁生活なんて不可能だったと思う。

ただの肉穴。飼い主様専用の性処理肉穴便器。

今、思う。


もっともっと心から従いたい。
「中毒」になったぐらいじゃ手ぬるいとさえ思う。

飼育を経て知ったより深いところの家畜の自覚がチリチリと焦げ初めている。


はあぁ・・ぅ・・・・・・・飼い主・・・様ぁ・・・・・


フラフラと起ちあがって床に座り込んだ。



去年、このブログで何度も書いた「捨てられる」「嫌われる」そんな怖さはこの一年でほぼ完全に消えた。

家畜誓約書を書かせていただいて以降の恐怖は
飼い主様への過度の依存や傾注の制御が取り払われた事による「逃げられなさ」だ。

没頭、忘我・・・どんな言葉でもいいけれど凛がずっと凛でいること。それが当たり前で・・・
凛の毎日は「飼い主様」ではじまって「飼い主様」で終わっている。

「逃げられなさ」は強引な押し付けではなく、時間限定でもなく
こうして・・・日常にすっかり浸透し見えない檻となって凛を囲っている。


日常という飼育の檻。
凛は常にその中にいるのだ。



フニャフニャと飼い主様に手を伸ばすと
「本当に肉人形だねぇ」と凛を引き寄せてくれた。

飼い主様の足元からクンクンと匂いを嗅いでおチンポにありつきハフハフと夢中でしゃぶる。



飼っていただいている感謝をちょっとでも伝えたい。
ご奉仕でちょっとでも気持ちよくなっていただきたい。


フウウアフウウウウウ・・ジュル・・・

飼い主様の顔を見つめながら「こうですかぁ?」と幹をペロペロと舐め上げる。
クチュクチュと唇を擦る度に

どんどん


飼い主様好みの肉人形になっていく。










「昨日も肉穴だったんだが・・・」

飼い主様の呟きに首をかしげる肉人形。








飼い主様

凛をどうぞお好きに使ってください。








「よし。」



立ちあがった飼い主様は凛をベッドに上がるよう促した。
そして仰向けに寝転がるよう指示され、その通りにすると・・・



両足をぐいっとつかまれ大きく広げられる。

ー!!!!

息をする間もなく飼い主様のおチンポが凛の肉穴に刺さり、あっと言う間に子宮口に到達する。

「ひうううううううううう!!」

ビチャビチャの肉穴。
散々イかされた後の肉穴。

「なんだ・・ビチャビチャじゃないか。フフ・・」

笑いながらガシガシと腰を打ちつけられる凛。
あまりにも唐突な出来ごとに反応が遅れてしまう。

「あああ・・・○○様ぁ・・やあああひいいい・・」

乱暴におチンポを突き入れられても凛は受け入れる事しかできない・・・だって・・・・


「乱暴にされて嬉しいだろう?それとも優しい方がいいか?」

「いやああ・・・乱暴に・・・乱暴にしてくださああい・・」

「そうだな。昨日もレイプチンポを喜んでいたもんな。」


全てがバレている・・・


「はい・・あああああ・・・・はい!!!!」

身体をぐうっと折り曲げられ、深いところを容赦なく突かれる。
その無遠慮な飼い主様のストロークに性処理肉人形は肉穴をビクビク震わせて応える。


「フフ・・・」


飼い主様の声が

近い。


折り曲げられた身体に圧し掛かる体重。覗きこまれた顔。
タラリと落された飼い主様の唾液を必死で追う。

じわっと凛にしみこむ飼い主様の唾液は・・何物にも勝る宝。
凛にとっては1年に何滴かしか得られない貴重な貴重な栄養源且つ媚薬。

完全服従の証なのだ。




あ・・・・

胸がまた熱くなる。





その凛の胸元を
飼い主様の指が探っている。








「この服はボロボロにされる為に持ってきたんだろう?」






飼い主様が・・・
何が言いたいのかわかって

凛は大きく頷き、小さく「はい」と答えた。




次の瞬間




バリバリバリと音がして
ボタンが弾け飛んだ。



息を飲み
それから目を見開いて

身体を強張らせる。

そして、飼い主様が打ち込むおチンポの勢いが増したのを感じて

半分混乱


あ・・・・あ・・・・・・・・・


そして、糸を引くように叫ぶ。


ああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!




