I am not needed even tomorrow.
明日なんて来なくていい。…とある性処理奴隷の記録
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2015/04/28(火)   CATEGORY: ぼくのえ
Just One Day
1月の記録の前に

先週、ご主人様に2ヶ月以上の時間を経て
ようやく触れることができました。







2月には用意がしてあった
バレンタインのプレゼントと

直前になってからじゃないと買えないチョコレートを持って



凛が名古屋に到着したのは


前日の雨が
嘘みたいに晴れた、土曜日。





そのほとんどはここに書けないシークレット。

本当に短時間だったけど、

触れた瞬間に
同じだけの思いを持って

静かに、それでも激しく融合する


ご主人様と凛







時間はその日だけだけど

関係性は着実に深くなり、

今月の末で「出会いから丸6年」を迎える。


7年目に突入してしまうこの境目で
このままずっと凛はご主人様の未来に繋がれているのだから



時間がその日だけであっても
すごく短くても




ご主人様の側にしっかりと繋がれてご奉仕が出来た

この事実が
この奇跡が


重くて重くて「嬉しい」








だから軽やかに毎日を生きる。

もう、
戻れないと知っているから。






痣はまだ残っています。
ご主人様の噛み痕と、ピンチングの痕。


そういえば、右の乳首のピアスが定着が悪く。
とうとう外すことになってしまったのですが

そうするとご主人様は
思いっきり酷く乳首を扱ってくださるので

何度も何度もカサブタと皮が捲れています。



血が滲んで
痛くて

その度に、
全てがご主人様のものだと「もっと強く」感じる。







苦しいくらいに
毎日ご主人様を思う気持ちが

6年前から
減るどころか増え続けて…


溢れても溺れてもまだ止まらず
湧きだしてくるのだから








凛がご主人様の為だけに生きているのは
何の不思議でもなくて

「当然」なのだと

何度も何度も気づかされる1日。


本当に短時間だったけど
時間はその日だけだけど


それはただの1日であってもただの1日ではない







大切な記録。









ああ、また思い出して

とろける。




何よりも


「先に次の予定を決めておこう」

そう、ご主人様から言っていただいたことが

あまりにも
嬉しくてたまらなかったこと。



「ご主人様に間違いなく繋がれている」

その感覚が

リアルな重みに変わる瞬間が
生きていると感じる唯一だから。





出会って7年目が
幕を開けます。

201504bb.jpg


スポンサーサイト
[PR]

CO*2 ] page top
DATE: 2014/09/18(木)   CATEGORY: ぼくのえ
quite その③
ケーキを食べ終わった床の上で
凛はご主人様の縄に縛られていた。






両足は体操座りの状態で束ねられ、
両手は後ろ手で固定される。


ーぅ…



小さく呻いて、モゾモゾ、ゴソゴソ



身動きが取れないというよりも「両足」がしっかりと縛られている

ただそれだけが身に沁みて
全てが敏感になってしまう。


ご主人様に捧げたい全てが、剥き出しになって床の上にある。



ー動けないよ…ぉ…


そんなのはわかっている。
わかっているけど、言葉で漏らさずにはいられないのだ。



「そうだね」


楽しそうなご主人様のお返事に、
ゾクリと全身を震わせて、目を上げた。




「フフ…」





きっと蕩けただらしない顔をしていると思う。







次の瞬間、凛は床に崩れ落ちる。
身を捩って、声を出して、あちこちを緊張させて…



ーああ!!ははははは・・・ああああ・・・ひ!!!はあああはははっ!!!!


ご主人様の指が凛の脇腹を擽りながら上下する

ーひっあははははは・・!!!ごめごめんなさいいいゆるうあはははははは・・・・!!!


逃れられない
横隔膜から嗚咽に似た「笑う」という拷問



ーひゃああああああああははははっははは・・・


崩れ落ちた凛はさらに床を
不自然な格好で跳ねる。

ご主人様の手が離れてもしばらくは「ひいひいひい・・・」と喉を鳴らして荒く呼吸をする。

ようやく逃れられたと思って身体を起こせば



ーあ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あ、あああああああ、、、、あああ!!!!!