それと同時に

飼い主様のおチンポも肉穴の中で大きく脈打ち

精液噴出の手前で引きぬかれ
衣装を汚し・・そして太ももに塗りつけられる。









あ・・・・・
あ・・・・・・・・・

あ・・・・




nn23-1.jpg





しばらくこの格好のまま放心して動けなかった。
あまりにも嬉しかったのだ。

飼い主様専用のオナホール付き肉人形に慣れたのが
乱暴に使っていただけたのが

夏、未遂に終わった「レイプ」がこうして実現されたことが・・・



そしてなにより
用意した服をその手で破ってくださった事が・・・・!!!



実は上の写真がいつ撮られたのか思い出せない。
この写真は貴重だと思う。「生人形」「肉人形」そのものの写真だ。


飼い主様に作られた
幸せな凌辱肉人形凛・・そのものだ。






nn23-2.jpg





道具を片づけながら、弾け飛んだボタンを並べてみた。


ふと見上げると飼い主様にボロボロにされたのは服だけではなくて





nn23-3.jpg





凛自身もだった。








こうして名古屋軟禁生活はおしまいとなった。
いつの日かもっと長期で、もっと厳しい軟禁・・いや監禁の日々が来るだろう。








12月19日
午前10時ちょうどに凛は飼育部屋を出た。

そして午後12時30分。

飼い主様と名古屋駅で食事を終えた凛はいよいよ大阪へと戻る時刻を迎えていた。


先に駅のロッカーへ荷物を預けてきたから
最後にしっかり両手で飼い主様の手を握る事が出来た。



「次は来年だね。」

この時、来年の穴家畜凛に起こる素敵な事を宣言されて凛は両手を上げてバンザーイなんてしちゃった訳です。
何が起こるのかはお楽しみに。

あれから何日か経って今日は大晦日ですが
その間にも来年の計画もぼちぼち増えたりなんかして・・



そう来年も。
来年も・・来年も・・・・・・・




凛は飼い主様の家畜です!!







後数時間で今年も終わりですね。
いつもいつも読んでいただきまして、本当にありがとうございます。

生きているという実感が本当に薄くて
どうやったら現実にコミットできるのかとウロウロ迷ってきましたが

去年、飼い主様と出会い
今年、この出会いが必然である事を証明するかのように
飼い主様の性処理の為に生れてきたんだと自覚する出来ごとが山のようにありました。

そして生きているという実感があります。
生まれてきた理由を知ったのですから・・・



さあ、来年はどうなるのでしょうか?


きっと確実に言えるのは
ますます飼い主様の所有物として支配され使われて壊れていく事。



皆さんはその目撃者となってください。

一年間本当にありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いします!!!



スポンサーサイト
[PR]

page top
DATE: 2010/12/31(金)   CATEGORY: ぼくのえ
名古屋軟禁2日目②
今回は絵日記なのです。





はい。
これが今回の凛です。



nn22-1.jpg





ストレートの姫カットウィッグが素敵でしょ??
どうですか?



飼い主様の携帯オークションも無事に終わり
凛のお尻もいい具合に赤くなったところで・・





nn22-2.jpg






このように、椅子に縛りつけられます。


全く身動きが取れず、足も閉じる事ができません。
以前の記事にあった「椅子に縛られて正面からデカクリチンポ」に鞭を受けた時と同じ格好です。

まずは、スカートがぺろりと捲られ肉穴を下着の上からスパンです。

先ほど、椅子の準備をしている時も立ったまま肉穴にスパンを受け、思わず足を閉じてしまい叱られたばかりの家畜です。
でもこの格好では・・・足を閉じようにも身体を避けようにも動けません。


正に飼い主様のやりたい放題なのです。


肉穴をスパンされると、またもや下着を持ち上げてデカクリチンポが勃起を始めます。
飼い主様はそれを見つけると・・・

机の上にあった嘴形のヘアクリップを手にしました。



ーああああ・・・いや・・・


嘴の先が引っ掻くようにデカクリチンポを撫でていきます。

ーひっぅ・・・

怖いのにもっと酷くされたいと願い感じてしまう
金属の先が当たるともっと大きくなってしまう凛のマゾ突起。



nn22-3.jpg






馬鹿なマゾ豚のアヘ顔です。





そして・・とうとう


ーあひいいいいい!!!


嘴の先がデカクリチンポを挟み込みます。


ーああ・・!!ああああ・・・!!

その刺激にますます大きくなってしまうデカクリチンポ。
そして少しでも暴れれば・・

バチン!!