頭を固定されて、耳の穴に再びご主人様の言葉と音と息が・・・


ーふああああ、あ、あ、あ、あ・・


10本の指が硬直したように全部上を向き
背中をうねらせ震えながら耐えるしかない。








だって凛はご主人様の奴隷だから。
ご主人様の肉人形なのだから。


それだけしか凛には「生きる意味」がないから。











ここで、ようやく着替えることになった。

いつものようにご主人様はベッドでお昼寝。
凛はその寝息を聞くのがとても嬉しい。

ご主人様が凛の側で「安心」して眠って下さるということ。
これほどの価値が凛に与えられていいのだろうか…と時々思う。

そして凛はいつも、大阪の小屋で丸くなるときにご主人様のこのお昼寝の寝息を思い出す。
すぐ側に居るという感覚を「幻覚化して」ちゃんと感じる為だ。


とても幸せだから。


この今という時間が、
幾千もの奇跡が折り重なってやっと手繰り寄せた「ご主人様と凛の時間」だから

1秒でも無駄にしたくない。


アンテナをピキピキと張って、ご主人様を感じる。
メイクをしていても、浴衣を着ていても、ウィッグを着けていても

それが「誰のためか」というのを一々思い出して「幸福」を噛みしめる。

そうして着替え終わった凛は、集め終わった膨大なご主人様に溺れて、ジャンキーのように涎を垂らす。

ベッドで眠るご主人様に手を伸ばし
ゆらゆらと起こす瞬間がクライマックスだ。







今回は

ロングのウィッグを一つにまとめて浴衣に似合うアップの髪型にする、というのが新しい試みだ。


ご主人様に気に入っていただけると、
いいな。









ーご主人様ぁ…








さて、その結果は…

p2014082402blo2.png


p2014082402blo3.png


p2014082402blo4.png


この通り。




ご主人様の縄にからめとられ
吊られて

独特の痺れと拘束感と湧き上がる浮遊感に酔って口元に涎が光る。

ーあああ…


打たれれば揺れて
使われればもがいて

ご主人様のなすがままに恐怖と苦痛が与えられる。


ーああああがああああああああおおおおおお!!!!!!!!!!!!!


オブジェじゃない、ご主人様に使われるために設置された
ご主人様の肉便器。




前後左右
決まった範囲だけで揺れながら揺れながら


「ああ、いいねぇ」


集めたご主人様と、降りかかるご主人様の声に全てが蕩けていく。






そんな状態で
ドサリとベッドに解放され、沈みこんだのが






この前の首輪をして「眠るような姿」の写真だ。

凛の中、目いっぱいになるまで詰め込んだご主人様。
重くなって、いますぐには立ち上がれない。






これでもか!と幸せをまとった
奴隷のカタチ。

それはご主人様にも充分に伝わって





ある事態を招くことになった。


つづく
CO*0 ] page top
DATE: 2014/08/31(日)   CATEGORY: ぼくのえ
永遠の中に漂う濃縮された時間
この写真

2014082402 ne


ご主人様を感じながら
首輪をして丸くなって「眠る」
いつもの凛みたい


目を閉じて感じているご主人様の存在は
すぐ側にあって触れられないでいつも
夢で会うというのが約束


先週のその前の金曜日
ご主人様と夢で会った


生々しいその場面は、凛の記憶にあるご主人様の感触にぴったりと重なって
あまりの嬉しさに、朝目覚めてメッセージを送ろうとした

でも、凛はそれをご主人様に告げることが出来なかった

めちゃくちゃに嬉しい夢を見た時は
きまってご主人様に何かが起こる前触れで、

凛に寂しい思いをさせない為に夢に出てきてくださる

そんな「体験」が積み重なってしまったから
喉の奥で飲みこんで



絶対に絶対に漏らさないようにした






8月の日曜日
この日だけは流れたり、消えたりしてほしくない






ご主人様に何も起こりませんように
そして凛にも何も起こりませんように



それなのに



まず、凛が生理になった
それから、当日にご主人様を揺さぶる出来事が起きた


やっぱり
夢は何かを告げていた



少しだけ思った
「せっかく嬉しくてたまらない夢の出来事を必死でのみこんだのに…!」
でもね、たぶん上手く飲み込めなかったんだ…喉の奥で引っかかって



ただ、それを知ってもきちんと受け止めることが出来たのは
力強くはっきりとした「凛は何があってもご主人様の奴隷である」という誇りが
凛の中心に出来上がっているから。



その証拠がね、この写真
今回のご主人様との時間の合間に撮影されたもの


永遠の中にご主人様に繋がれて漂っているから
ご主人様を感じながら首輪をして丸くなって「眠る」いつもの凛がここに居る


本当は1分1秒でも長く、ご主人様と一緒に「のんびりと」居られるにこしたことはないけど
そうもいかない時は「濃縮」すればいい

それだけのこと

いつもの2倍、3倍、4倍…




ということで、先週の名古屋でのご主人様との大切な時間を記録していきます。
しばらくお付き合いください。


今回もフェチ度高め
さらに初体験もありましたので楽しみにしていてくださいね。


CO*2 ] page top
DATE: 2013/09/05(木)   CATEGORY: ぼくのえ
脳内イメージトレーニング
前回の記事や
前々回の記事、そのまた前の記事…つまりここ最近の名古屋でのご主人様との貴重な時間の記録を
きちんと読み込んでいる人なら

少なからず、


今回の凛に「生理」というものが来ていたかどうか気になっていると思う。


実は、今回名古屋へ行くにあたり
どうしても避けるべき課題はこの「生理」にあった。

男性ホルモン中止後、ドクターストップによりピルという選択がとれない今
何かそれにかわる「生理周期のコントロール」を獲得する必要がある。


何かないか?と調べると

「生理周期の脳内イメージコントロール」というのがあった。

半信半疑で読み始めたのだが

成功率はかなり高く、
それならばと「ご主人様に肉穴でご奉仕するため」という家畜の重要な役割を全うする為に


名古屋へ向かう約1か月ほど前からイメージコントロールを始めた。



必死に…。





もちろん、

口マンコも肉穴も同じ肉便器だけど
それでもご主人様が使いたい時に使えないのなら…意味がない。


凛はご主人様専用の性処理肉便器なのだから…

今回は絶対に!!
絶対に阻止しなくちゃ!!!








でもイザやるとなったら
とことんやるのがご主人様の家畜。







コントロールは大成功。


しかも「生理に来てほしい」と設定した日ドンピシャで生理が来るという
信じられない結果に。

やり方に関してはここでは詳しく書きません。
試したいという方は、探してみてくださいね~。







さて…





20138247b.jpg






この浴衣で縛っていただくのも
1年ぶり。

8月の終わりに、夏が来た。


ご主人様へ捧げる凛の夏衣装。




20138248b.jpg








苦しくて
動けなくて

トロリン…






ご主人様は縛った凛を嬉しそうに眺めて

それから
このまま口マンコにおチンポをねじ込んだ。

ご主人様のお気に入りメイクをしたその顔は
ご主人様に使っていただくため。

美しく残すためではなく
醜くだらしなく歪んだ顔を至近距離で撮影される。




その嗜虐がご主人様そのもの。






凛の血は
それに素早く反応して

ありえないほど騒いでいる。






CO*2 ] page top
DATE: 2013/04/29(月)   CATEGORY: ぼくのえ
the PerfectVision ②
今回のポイントの一つは
間違いなく、カラコンで