デカクリチンポの先を挟んだ嘴は、耐えきれずに吹っ飛んでしまうのです。


ーひやああああああああああああああ!!!!


挟むよりも弾け飛ぶ時の方が痛みは大きい。
それが判っていて、あえて取れそうな部分に浅く噛ませる飼い主様。


「あああ・・いいいいい・・・痛いよおお」


でも、飼い主様の肉人形は足を閉じることも出来ずにまた嘴を受けれます。


「ひいいいいいいいいいいいいいい!!!!!」


バチン!!


「あぐううううううううううううう!!!!!!」



痛めつけられる度に敏感になるデカクリチンポ。

そのデカクリチンポに・・・




nn22-4.jpg







電マが押し付けられました。


激しい振動にガクガクと腰を震わせる凛。
勃起したデカクリチンポに直にあたる電マ。

そうそう我慢できるものではありません。



「ひやあああああああああああああああああああああああああいいいい・・いぐううううううう!!!!!!」


ーいきなさい。


「やああ・・いいいいだあああもん・・どめてえええ・・ううううういいいいいぐいぐーーーーーーーーーーーーっ!!」


ーいけ!さあ、もっとだよ。


「あああああああああああああああーーーーーーいぐううううういぐううううううーーーーだめええええええええ!!!!」


ーふふ。どこまでいけるかな。



飼い主様は凛の下着に電マの先を押し込んで固定し、離れていきます。
凛はぎゃあぎゃあと暴れ、飼い主様が見つめる前で何度も何度もイク羽目になってしまいました。



「このまま放っておこうか。明日、誰かに助けてもらえばいいよ。」


あーーーーいやあああああああーーーーーーーーーうーーーーーーーーいやああああいぐうううううう


飼い主様の意地悪に首をふります。


意地悪を言われれば言われるほど、凛はどうしようもなく堕ちていくのです。
飼い主様の言葉通りになりたい。本気でそう願い、身体をビクンビクンさせて涎を垂らしてまた昇りつめます。


「はあああああああがががががーーーーーーーーーーーーーああああいぐうううううよおおお!!!!!」

やがて内腿が震えはじめ、頭がぼーっとしてきました。




nn22-5.jpg








「それにしてもうるさいなぁ家畜は・・・」


飼い主様が取り出したのは穴あきのボールギャグです。
もっともっと涎がたれてみっともなくなってしまう素敵なアイテムです。

それに家畜に言葉は要りませんし、こんな夜中に大声を出したりして近所迷惑になっても困ります。







nn22-6.jpg





ふぐうう・・・
頭がドロンドロンに溶けきった家畜は、されるがままです。










nn22-7.jpg








もう何度いったのかさっぱりわかりません。
数も数えられなくなって、本当に退化してしまってます。

電マはまだスイッチを切られていません。










nn22-8.jpg








いつになったら許していただけるのか。

でもこうして飼い主様に全てを委ね、飼い主様が思いつくままに凛を使っていただけるのが
家畜の一番の幸福。



気絶するまでこのままでもいい。

もちろん、今すぐ電源を切られてアヘ顔にビンタを食らうのもいい。


何もかもが飼い主様次第。
凛は飼い主様の肉人形。それだけ・・・


本当にそれだけだから。
家畜以外になれるはずがないから。

凛が生まれたのは飼い主様の性処理穴家畜になるため。精液便器になるため。

だから・・




だから・・・









もっと凛を壊してください。








page top
DATE: 2010/12/31(金)   CATEGORY: ぼくのえ
名古屋軟禁2日目①
軟禁生活もとうとう2日目。




しかし、本当にいい部屋だと思う。
インターネットも使える、洗濯機もある。掃除機もあるし、大きな冷蔵庫もあるし・・・

簡単な調理器具もあるから外食しなくても大丈夫そうだし。

ポットにレンジに・・・炊飯器もあったよ。^^;
お米を持って来る方が大変だろうけど。汗

でも、これだけそろってれば長期滞在に不自由しない。

今度から名古屋の飼育部屋といえばこの宿(マンションタイプ)になりそうだ。
ホテルだと何かと好き勝手に出来ないから・・ここだとフロントが無い分、飼い主様が24時間出入りが自由なのも魅力だし。