洗面台で装着し、ご主人様の前で披露した時の
ご主人様の物凄く満足げで嬉しそうな顔が

今でもそう・・・凛の中にある。


「すごいねぇ、いいよ。今回の衣装ともよくあってる。」

直径は14.5ミリ。
カラーはグレイ。


数日前から慣らす為に装着していたのがよかったのか
違和感もなく、ちゃんと馴染んでいる。


こうして準備は最終段階。
いよいよメイクに取り掛かる。

ご主人様の選んでいただいたファンデーションの色をベースに
何度もイメージを叩き込んでシミュレーションしたメイクの方法。

新しいアイテムも思ったように使えて完成は間近。

つけまつ毛は上下につけるのだが、簡易の檻は暗くてよく見えず
一度、洗面台へ移ることにした。




そこに写っていたのは
今までからは想像もできない進化した凛。

ご主人様のPerfectVisionに近づいた姿。
それにしても本当に…これが?!鏡に映る凛に手を触れる。


ご主人様の家畜であること。これが本来の姿。

はじめてご主人様のビジョンとピントが合った!と感じた。
いままでのぼんやりよりも鮮明なビジョン。


急に足元からざあああああああああああああ、っとゾクゾクが這い上がってくる。

戻れない所まで来ている現実。




ご主人様の家畜でしか生きられない凛。







ご主人様に繋がれている。全てにおいて支配されている。

―ああぁ…


湧き上がってくるものが抑えられない。
ご主人様はベッドの上、凛の完成をまったりと待ってくださっている。


最後はウィッグ。





シルバーのミディアム。











「ご主人様ぁ…」



見ていただけると思うだけで蕩けて
鏡の前。

ご主人様が描き出した「凛」


閉じ込められてしまった
ご主人様のPerfectVisionに。








「思ったとおりだ、本当に似合っている。いいねぇ…」



ご主人様の言葉が沁みとおる。







嬉しい…







跪く、ご主人様の前。

ご主人様が暗いベッドの部屋ではなくて
はっきりと凛を映す照明のある洗面台で凛の口を性処理に使ってくださった。

見上げてカラコンが見えるように
メイクをした顔がだらしなく伸びきってしまうように

必死にしゃぶりつく。





しゃぶり絡める舌にはピアス。



ああ、喉奥まで咥えこむ度にじわじわと従う喜びに満ちる。
いや、こうやってしか「生きている」と感じられない。

ご主人様のおチンポに隙間なく密着する性処理便器。




そして、今日は虐待の肉人形。

ああああああああああああああああうううう!!!!
いいいいいいいいあだあああああ・・・・っ!

鏡の前で洗面台に上半身を乗せスパンキングに崩れゆく。
メイクした顔が悲痛に歪む。

それがまた
ご主人様を煽る。



スパイラル。




叫びながら涎が糸を引いていく。

鏡に映るご主人様があまりにも楽しそうで…この先を思い
堕ちていると確認する。




マッサージチェアにはご主人様が座り
凛はその足元にいる。

ご主人様の匂いを嗅ぎ、安心を得る。


「ご主人様ぁ…」


側に繋がれるこの日常も、きっとご主人様のビジョンだ。

そして、その中では凛は常に発情しており
足元に縋るだけでなく、ご奉仕を…

ああ…


ご主人様のおチンポ…




ハヒハヒと蕩けた顔でようやくおチンポにたどり着く。
口に含めれば、両足で頭をロックされて








ひやあああああああはははははっははははっはあああ・・・・・・・・・・・・・・


くすぐられる。



もがいて
息のできない苦しさに顔を歪め
無意識でご主人様の手を跳ね除けようとしてしまう。


「こら!口を離すな!!」

その言葉に従い必死でしゃぶりつく凛には
再びくすぐりが…


―――――――――――――――――!!!!!!―――――!!―――――――――――――!!

身体をくねりながら、声を押し殺して
必死でおチンポに集中しようとするが

びゃあああああああああああああああああああああっはははhhhhhhhh・・・


無駄な努力は報われず
息が出来ず、さらに身体の芯がひくひくひくと脈打って

危機すら感じる。


我慢などできない。

それを知っていて、ご主人様はしつこく強要するのだ。



「口を離すなと言っているだろう?」


語尾が弾み、ご主人様がとても嬉しそうな顔をする。




ひどく
ひどくなる。


本気で嫌がれば嫌がるほど
逃げようとするほど

ご主人様は楽しくなって凛を追い詰めるのだ。


はあああ・・・ぁあああああああああ・・・ごめんなさいい・・・


ごめん・・・・なっ!い・・・あああああああ!!!

再びご奉仕にもどろうとした凛に覆い被さったご主人様。
視界のない黒。喉奥のおチンポ。

息の苦しいその中で、ご主人様の指は
凛に触れた順に皮膚を抓っていく。

もがいいいい・・・いtだ!うっ!!