大きなベッドはセミダブルだし・・・飼い主様が広々寝ていただくのに丁度いい。
頑丈なベッドは凛を繋ぐ鎖も固定できる。


ほら・・前回の記事の写真のように・・・・・










飼育部屋に到着した飼い主様は、その大きなベッドに横になられて夕食後のくつろぎタイム。
凛は大きな鏡の前で使っていただく準備をする。

今回のもう一つのメイン衣装は黒ゴスメイド!基本は赤と黒で、フリフリたっぷりの衣装です。
下着はまたまたストライプ。

メイクから始まり、衣装を身につける時になって気がついた!!
ブラウスの上から着るコルセット型のビスチェがかなりきつい・・・

えっちらおっちら手をあちこちに回し、肉を押し込み無理やりにジッパーを締める。
内臓がぎゅうっと圧迫されるような感覚。かなり息苦しい。

でも・・飼い主様に喜んでいただく為の苦しさなら、喜んで受け入れる。もっともっとキツク締められてもいい。







凛をもっともっと苦しめて下さい・・。
息をするのが辛いぐらいに。








最後に

金髪ストレートのウイッグを装着して
2日目の「肉人形」が完成。


床に跪いて、飼い主様をゆっくりと揺り起こす。



「○○様、準備ができました!○○様・・・!!」


ーん・・どれどれ。


フカフカのお布団から顔を出した飼い主様が凛を見つめる。
飼い主様に見ていただくこの時が一番緊張する。





ーおいで。



徐に伸ばされた手が凛の首輪を掴んで、力まさせにぐうっと引き寄せる。

凛は慌てて膝立ちになり、引っ張られるままに飼い主様に近づく。
心臓が高鳴り、ピンと張った空気を感じる。


そのまま凛は身体を起こした飼い主様の両足の間にすっぽりと収まり、しばらくじっと見つめられた。




そして飼い主様の



ーいいねぇ。



という声。



その声にふっと空気が緩んで、思わず微笑んでしまった。
飼い主様から良い評価が得られない衣装など意味がない。

ましてや着衣緊縛がメインの我々とすれば「衣装」を選ぶところから既に飼い主様の支配は始まっており
飼い主様の意思がそして好みが反映された格好でなければ何の意味もないのだ。


しかし、今回はそれだけでは終わらなかった。

飼い主様は続ける。








「このまま飼ってやりたい。」














ー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!







「犯したい」「縛りたい」「調教したい」「泣かせたい」「叫ばせたい」


そのどの言葉も凛を囲って雁字搦め、飼い主様の家畜であることを一気に叩きつけられる素敵な言葉だけど・・

こんなに心に刺さる・・そしてじわっと嬉しくなる言葉は初めてだった。



今、この時がこの軟禁生活が・・
「飼育」という日常が飼い主様としっかり共有できている証。





「○○様あああああああああああああ!!!!!!!!!!!」



思わず手を伸ばして足にしがみついた。




ーどうした?家畜。







このまま、どうぞ飼ってください。
何もかも投げ打って・・・飼い主様に捧げて惜しいものなど何もないから。

世間から馬鹿にされてもいい。堕ちるところまで堕ちたい。




そんな思いが湧き出て止まらない。

どこかで「それは無理だ」と思ってきたから・・もっと堕ちたい。そう願っていいんだと知って
震えが止まらなくなっている。







「ずっと飼ってあげようね。逃げられないんだよ。もっと狂いなさい。」
「前にも言ったでしょ?壊れてもまだ使うよって・・永遠に家畜なんだよ?」




凛の言わんとしてしいる事がすべてバレてしまっている。



「馬鹿な家畜だね。」




うーうーうーうーうーーーーーーーーー・・



唸りを上げて床の上にある飼い主様の足に唇で触れる。
踏みつけて下さいのおねだりだ。


もちろん飼い主様は凛のそのしぐさにすぐに気が付いて、ゴッ、ゴッ・・と遠慮なく凛を踏みつける。
床にぐりぐりと押し付けられて、凛はやっと安心する。


はぁ・・・○○様ぁ・・・ああああ・・・凛をどうか・・・性処理に使って・・・・・







「おっと。」



凛を踏みつけていた飼い主様の足がふっと離れる。
後ろをみれば飼い主様は携帯を持って、何やらカチャカチャと操作をなさっている。


今、踏みつけられていた重さが無くなって「はひ?」と寂しくなる。でも凛は飼い主様を待つしか出来ない。
凛の相手なんかよりも「大事」な事があるのだから・・


それは・・


「あのね。今オークションの途中なんだよ。絶対落としてみせるから・・ええーっと」

ーはい!