痛みにもがけば、次にくすぐりが来る。






いfぐgっぐああああああああはhhhhhhっはあはあh・・・


身を捩れば、次は抓りが…


ひぐうう・・あはああああああああああ・・・ういただいい・・ははははははh・・・・・・




痛みとこそばさでひっくりかえる。
痛みにもくすぐりにも耐性の無い凛は、身を捩りながら床を這い逃げる。
痛みから逃れようとずりずりと…

しかし、そんな凛をマッサージチェアから立ち上がったご主人様は追いかけ踏みつけ
今度はふくらはぎやお尻に鞭が飛ぶ。


っひいいいいいいあやあああああああああいやあああああいだああああああああ!!!!!!!



痛さでビクンと身体が動き、さらにもがいてもがいて床の上。



いがだあああああああ!!ごごごごめえええええええええんなさ・・・


まだ逃げようとする凛を
もう一度踏みつけて再び鞭を打つ。


その時の





ご主人様の顔は

本当に楽しそうだった。


まるで
逃げ惑う虫を追いかけて捕まえるかのような無邪気さに溢れている。

このピュアな残酷さがご主人様のS性そのものだと感じる。

と同時に…


実はこれがとても関係性としては珍しい部類に入るのだと確証した。

今までもフェチなオリジナルは散々語ってきたとおりだが
「関係性」という意味では具体的な説明が出来ていなかった。

前回の記事で書いた「核心」とはここだ。


凛はマゾである。これは疑いようがない。
しかし、痛みそのものに関して「気持ちいい」と思ったことはない。
「痛い」ものは「痛い」し、どうしてもそこから逃れようとするし
打たれまいと庇おうとするし、暴れるし
叫んだり、「痛い」「嫌あ!!」などの声が出てしまう。

今回も床の上をずりずり這って「痛みから」逃れようとした。

この「嫌がる」「逃げる」という一連の行為は
日本のSMにおいてあまり歓迎されない。

前提としてマゾは「痛みが好き」「打たれるのが好き」というのがあって
嫌がったり、逃げたりするのは「痛みが好き」とは到底言えず
マゾではないというロジックだ。

その基礎となるのは「耐える」というもので、
多くの場合、耐えて痛みを取り込んで快楽へと繋がる経路をもっているのがマゾとして認識されている。

凛の経験上で言えば今まで打たれて「痛い」「嫌ぁ」というと
なんだ、気持ちよくないのか…痛みが好きじゃないのか…とがっかりされてしまって
次から打たれないことが多かった。

「痛がってたら面白くない。」と言われたことは1度ではない。


つまりマゾは静であって、痛みであれ苦痛であれ受け止める器だから
器自信がそれを「拒否」する関係はもはや続行不能とみるべきというなんとなくの雰囲気がある。

マゾが身にまとうのは「悲壮」とか「悲哀」という文字で
どうぞ打って下さい、耐えてみせますというのが服従の意になるのだろうと思う。

長く凛もそこに属するのだろうと思ってきたし、
また、ご主人様から痛みを受けても最初のうちは「痛い」というと次から二度と打たれないのではないか?
という不安があり思うように叫ぶことは出来なかった。

しかし、ご主人様は「嫌がったり痛がったりする」とますます楽しそうに
もっと酷い仕打ちを凛に向ける。

「もっと嫌がればいいよ。もっと酷くなるだけだから。」

前にご主人様に言われた言葉は、本当にそのままで
痛い、嫌ぁ!!と叫ぶたびにどんどん痛みも仕打ちも酷くなっていく。

それは痛みにおいてはこのところ顕著で「凛が本気で泣く」のが一つのバロメーターだ。
ただ、泣いたからといってご主人様の虐待が止むわけではないが…

どうぞ打ってください。と思っていないものが逃げ惑うのを「追いかけて」
屈して「絶望」する顔を見ながら、さらに「差し出せ!」「服従」と追い詰めて打つ。
痛がれば、もっと酷く。

凛を侵略して占領して所有するその過程。
食い尽くされるかのような、錯覚が本当に嬉しい。


そしてこれは極めて稀有な関係性であると改めて認識する。


「逃げる」のを「追いかけられて」
初めて気が付いた。



核心。




「逃げた」らそこで終わりだとずっと思ってきた。
「逃げた」時に追いかけられたかったんだ。

追いかけて追い詰められて捕まり奪われる「絶望」
所有され痛みに泣かされるのに逃げられない「屈辱」

そしてそんな時に感じる




そこはかとない幸福が、凛のマゾ性だといえる。





ここまでされないと
抉りだされないと

満ちていく感覚が無いなんて…








歪みにもほどがある。




凛はこの時点では泣いていなかった。

しかし、もう一度体勢を整えて
ご主人様がベッドで凛が床にいて再びご奉仕を始めた時


ふと
それはやってきた。




痛みの先に、ご奉仕の先に
誰もが思う“ご褒美”のようなものは何も待っていないというような事だ。

その「無い」ことがどうとかという事ではなく
我々のいう奥底にある繋がりの証があまりにも通常でない事。

最高級に歪んでいるから
多分、誰もが気づかない。
ご主人様と凛だけしか通じ合えない部分。

例えばあるS男性は
痛みに耐えて必死でご奉仕する頑張った家畜が目の前にいるとき
「思わず抱きしめていた」なんてこともあるかもしれない。


しかし我々の場合は…



ご奉仕をしながらご主人様を見上げた時ご主人様が凛をじっと見てくださって
すでに少しヒクヒクと泣きそうになっていた。

無限で切れ目のない永遠の隷属に果てしない「家畜の時間」を見る。

本当に嬉しかった。
だからそれを伝えなくちゃと必死になった。


それに気が付いたご主人様が手を伸ばしたのは凛を抱きしめる為ではなく




思いっきりのビンタの一発を凛に見舞うため。



打たれて伝わる気持ちが
凛の「奥底」に触れてとうとうスイッチが押されてしまった。


それは堰を切って溢れ大泣きとなった。



泣きながらもおチンポを咥えて、ご奉仕を続け
見上げるとご主人様の「ものすごく嬉しそうな顔」があって


その伝わった気持ちの大きさに、頭が痺れ全身が蕩けて崩れ
気が遠くなるのを感じた。



ありがとうございます…






喉奥に出される精液の味。








本当に美味しい。




いま、ご主人様の側で「精液」に蕩ける凛は



PerfectViosion?


…ご主人様の描いた凛だっただろうか?




それならば嬉しい。

凛はご主人様の家畜だから
ご主人様が思い描くままに存在し生きる。

より完璧を求めて
まだまだ

もっと楽しんでいただきたい。





少しの休憩をはさんで、再びベッドの上で縛られた凛。



20134147asu.jpg




また打ち込まれる痛みに叫びながらバタバタと不自由な格好で暴れる屈辱。



しばらくすると違う縛り方でベッドに寝かされ
くすぐりと痛みにのたうち回った。

縄が解かれた凛の足には噛み痕があるけど腕にはないという理由だけで「差し出せ」と言われ
二の腕の内側を思いっきり噛みつかれて絶叫する。


最後は喉奥を何度も激しく突くイラマチオで
痺れる頭に窒息が追い打ちをかけ

涎に腫れた唇で食道近くに放たれたご主人様の精液に溶けた。






カラコンは途中で時間いっぱいになってしまったので外したが
メイクは3度の本気泣きでボロボロとなった。

服はしわくちゃ。今日も1枚も脱いでいない。



着フェチと打撃と抓りと噛みつき、
そして擽りの苦痛。

絶叫オンパレードな日帰りの虐待。


この後にご主人様の食べ残しを山盛り嬉しそうに食べた話はSNSの日記に書いたから
ここでは省きます。

…ということで長々と名古屋日帰りでの記録を綴ってきましたがいかがでしたでしょうか?

昨日は
ご主人様に見つけていただいた
我々の出会いの記念日でした。

7月の家畜記念日まではもう少しありますが
出会いはとても大切な日。

永遠の隷属の起点。


大阪の小屋でその時を迎え、いつものようにご主人様に電話でメールで繋がれ

特別に首輪にリードを繋いで眠りにつきました。


リードは所有され今まさに繋がれている象徴です。
このリードの持ち手の先にご主人様の右手があるのです。


その右手は
夢の中で凛の首をキリキリと絞めあげていました。


5年目突入の最初の夢。






これは凛のPerfectVisionかもしれません。
CO*6 ] page top
Copyright © I am not needed even tomorrow.. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。