カチャカチャと携帯を操作なさるのを邪魔せず、凛は床の上で飼い主様を見つめる。



オークションの方が家畜の世話より大切。
そんなの当然の事だ。



「後少しだからな・・よーし!!」


一通りの操作を終えるとチラリと飼い主様はこちらを見て言い放つ。


「お尻をこっちに向けて。」


ーはい・・・


おずおずとスカートを捲って床の上で四つん這い、お尻を丸出しにしたまま凛はじっとしている。

部屋に響くのは飼い主様が携帯を弄る音。



うう・・こんなお尻丸出しのまま恥ずかしい・・っ!!しかも全然見られてないのに

・・と思いきや。





バチン!!


ーひうううう!!



お尻にスパンが飛びます。

そしてまた携帯の音。



間を空けられるとぶたれた所がじわっと熱くなります。それで次を待ってしまう。

でも凛からはまったく飼い主様が見えないのでいつ次が飛んでくるのか全くわかりません。

それでも家畜はお尻を丸出しにしたまま「待て」のポーズです。




ーあああ・・

携帯の音が止んだその瞬間に

バチン!バチン!!!バチン!!


左右の尻をぶたれ、皮膚の表面はヒリヒリと熱を持ち始め、衝撃に痺れたようになった凛。

また間を空けられて、ツツーと涎を垂らします。


ーああああ・・・ぶって・・・ぶって下さい・・

そう願って尻を振る家畜。
そこにバチバチバチとスパンの連打が飛びます。



何度もそれを繰り返された挙句、トロトロにとろけてしまった家畜。
ジワジワと痺れたようになったお尻に、ぶっとびそうな頭。四つん這いが崩れそうなのを必死で踏ん張ります。


そして丸出しお尻の下着の隙間から侵入する飼い主様の指。





nk9.jpg











クチュ・・・




「あああああああ!!」



肉穴に差し込まれる指。
無意識でビクビクと締め付ける家畜。


「何だ?指を入れただけでヒクヒクしているぞ?」

そういって笑われると、余計にビクンビクンしてしまうマゾ豚な凛。


さあ、この体勢で飼い主様の指を受け入れたという事は、指の本数当てゲームの開始です。
今回は「何本?」ではなく「何指を入れられているのか?」を当てなくてはなりません。

ところが馬鹿な家畜は「何本?」は判っても「何指?」ことごとく外し
結局、ぐりぐりと家畜の言った指全部をねじ込まれていきます。


「ああああ・・痛いですう!!いたああ・・」

凛の叫びも虚しく、ぐりぐりと突き入れられる飼い主様の指。

「かき混ぜてあげようね。」

子宮の口をこじ開けるように。肉穴をフィストが出来るまで拡がるように・・そして
飼い主様が好きな時に好きなだけ遊べるように


「ああああああああああああ・・・・!!!」


尻を振るとバチンとスパンが飛び、飼い主様の指をギュウギュウと締め付けていきます。


「ふふ。」



こうやって、飼い主様に弄ばれているのが・・・嬉しくて・・・・






チュプ。



すっと肉穴から抜かれた指。

また飼い主様は凛から離れて携帯を弄り始めます。








あ・・・





付き放されて
オロオロ迷う四つん這いの凛の背中に


ドス!!

今度は飼い主様の足が乗せられました。

オークションのタイムリミットはもうすぐ。
凛はそれまで飼い主様の足置きなのです。





「あー。これでオークション落とせなかったら、家畜は拷問な。」



そして、ピシピシとリードの紐が鞭代わりにお尻に飛びます。



ーは・・・はい!!



オークションで落とせなかったら拷問。あまりにも身勝手で、理不尽な発言です。

でも・・凛は・・・・・

それをも拒否することはできません。



当たり前なのです。
飼い主様の家畜なのですから。飼い主様の単なる所有物なのですから。





長い長い1分間でした。





そして・・・






落札できた!!と飼い主様の喜ぶ声が。








凛もよかった!!と思うと同時にその場に崩れました。

思ったよりも緊張していたのです。






ただ理不尽に・・拷問を受けて泣き叫ぶ凛をお見せできなかったのもちょっと残念だったなぁ・・と
今になって思うのです。


飼い主様の意地悪やわがままが凛に突き刺さって
どんな結果を招こうとも、凛は一切の拒否権がありません。

受け入れるのみ。




軟禁生活の中盤で、とても大切な事を再度教えていただいたような気がしていたのでした。
page top
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